CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「自由」を手に入れるってどういうこと? | Main | 審美眼を高めよう»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
コミュニケーションは本来シンプルなもの [2019年09月11日(Wed)]

家庭でも会社でもコミュニケーションが大切ということは分かっています。


でも、そもそも「コミュニケーション」ってどういう事なのでしょうか?


誰かと会話をすること?
その会話を頻繁にとること?
質と量のどちらが(どちらも)大事なの?
相手に対する自分のあり方なの?




最近は、社会の中での孤立が問題になっていますね。


SNSなどで一見たくさんの人とつながっているように見えますが、
そのことが人々の幸福感につながっているかと言えばむしろ逆方向に感じます。


何かに急かされているかのような気がするのは私だけでしょうか?



約8年前にフィリピンでのホームステイを経験しました。


そこで、家族の強い絆や幸福感は、


「家族で共有する物理的時間がとても長いこと」
「Face-to-faceのコミュニケーションをとっていること」


と強く結びついていると改めて感じました。


家族とのさまざまの共有行動が、

子どもにとっての幸福感やあるいは人間にとっての幸福感に
どのような影響を与えていると思いますか?


ある調査では、家族と何を一緒にしてる時(家族で何を共有している時)に
幸福感を感じているのか調べた結果、以下のような順位になりました。



1.夕食を食べる

2.料理を作る
3.掃除をする
4.食料品の買い物
5.ショッピング
6.外食
7.親戚訪問
8.スポーツをする
9.スポーツ観戦
10.散歩
11.旅行
12.ドライブ
13.映画をみる
14.音楽鑑賞 


旅行やドライブ、親戚訪問といった非日常的なイベントだけでなく、
食事や料理、食料品の買い物、掃除といった日常的な時間を共有する場合に、
幸福感が高いという結果に何となく納得しました。


皆さんはどんな時に、幸福感を感じますか?



コミュニケーションには、「伝達する/会話する」と「共有する」と

いう概念があります。


メールやSNSを使えば、すぐに頻繁に会話することはできます。
ビデオ通話やZOOM、スカイプを使えば相手の顔を見て話すこともできます。


でも、同じ場所で時間や行動を共有することの中に、
相手も自分も心の機微を感じ取ることができたりするものです。

用件を伝えることだけがコミュニケーションではないはずです。


会いたい人と会っていますか?


話したい人と話せていますか?



コーチングもFace-to-Faceで時間を共有するコミュニケーションです。 

↓ ↓ ↓

−−−

▲【先着3名】無料コーチングモニター募集のご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。

そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。

コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント