• もっと見る
京都フォーライフ〜「自信」と「誇り」をもって働くために〜
NPO法人京都フォーライフの公式ブログ
« 過ちを犯しても | Main | こだわり »
<< 2023年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
あの日・・・[2023年03月27日(Mon)]
20年前の2月末日、私が以前勤めていた障がい者施設の利用者が 自ら命を絶ちました。
地域企業への就労が叶わず、悩み 苦しみ 自信を失い 絶望感に至ったことからの出来事でした。
当時は 少しづつ 障がい者の地域就労が一般的になってきた時代でしたが、まだまだ そのハードルは高かったかと思います。
地域の企業で働き、お給料をもらって、普通の暮らしを送る・・・そんな ささやかな願いを叶えることが 障がいがある方たちには 難しい時代でした。

その数年後 大きな制度改革があり、 雇用契約に基づく就労支援事業 「就労継続支援A型事業」が制度化され、企業就労が叶わなくても 福祉サービスを利用しながら 経済的な自立が可能な選択肢が出来ました。
そして 間もなく 「京都フォーライフ」を設立して 「就労継続支援A型事業」に取り組み、今年 15年目になります。

この間、度々 『あの日』 を思い返し “彼が 生きていれば・・・” と 考えることがありまた。
特に 年毎に春を迎えるこの季節に 思い返し、もう20年が経ちました。
「節目の年」 なのか・・・とも思いましたが、あまりに日常のことで その実感はありません。
これから先も 『あの日』 を考えながら、日々を積み重ね、年々を積み重ねてゆくのだろうと思います。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/f-life/archive/476
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
[
プロフィール

NPO法人 京都フォーライフさんの画像
https://blog.canpan.info/f-life/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/f-life/index2_0.xml