• もっと見る
« 2023年12月 | Main | 2024年02月»
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ゆみ
りんご恐怖症から (04/20) 瀬戸 栄司
飛行機が4時間10分遅れ (05/05) みーやん
ご報告 (01/16) うっちぃ
連休が終わって (05/09) うっちぃ
愛媛、松山 (12/26) うっちぃ
小さな蕎麦職人 (12/06)
ホースセラピー (11/18) うっちぃ
ホースセラピー (11/18) 凛厘
最大級の台風接近 (10/22) うっちぃ
最大級の台風接近 (10/16)
寒いけれど春 [2024年01月30日(Tue)]
DSC_5735.JPGDSC_5740.JPG

施設の玄関に、幹がスカスカになって、向こう側がところどころ透けて見えるくらいの梅の老木があります。
樹齢も定かではない。

でも、こんなにきれいな花を咲かしてくれました。
毎年、立派な大粒の実を沢山つけてくれるので、梅ちぎりを楽しんでいます。

寒い寒いが合言葉のような、毎日ですが、あちこちで梅は満開になり、その足元では、自生の水仙が香しい。

自然って、タチウチできないなあ、良くも悪くも、人間の力が及ばない、と思うような、今日この頃です。
集中内観 [2024年01月20日(Sat)]
DSC_5711.JPG

18日から24日までの6泊7日で集中内観のお客様が3名来ていらっしゃいます。

かなりハードな毎日です。
皆さん、頑張っていらっしゃるので、せめて美味しい食事をと思っています。
今日の夕食は湯豆腐と厚揚げと野菜の煮もの。リンゴがデザート。
キレイに食べてくださいました。
素晴らしい!
そば打ち大会 [2024年01月07日(Sun)]
Point Blur_20240107_071110.jpgDSC_5689.JPGDSC_5679.JPG

そば作り体験に40名の参加があり、蕎麦職人のご指導を受けて、それぞれが打ったお蕎麦はお持ち帰りして貰い、試食コーナーでは、美味しい出汁とパラッと乗せたネギだけの、シンプルだからこそ、メッチャ美味しいお蕎麦をたべました。

廊下に漂う出汁の香り〜
「いい匂いがする」「美味しそう」
「お腹空いた」
と、未就学児さん達でも、おそばに期待してるのが面白い。
小学1年の子は生まれてから1回も食べたことがないと、丼を前に固まっていたけど、部屋を一周して来たら出汁も飲み干して、「世界で1番美味しい!」との感想でした。
会場は美味しい美味しいの嵐でした。
開催してよかった。

いつもなら、こども祭りのプログラムに入っていて、人気のコーナだけど、コロナなどで3年中止したけれど5類になったので、せめて、お蕎麦作りだけでもと思って企画しました。

普段は沖縄に住んでいる職人さんは、実家の川南で、蕎麦の種を蒔いて、収穫して粉にする。
物凄く手間ひまかけて大切に育てた貴重なそば粉を提供して下さり、みんなの試食分を早朝から自宅で打って、美味しい出汁と共に持ってきて振る舞ってくれるのです。

有り難いに尽きます。
初詣 [2024年01月06日(Sat)]
rps20240106_061723.jpgPoint Blur_20240106_061637.jpg
新年といえども「おめでとう」というのが、憚れるような地震や飛行機事故がありました。
被災された方や犠牲になった方々に、心よりお見舞い申しあげます。

新年となって初めての利用日に、子どもたちと近所の神社に初詣に行きました。
恒例です。

お賽銭を投げて合掌しお願い事をして、みんな神妙な顔をしていました。
後で、お願いした事を尋ねると、「お兄ちゃんに怒られませんように」「美味しいものがたくさん食べられますように」笑笑笑

初詣で子どもたちに、1番受けたのは、玉砂利の感覚だったようで、靴先や寝転んだりして、音や感触を楽しんでいました。

イカ焼きやタコ焼きのいい匂いが漂う中、誰一人として列から離れる事はなく、買って欲しいと駄々をこねることなく、子どもたちの成長を感じます。

春には1年生です。