CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

青年海外協力隊山口県OB会

青年海外協力隊員として途上国で活動した経験を社会に還元することや会員同志の交流を目的として活動しています。


団体紹介.jpg
活動紹介.jpg
お知らせ.jpg
会報.jpg
お問合せ.jpg
新着情報
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
外国人向け食品配布会を行いました。 [2020年08月06日(Thu)]
県内5か所(下関、周南、山口、宇部、防府)で
外国人向け食品配布会を行いました。

新型コロナウイルス感染症のために
アルバイトや仕事が少なくなったりしている現状があると聞き
少しでもそういった外国人の助けになればという思いで開催しました。

しかしながら、こういった事業は協力隊OB会としては初の試み
県域で活動されているNPO法人フードバンク山口に
会場や食品提供などのご協力をいただいて開催することができました。

また、広報に関しては、告知文などの翻訳を(公財)山口県国際交流協会に
そして、県内各市での広報は、日本語教室や外国人につながりのある方など
多くの方々にご協力いただきました。

下関会場
1.jpg

周南会場
7.jpg

山口会場
2.jpg

宇部会場
3.jpg

防府会場
4.jpg

お配りした食品は、米や小麦粉、油など、国籍問わず使えるものや
インスタントラーメンもイスラム教徒にも配慮したものを準備しました。
5.jpg

各会場で日頃の暮らしぶりなどをお聞きしてみると
・技能実習の期間が終わったのに国に帰れず、お金が減っていくばかり
・ホテルでバイトしていたが、時間が減って収入が減ってしまった
・会社が休業し、先月は6日しか出勤してない
・残業がないため、実質的に給料が減ってしまった
といった声が聞こえてきました。

コロナ禍での経済的な影響は、多くの方達に及んでいる様子でした。

今回、初めての試みではありましたが、日本語教室やたくさんの外国人を支えている日本人が
情報を伝える役割を担ってくださいました。

言葉の違いからなかなか支援などの情報が届きにくい外国人に
これからも情報を届けていくためには、こういったつないでくださる
役割がとても大切だと思っています。

情報を届ける手段のひとつとして、今回 外国人向けにやさしい日本語を使って情報発信する
facebookページを立ち上げました。
https://www.facebook.com/yasashii.nihongo.yamaguchi/

外国人が地域とつながっていけるよう
これからもいろいろな情報を発信していきたいと考えています。

ぜひ身近な外国人にシェアしてもらえたらと思います。

ご協力いただいた多くの皆さま、本当にありがとうございました。

この事業は山口県共同募金会「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」に
助成していただき、実施しました。

Posted by kazuko at 23:11 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)