CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Connect the World with FreshActivity
人種、性別、年齢からの隔たりが無く異文化への歩み寄りがあり、アクティビティーを通して交流したり活動する事を心から楽しめるように生きたい!
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
言葉を書かなくなった最近[2013年06月18日(Tue)]
実家に帰って、昔使っていた自分の部屋の物色をいろいろしてたら

中学の時から書き始めた日記を見つけた。

ガムテープでぐるぐる巻きになっていて、「封印」って書いてあった。

懐かしい、きっと中身読んだら死ぬほど恥ずかしいこといっぱい書いてあるんだろうなぁ。

とてもじゃないけど人に見せられない内容も多々あるだろうなぁ。

あの頃は言葉を書くことが日課としてあった。

忙しかったけど、、学校から家に帰ると自然と手が日記帳に向かい、

心の中の叫びみたいなのがあふれ出た。

そのことを当時はこう表現していた。

「手が勝手に動く」

何かをつづろうとしてたわけじゃなく、何かを目指していたわけじゃないけど。。。

ただ手が勝手に言葉らしきものを綴っていったというか。。。

思いがあふれたいたのか。。。

どこかに文句でもたくさんあったのか。。。

確かに当時は荒れていたなぁと思い出す。

何かを傷つけたり、破壊したりとかではなかったけど。。。

世の中への疑問や文句はたくさんあった。

大人になんてなりたくないって必死にあがいていた。。。


大人になったなぁ。

最近そう思うことも増えた。

自分のことの前に、人のことを考える。

自分のために綴っていた言葉が今はもう生まれない。

手はもう勝手に動かないし、先に言い訳が出てくる。

何かをするのは大変。何かを継続するのはもっと大変。

今自分はそんなに輝いてはいない。

まだそんなに輝いていない。。。

これから。

きっと。
〜フレクティブの今後〜[2013年04月30日(Tue)]
1. なんのために活動しているのかが不明。


2. 具体的に誰に何をやっているのか実績も踏まえ説明できない。


3. イベントなどの呼ばれる時に自分たちは何を専門で取り組んでいるのかが明確でない。


4. 他団体のコラボがどういう形で可能なのかを明確でない。


5. メンバーに活動してもらうことを簡潔にまとめ、それに合う人材を補充できるない。


6. どんな活動をして行きたいのか明確でない。


7. 仲間が居ない。


IMG_3466.JPG


何も無いところから始まって。

とにかく飛び出した。

恐怖なんて無かった。

見た事の無い景色を見るために。

それが、人生のスローガンだった。

まだ、これから。

勝負ははじまったばかりだ!
改革を望め[2013年04月02日(Tue)]
つね日頃から

外国人の視点から見る日本の生活の住み難さを考えさせられる。

そういう第一線の声を常に聞き取れる立場に居る事は大切な事だと思う。

けど、

なかなか変えられないもどかしさには苦しくなる時もある。

自分にもっと力があればと、無い物ねだりをする。

信じるしか無い。

変化の為の行動を継続していく事は

無駄にはならない。

それに

自分を成長させる。

まだまだがんばれるし。

はままつ夢基金締め切り[2013年02月05日(Tue)]
2月4日
浜松市はままつ夢基金の申請提出締め切り日でした。
浜松市はままつ夢基金補助事業という事であれば、
ここからの活動の広がりが多少期待出来るので。
どうか。。。!!

という願いです。

さて、もう2月です。
2月はいろいろ活動していなきゃいけない結構忙しい月だと思います。
来年度の事業計画を練ったり、
今年度の事業のまとめをしたり、

フレクティブとしても、4月には本格的に手をつけて行きたい新事業が
いろいろあります。

アクティブ英会話の地域拡大
アクティビティーの国際交流イベントの開催
FreshEnglishの生徒集客、地区拡大
アクティビティー講師養成講座の開催
他団体との恊働イベントなどなど

すべてを4月に、とは無理だと思いますが。

2月、3月の間に、
さわりくらい考えおきたいと思って。
毎日時間とタイミングを見計らいながら、行動しています。

恊働の形を求めて[2013年02月03日(Sun)]
先日友人の結婚式に参加した時に仲のいい友人と久しぶりに会い
今の仕事の事とかの話しになり
国際交流や子ども教育に関する
市民活動団体での活動をしている話しをしていた所

友人も自分で起業した社長でバリバリ働いていた。

社会貢献活動にも興味があり、実際に自分でも講座的なイベントのようなものを
地元の子どもからその親等を対象として企画したりしていた。

たまたまそういう面で活動内容自体は全然違うようではあるのだけれど、
これはどこかで繋がるんじゃないんじゃ無いかって事で、

当日の2次会終わりにそのままウチまで来てもらいちょっとしたミーティングをしました!

お互いの共通点を探すべくいろいろ今までの活動の共有をして
目的の共有をしながら

お互いが”ウィンウィン”の関係になるべくの恊働の形を探しました。

まだまだこれから煮詰めていく話しではあるのだけれど、

出会いはどこにでも有るなぁってあらためて思わされる。
去年からの下積み[2013年01月09日(Wed)]
人との出会いってホントにミラクル。

NPO法人化を目指そうという意識を持ち出したのが去年の11月だった。

あれから月日はまだ2ヶ月。活動日報もやっと50回目を超えたところ。

講座に参加し、市民団体支援センター等に話しを聞きに行き

仲間に出会った。

ビジョンが明確化し具体化してきた。

活動が決まり団体が団体としての機能として見えて来た。

団体もそうだけど団体の中の個人個人も仲間として恊働しながら成長していくんだな。

この先フレクティブが国際的に発展して行くように。

目の前にある課題を常に確実にこなして行くだけ。

それだけ!

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Hiroshiさんの画像
https://blog.canpan.info/facc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/facc/index2_0.xml