• もっと見る
京都フォーライフ〜「自信」と「誇り」をもって働くために〜
NPO法人京都フォーライフの公式ブログ
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
記念写真[2024年06月24日(Mon)]
「NPO法人京都フォーライフは 本年 設立より15周年を迎えました。
毎年 開催している 法人内 3つの事業所の全従業員(利用者)と支援員が一堂に会して会食する 『交遊会』 は、本年度 “設立15周年記念パーティー” となり 従業員(利用者)のご家族や 日頃 京都フォーライフの運営を支えていただいている皆さまもご招待をして 盛大なものになる予定です。

先日 朝礼で、そんなメモリアルな式典に向けて 普段の活動を紹介すべく、「みんなの写真を撮りたぁ〜い!」と 従業員(利用者)の皆さんに向けて そんなお願いをしてみました。
普段なら、「え〜ッ!」 「恥ずかしいわ!」と あまり乗り気ではない言葉が飛び交うところです。
ところが、“15周年” というメモリアルな式典を意識してか 皆さん 大変 協力的。
カメラを向けると フォーライフの商品である「ドリップコーヒー」や「アイスコーヒー」を 手にして 笑顔いっぱい。
個性的な 素敵な笑顔いっぱいの写真を撮らせていただきました。
他の事業所でも同様で、皆さん 素敵な表情で写っていました。

普段はポーカーフェイスの従業員(利用者)の皆さん、なんだかんだ言っても 「京都フォーライフ」に愛着を持って “15周年”を喜んでもらえている様子が感じ取れて 嬉しい限りです。
普段、日々の仕事に従事している中では見えにくい部分ですが、今回のイベントに向け 職場への様々な想いが見えてくるのは面白く 発見もたくさんあります。
皆さんが 一層 愛着を深められる職場づくり、法人の基本理念 『 「自信」 と 「誇り」 を持って働く』 ことの出来る職場づくりに、今後も 皆さんの「働きたい!」を 積み上げてゆきたいと思います。
合理的配慮[2024年06月17日(Mon)]
先日、「フォーライフshiki」工場の従業員(利用者)2名が 地域企業への就職が決まりました。
そのうちの1人Tさんは 「NPO法人京都フォーライフ」の設立当初より 約15年間働いてこられた 一番の古株です。
就職した後も 時折 フォーライフの事業所に 顔を見せに来てくれるのですが、やはり15年間慣れ親しんだ職場とは勝手が違い 人間関係や仕事内容など 様々な場面でギャップを感じ 悩んでおられるようです。

就職された地域企業様は 食品関係の工場で、就職前にTさんと一緒に見学に伺わせていただきました。
障がい者雇用にも熱心に取り組んでおられ、工場内のいたるところに 小さな配慮が見られました。
工場内の要所々々に イラストや写真で分かりやすく示された手順書が貼りだされていたり、その日のスケジュールがきめ細かく書き出されていたり、様々な方への配慮が随所に見られ驚きました。
本来であれば 我々のような福祉事業所こそ 一番に気遣わなければいけないところでありながら、我々の事業所よりもはるかに細かく配慮されており 見習いたいと思う部分が多々ありました。
このような様々な配慮は、本来は障がいがある方や外国の方など 特定の方に向けた取り組みなのかもしれません。
けれども実際には、同じ職場で働くだれもが理解しやすく 便利に扱えるものになっています。

今年の4月より「障害者差別解消法」の改正により障がい者への合理的配慮が義務付けられました。
公に示されている 「合理的配慮」の事例などを見ると、飲食店やスーパーなど不特定多数の方が出入りするような場所では 特に判断が難しく、働いている人たちにとっては 負担に感じることも多いかもしれません。
しかしながら、一歩乗り越えた心づかいが 障がい者ある方のみならず だれもが便利で快適なものに感じていただけることが多くあります。
小さなことから 配慮や思いやりを感じられる世の中になっていけばと感じました。
夏も近づく南部市場[2024年06月10日(Mon)]
夏に近づくにつれて 暑さも増してきている今日この頃、
私が担当する南部市場内での施設外就労支援事業所では、商品の鮮度維持を目的にした冷蔵庫なみの室内温と 外気温との温度差にやられて 体調を崩されてる方も・・・
そんな過酷な作業場で働かれている 従業員(利用者)のIさん、
毎日、箱詰めされた たくさんの野菜や果物を運んだり、袋詰め、空いたラックの片付け等を中心に 作業に取り組んでもらっています。
持ち前のコミュニケーション力を生かし、皆さんと仲良く作業に励んでおられます。

