CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«経営理念を考える前に考えること | Main | 売れる経営者が持っている視点»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
埋もれない経営 [2020年02月01日(Sat)]

最近のビジネスを俯瞰してみますと、

有形資産から無形資産へビジネスも人もシフトしていることが分かります。 


ソニーも「半導体事業を分離せよ」と

ヘッジファンドから提案された記事がありました。


ただ結局は、半導体事業の分社化は断わったようですが、

その理由も何となく分かります。



情報化と国際化がますます進み、

1社で有形資産(ハード資産)を持つビジネスは、

経営のスピードと効率化を弱めてしまいます。


ですから多くの企業は、付加価値を無形資産に求めようとしています。


無形資産には、技術、ソフトウェア、ブランド、ビジネスモデルなどがあります。

さらには、暗黙知や顧客や社員との信頼関係、経営理念などもあるでしょう。



ただそれらの無形資産も時間が経てば、価値が変わります。
関わる人も変わります。模倣品も出てくるでしょう。



「作ったものを売る」だけでは、

他社の中で埋もれてしまいますし、
売る人自身も埋もれていくでしょう。



もはや、「売る経営」は通用しません。



「自分が、会社が売りたい!」と思うものを売るという発想では、
相手の興味を喚起することは難しいでしょう。



仮に売れたとしても、


「価格が安いから」

「早く注文に応えてくれたから」
「近いから」


といった表層的な理由でしかなく、
次は他社の商品に浮気することもあるでしょう。



では、どうするか?

それは、またの機会にお話しします。 

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント