CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Connect the World with FreshActivity
人種、性別、年齢からの隔たりが無く異文化への歩み寄りがあり、アクティビティーを通して交流したり活動する事を心から楽しめるように生きたい!
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
いろんな考え[2013年05月01日(Wed)]
最近いろんな人と付き合う中で、

積極的に活動を広げていくためには

いろんな助成金の申請をしたほうがいいのかと考える。

探せばいろいろ出てくるし自分たちはまだ団体登録を済ませて半年も経ってない。

そんなこと気にして控えめになってたらなんのために活動しようって表に出たのか分からない。

それこそ本末転倒。

変えたい環境が目の前にあった。

自分の自己満足での思想かもしれない、

だからと言って自分の満足を自分で否定するなんておかしい。

この半年間、いろいろ走ってきたし、いろんなドアを開けてみて、

自分の考えの甘さも、他人の知見の広さに圧倒されたりもした。

でもそれで、自分の考えを否定されたわけじゃない。

たとえ否定されても自分は曲げちゃいけないと思ってる。


今はまだ実力が無くてもいい。

今は。。。

自分たちの強みだとか、特徴をもっと内側から研究して明確にしていく必要がある。

そういう事に改めて向き合えるきっかけにもなるし、

これからは助成金の申請にも積極的に挑戦していく!!

そこから出会える人だったり、繋がれる活動がきっと見つかると思うし。

「NPOは目立ってなんぼじゃ!!」って

ある方も言っていたので。。。
子供と交流を持つきっかけを積極的に発信する事[2013年03月31日(Sun)]
友人に連れられて舞阪に4月からOPENする

MBarに行きました。

新しい出会いの中で、

アメリカ生まれで小6の時に日本に移り住んで来たという同世代の方が居て

日本という国のリスペクと出来る面、しかしながら

それに気付けない日本の教育。

日本が潜在的に持つ世界への影響力

それは唯一の核兵器被害国だったり、原子力事故だったり

そういう背景がある事でも、これから日本はどう動いて行くのか

世界は注目している。

それに対してピンとくる事って、あんまり感じない。

学校でそう言う事が強く語られ、厳しくとも向上出来る教育制度があるわけじゃない。

日本は、このままでいいのだろうか。。。

もっと根本的に今の子ども達に語りかけて行く事がある。

それは、なかなか難しい。

だから、子供との交流のきっかけになるような事を積極的に発信しなきゃいけない。

バーは非常に楽しかった!!

2013-03-30 21.38.34.JPG

ももさん、ゆーき!また会いましょう!

カレー食べに行くし!
フレクティブミーティング2013[2013年03月29日(Fri)]
先週の日曜日、参加して下さった方、

IMG_4177.JPG

どうもありがと===!!

準備してくれたメンバー!!!

サンキュ===!!!

至らない所も多々多多々多多々ありましたが、


今回の経験はフレクティブにとっての忘れられない1ページになりました。

IMG_4197.JPG

まだまだ歩み出したばかりの団体です。

輝かしい実績はありませんが、だからこそこれから柔軟に歩いて行く事が出来る。

今までの歩みは絶対に無駄じゃないし、

これからの一歩に繋がって行く。

まだまだ長い道のりになるだろうけど、

なんだか今は晴れた気分でいられる。

仲間が居ることに感謝して

2013-03-24 20.04.21.JPG

寝ます。

総会後の飲み会は楽しかった=!

外国人がはしゃいでやらかしてたけど、

日本の生活って。

やっぱいろいろ日本人には分からない所で

住みにくかったりする所あるんです。

それがよく分かりました。

浜松における多文化共生へ[2013年02月20日(Wed)]
来年度のための事業をいくつか企画してます。

国際交流事業

異文化理解事業

子ども教育事業

スポーツ普及事業

地域づくり事業


とりあえず企画の中からもっとブラシュアップして進めていけられるものを決めていきます。

いろんなところから、厳しいお声を頂いたり、助言を頂いたり

日々勉強の毎日ですが、楽しいのでやれます。

僕たちの企画にはムリなところもたくさんあるので。

少しづつ時間をかけて修正とマーケティングをしながら進めて行く。

外国人生活者と交流していく中で彼らの生の声を日頃から聞く事ができ新しい角度での支援方法を常に考えてきました。

それが、外国人への生活支援というスタンスではなく、日本人への異文化理解支援というスタンスでの働きかけが主にあります。

外国人の文化や生活スタイルの違いなどの受け取り方を日本にとけ込みなさいと思う前に
まず子ども達にとって、外国に行くまでもなく異文化に触れられるチャンスがあるという事を前向きに理解してもらい交流が地域に根付く事を目指したいと考えています。


日本人にとっても外国人がわざわざ日本に来て頂いてるという考えを少しでも持って頂けたら、そこからの学びや成長は必ず今後の社会に役に立つものとしてなるのではないかと思います。

島国に生まれ、諸外国からの制圧をうけて来なかった事から生まれた日本の文化があり、
すばらしい面も、変えた方がいいかもしれない面もあると思います。


今は制圧という時代ではなく共生という時代にあります。
日本を守ってきた先代の外国人受け入れの時代とは違う時代に生きる僕たちは、
少なからずそれに適応する必要があると思います。
今の子ども達に伝えたい事を体験や経験という環境として提供して、そこから自分で考えられる子どもの教育を目指したいと思います。

それがこの先、外国人にとっても、外国から見た日本としても住みたい国になるのではないかなと思っています。
語学力って[2013年02月19日(Tue)]
英会話学習に関わっている生徒から、あるものをもらいました。
何事も楽しくやる事って大切だと改めて感じた。

まだ小学1年生と2年生の男の子と女の子の兄弟なんだけど、
すごく仲いいと思ったら、すごく喧嘩してたり、
いつもいろいろ大変な事あるんだけど、
なんだかんだで2人でいつも笑ってる。

英語を習い出して、まだ半年も経ってないけど
やっぱり子ども。
ウチらには出来なかった発音が
子どもには出来る。
子どもの吸収にはいつもビックリさせられる。


この先、日本において
英語+αの教育がされていく事にもっと前向きな姿勢を持っていって欲しい
異文化への気付きって本でみたり、話しできいたり、テレビ見たりでできる範囲では限界がある
実際に異文化の違いから喧嘩したり、
仲直りしたり、笑ったり、泣いたり、
今、大人がそういう環境を子ども達にデザインして提供してあげられれば
今の子ども達は、将来もっとグローバルなマインドをもって成長できると思う。
今日本にいる外国人にとっても
日本で住む事がもっとおもしろくて、自由で
やる気に満ちあふれるような社会であって欲しい。


その為に出来る事って、実はすごくシンプルな事

まず大人が本気で人生を楽しむ事!
その楽しみをみんなで共有する事!
正しい事と正しく無い事をしっかり教育する事!
差別しない事!
諦めないで続けていく事!


なんか理由つけてやらなかった事じゃないかな。
何かにとらわれる生活なんてしなくてもいい。

日本をもっと住みやすくしたい。
だって日本に住んでいるから。
1人1人が住みやすくなれば
その人の周りの1人でもきっと住みやすくなるはず
それがいつか地球を一周する事もある。


今日もらったあるものがこちらです!

2013-02-19 21.43.29.JPG

2013-02-19 21.43.44.JPG

西区の公民館では[2013年02月13日(Wed)]
浜松市西区内の体育館のある公民館と総合体育館に行きました。
全部で8カ所あったんですが、
しかし、ほとんどどこの体育館も毎日いっぱいくらいに利用者があるってことに
ちょっと驚きました!
どこも社会教育関係団体さんなどの活発な活動があり、
パワフルな住民がまだまだいっぱいる事に気がついた。


これって、もしかしたら今の小学生とかよりもアクティブなんじゃないかなー。。。
って思うほど。

その中でも何か住民の特に子どもに働きかけられるような活動を企画したい!
もっと子どもの活動が盛んな団体があったほうがいいんじゃないかって。
企画する公民館も多くあった。

その為のボランティア講座だってもちろん引き受けたいと思います。

2013-01-16 17.00.14.JPG
ビジョントーキング[2013年01月07日(Mon)]
想像できますか?

地域の中で、国境や文化の隔たりが無く、日本人の子供も外国人の子供も一緒になってが楽しく遊び成長する姿を、日本人の親も外国人の親も一緒になって支え合う事で国際交流力が育まれる環境が当たり前にどの地域にある光景。

ブレず個性的であり、このフレクティブという団体の軸になるビジョン。

年末のバカ忙しい時からコツコツ集っては話し合って、相談して、

今日もセンター試験を控えた学生にジャマにならないようにそそくさとカフェに引き込むやさしさを見せながらも、

ここまで来た。と思える所まで決まって来ました。

お疲れさまです!

明日改めて市民団体設立の申請書類申告の為によろしくです!

多文化共生とは。。。[2013年01月04日(Fri)]
さまざまな多文化共生のビジョンが語られ活動があります。
何がよくて、何が悪いとか無いから
自分たちが信じる所を活動として形にするのって
すごく大変だけど、
すっごくおもしろい事だと思うのです。

僕たちは、もともと日本が好きだから
守りたいって思うし
守る為に、変えていかなきゃいけない事って
あると思います。

僕たちの目指すビジョンに
日常英会話がセカンドランゲージとして浸透する
って目的がある。

みんなこれからは英会話を話そう!って
そんなストイックでは無くって
当たり前に英会話を学べる環境があるってこと。

別に英語ぺらぺらにしゃべれるから偉いわけじゃない

当たり前な生活にセカンドランゲージが当たり前にある事

異文化を受け入れられる感受性が

なんにも特別な事じゃなくって

日本人も外国人も隔たりがなく
個々の個性が主張され尊重される

人ってむずかしいから

簡単にそんなふうにはならないけど、

僕たちが信じる事を活動に移す事を止めたら

何かを創り上げるなんて事、無いもんね。


検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Hiroshiさんの画像
https://blog.canpan.info/facc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/facc/index2_0.xml