そのIさんに 「原料置き場から ジャガイモを運んできてください」と 指示をしました。
「わかりました!」と 元気よく取りに行かれました。
しばらくして 時間が経っても戻って来る気配がないので様子を見に行くと、Iさんは 倉庫で ひきつった笑顔を浮かべたまま 困っておられました。
話を聞いてみると、「カタカナとか ローマ字とか 数字は分かるけど、ひらがなが分からない」 との返答がありました。
“ひらがなが 一番 分かるのと違うんかい!” と 驚きましたが、本人にとっては 至って深刻な問題だったようです。
Iさんには 「分からない時には 戻って来て 理由を伝えてくれればいいですよ」 と 伝えると、安心された様子でした。

従業員(利用者)個々の特性を どこまで把握できているのか?
誰かが把握出来ていても 他の支援員が同じように把握が出来ているのか?
従業員(利用者)の皆さんの 出来ること・出来ないこと,得意なこと・苦手なこと・・・
日々の支援の中で、支援員間の情報共有に向け、コミュニケーションの機会を持ち ケースワークに取り組んでいく事の重要性を再認識した出来事でした。

初めの一歩[2024年06月03日(Mon)]
京都フォーライフでは、京都府と京都府内のロボット開発事業者との共同プロジェクトとして、これまで 就労の機会に恵まれなかった
心身に重度の障がいがあり 常に 介護を要する方,
難病等により 日常的に 医療的介護が必要な方,
“引きこもり”状態にある方,
等々、外出困難な状況にありながら 就労を希望される方たちに対し、遠隔操作でのロボット活用により 在宅のまま カフェでの接客業務に従事いただき 社会参加 及び 就労機会を創出する取り組みを進めています。
先般も この取り組みを新聞記事にて 紹介いただきました。

この記事を 知ってか知らずか、ベルトコンベアを利用した ライン作業での製品加工に従事している 従業員(利用者)のCさんが 仕事中のおしゃべりで、
「AIとかロボットとか いっぱい出来てきたら、私らの仕事なくなるやん!どうすんのん!?」と 訴えてきました。
「いらん おしゃべりしてんと、AIとかロボットに負けんように さっさと仕事したらええねん!」
と 返り討ちにしてやりましたが、Cさんの不安は もっともなことだと思います。
多くの福祉事業所で 主作業にしている軽作業のほとんどが、10年先には AIとかロボットに取って代られる未来像です。

だからこそ 10年後を見据え、AIやロボットを 活用する側にたって 新しい可能性を見つけ出してゆかなければなりません。
テクノロジーの積極的な活用は、京都フォーライフが10年先も 社会の中で 求められる仕事に従事してゆくため、社会の中で 必要な事業所であるための “初めの一歩” なのです。
基本理念[2024年05月27日(Mon)]
我々 京都フォーライフは 基本理念に
「 『自信』と『誇り』 を持って働くことを支える」 と 掲げています。
この理念に従い 従業員(利用者)の皆さんには “意欲をもって取り組む” “力を合わせて取り組む” “最後まで責任をもって取り組む” 姿勢を モットーに 日々精進していただいています。

の はずですが・・・
時折 「本当に 『自信』と『誇り』 を持てていますか?」と 思えてしまうことがあります。
私が担当する フォーライフ宇治の構内作業では、繁忙期に 他の事業所からも出向していただくことがあります。
その際に、「ちょっと 手伝いに来ただけだから」と お客様感覚で やってくる従業員(利用者)が ごくまれにいます。
そういう感覚の従業員(利用者)が一人でもいると 事業所内の雰囲気に まとまりが失われます。
だからこそ、「この仕事は あなたたち自身に任された仕事」「責任を持って 取り組むべき」と 厳しく 改善が窺えるまで 説き続けます。

また 過日、来年度 久御山町に新設される会館の愛称募集があり、従業員(利用者)の皆さんにも 応募を呼びかけました。
新設される会館内でのCafé運営について、京都フォーライフに内諾していただいていることもあり、 積極的に 自由な発想で 提案いただきました。
この機会に、地域との繋がりのなかで 地域の方々に支えられていることへの感謝を忘れず、求められる仕事する,必要とされる事業所になることを目指すことを 説きました。

どこまで理解いただけているかは 分かりません・・・が、
どことなく漂う 従業員(利用者)の皆さんの 『自信』と『誇り』を 嬉しく思います。

共に[2024年05月20日(Mon)]
私が担当している施設外就労班では、繁忙期が過ぎ 少し物量が落ち着いたかな?と 思っていたのですが、時折 残業を余儀なくされる忙しい日々が続いたり 早々に仕上がってしまったりと なかなか 頃合いの良い安定した日は続きません。
忙しい時には 他の事業所から 応援に来ていただくことも しばしば・・・。
そんな時には 従業員(利用者)の方同士で 「今日は 定時に終われるように頑張ろうな!」と 仲間を鼓舞するような声掛けをされる たくましい方が多くおられます。
そんな声を聞いていると “私も頑張ろう” と思えてくるのです。

他の事業所でもそのようですが、“ここ 一番!” 仲間を思い 士気を鼓舞する様子を覗うことがあります。
そんな時に このような人たちと一緒に働けて、 私は とても幸せを感じ 誇りに思います。
私が “共に 頑張ろう!” と心の底から感じるように、従業員(利用者)の皆さんも きっと 心を動かされるのだと思います。

来月から、他の施設外就労先で従事されていた 3名の従業員(利用者)が 私たちの班に合流です。
先日、その事を 皆さんに伝えると 「楽しみやなー!」 と 大喜びされていました。
“共に頑張る 『仲間』 が また増える” そんな喜びだと思います。

少しばかり、“ちゃんと 仕事を覚えてもらえるかな・・・?” との不安がよぎりましたが、
やはり私も、『仕事愛』に満ちた 活気あふれる従業員(利用者)の皆さんと一緒に 新しい仲間を迎え 作業出来ることが 楽しみでもあります。
こんな中で 今 私が出来る事を 精一杯頑張っていきたいと思います。
就職[2024年05月13日(Mon)]
今年に入り、従業員(利用者)2名の地域企業への就職が決まりました。
大変 喜ばしい事で、応援していますが・・・やっぱり寂しいです。
この2名は 特に付き合いが長く、京都フォーライフでは 私より少し先輩で、まだ初々しい 緊張感を持った頃の私を知っている 数少ないメンバーです。

今では 多くの、従業員(利用者)メンバーがお世話になっている 地域企業での施設外就労チームの最初メンバーでもあり、当時は 担当する私と 数名だけでのチャレンジでした。
行き帰りの車内では、その日あった出来事や 怖かったパートさんのお話などを繰り広げたものです。
当初は 受入れを継続していただけるかどうかというお試しの期間であり、戦力として認めて頂かなければいけないというミッションが明確に示されました。
その会社のパートさんたちとの班体制で 仕事をこなしていくスタイルの作業場では、メンバーへの支援よりも 作業をこなすことを優先せざるを得ない状況でした。
支援員として全く機能していない状況に 焦りと苛立ち、不安や申し訳なさとやるせない日々が続きました。
大変苦しい毎日でしたが、1か月ほどで その企業さまより 戦力として認めて頂き、京都フォーライフのメンバーだけでの1班を任せていただけるようになりました。
やっと もっと多くの従業員(利用者)と みんな一緒に仕事が出来ると、大喜びしたのを覚えています。

就職しても この時の達成感をまたどこかで思い出して、願わくば そんな日々が働く糧となり 頑張って 活き活きと働けますように・・・
就職おめでとう。
心から幸せを願っています。

10年[2024年05月06日(Mon)]
早々と春が過ぎ去り 京都では すっかり初夏の陽気となりました。
晴れた日には 日差しの明るさに 気分も上向き、各事業所とも 活気に満ちています。
心地よさを通り過ぎ、熱中症対策が必要となっています。
完全週休2日で シフト制勤務の「京都フォーライフ」には「ゴールデンウィーク」がありません。
世間の喧騒に関わりなく 通常の作業日課が続きす。

そんな中、お誕生日を迎えられた従業員(利用者)がおられ、事業所まで お祝いを伝えに、
「お誕生日 おめでとう!」と 伝えると 大喜びしてくれました。
「何歳になったんですか?」と 伺うと、「28歳」とのことでした。
と いうことは・・・「京都フォーライフ」に就職して 10年、「勤続10年」ということになります。
支援学校を卒業して、かつて 幼さが窺えた表情には、今は どことなく 貫禄さえ覗えます。

ふと思い返すと、” 自分が28歳だった時に 10年という長い間 継続出来ていたことがあっただろうか・・・?" と いうことです。
一番長いのが 小学校に通った 6年間、その次が 就職してからの5年・・・
“ なんとも 辛抱が足りない・・・“ とも思いましたが、大方の方たちが その程度のことだと思います。
むしろ、28歳で 10年継続して働きつづけている 彼がすごいんだ!
何だか 尊敬できてしまいます。

短い期間で 離職を繰り返す若い方たちが増えているご時世に、「京都フォーライフ」には「10年勤続」の若者が ワンサカいるんだぞ〜
「ゴールデンウィーク」はなくても いい職場なんじゃないか!
体調[2024年04月29日(Mon)]
私は 昨年7月 ジメジメがピークの梅雨時に 支援員として京都フォーライフに入職いたしました。
気が付けば10ヶ月が経とうとしています。
その間、少しずつ従業員(利用者)の皆さんとの会話が増えてきています。

当初は出身地や 天気の話題など 卒のない話題が中心でしたが、最近では趣味やグルメ,将来の目標といった内容に変化してきています。
なかでも一番多い話題は 「体調」についてです。
「昨日 食べ過ぎたからお腹が痛い・・・」
スッキリした表情で 「昨日 よう眠れました!」
「夜中に目が覚めて それから寝てないから頭がボ〜ッとする」
「肩が痛いけど・・・今日 仕事できるかな・・・」
「黄砂のせいかな?鼻と喉の調子がおかしい」等々
毎日のように 体調の話題が出ます。

各々に 自らのコンディションを伝えてくださる方がほとんどですが、なかには 体調不良があっても申告しない方がおられます。
ある日、作業中に顔が火照っている従業員(利用者)に 「大丈夫ですか?」と 声をかけました。
「大丈夫です」と返答があり 私はひとまず安心しました。
しかしながら、後日 その時のお話を伺うと 実際は 「少し体調が悪かったけど 作業ができない程ではなかった」 らしく、その時の体調を「大丈夫です」としか表現できなかったようです。

私も普段から『大丈夫です』を多用しますが、私の「大丈夫」と 従業員(利用者)の皆さんの「大丈夫」は意味がイコールではなく、より細やかな観察とヒアリングの重要性を再認識しました。
体調管理には 体質や食生活,生活習慣,ストレス,気候 等 様々な要因が関係します。
体調は日々変化するものだからこそ、従業員(利用者)の皆さんの心身のコンディションには より一層 配慮した支援に努めたいと思います。
新たな出会いと環境[2024年04月22日(Mon)]
ご縁をいただき、京都フォーライフで 支援員として働くことになり 今年5月で1年を迎えます。
「フォーライフ」と「フォーライフshiki」、二つの事業所での支援に携わり 従業員(利用者)の皆さんとの新たな出会いがあり 大きく環境が変わりました。

環境が変わっても 一番に考えるのは 『支援』について、
支援員の立場として 従業員(利用者)の皆さん方と関わる際には、個々の障がい特性などを理解した上で 出来る事・出来ないこと,得意なこと・苦手なこと,どのような支援が必要か 等々 先ず 把握に努めます。
それから 個々の従業員(利用者)に適した支援で アプローチすることが 大きな課題でした。

今は 従業員(利用者)の皆さんと作業に従事する中で、支援員間の情報交換により 教えてもらうことや 知ることが出来ます。
時には 助けてもらうことも多々あります。
こんな支援員間のチームワークが 自分自身の成長に繋がっていることを 実感しています。
従業員(利用者)の皆さんが 日々 「今日も 頑張った!」と やりがいを持っていただけるように、職員同士チームワークで “支援の引き出し” を多く持てるように 努めて行きたいと思います。

| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
[
プロフィール

NPO法人 京都フォーライフさんの画像
https://blog.canpan.info/f-life/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/f-life/index2_0.xml