• もっと見る
« 2022年11月 | Main | 2023年01月»
灯台をテーマに巡ると、函館市東部エリアには知られざる魅力が!「灯台周遊モニターツアー in 北海道函館市」を実施 [2022年12月22日(Thu)]
恵山岬灯台活用協議会は2022年12月12日(月)、「恵山岬灯台を核とした函館東部エリア活性化事業」の取組みのひとつ「灯台周遊モニターツアー in 北海道函館市」を実施し、参加者から高評価を得ました。このツアーは、灯台の存在意義を高め、灯台を起点とする海洋文化を次世代へと継承していく「海と灯台プロジェクト 新たな灯台利活用モデル事業」の一環です。

main.jpg
訪問した灯台のひとつ「汐首岬灯台」にて、灯台と津軽海峡、参加者

【「灯台周遊モニターツアー in 北海道函館市」の概要】

内容:ガイドの案内で恵山岬灯台、汐首岬灯台、日浦岬灯台の3灯台を巡り、知られざる灯台のストーリーを知るとともに、自然景観や観光名所、グルメを楽しみ、函館市東部エリアを満喫する1日ツアー。恵山岬灯台活用協議会が2022年9月から実施している灯台調査の内容を盛り込んで企画しました。
実施日:2022年12月12日(月)
参加者:10名(函館市民、函館市職員、灯台活用団体関係者、恵山岬灯台活用協議会会員)
主催:恵山岬灯台活用協議会
共催:日本財団 海と日本プロジェクト
協力:函館海上保安部

▼本モニターツアー企画運営によって明らかとなった、3つの灯台のストーリーや見どころを紹介します。
sub1.jpg
恵山岬灯台を見学する参加者たち(ドローンで撮影)

【恵山岬灯台〜太平洋と日本海をつなぎ、人と物の流れを支える〜】
◎ストーリー
恵山岬灯台は、北海道開拓のためのインフラ整備の一環として、北海道庁が建てた灯台のひとつ。周辺は岩礁や霧による海の難所で、灯台が必要だった。明治23(1890)年の初点灯以来、津軽海峡のゲート的存在として、出入りする大型船やフェリーの安全を守っている。太平洋戦争末期に空襲を受けるが、その重要性から、たった3か月で復旧された。恵山岬灯台と対岸にある尻屋崎灯台(青森県)を結ぶ線は、日本海と太平洋の境目である。
◎見どころ&楽しみ
・恵山岬灯台は高さ19メートル。函館市内にある3灯台の中では最も高く、迫力がある。白くまっすぐ大きな灯台、青い海、赤茶色の山肌を見せる恵山のコントラストが美しい。周辺は公園として整備されているため歩きやすく、様々な角度から「映える」写真撮影が楽しめる。
・徒歩3分の場所にホテル恵風があり、宿泊すれば、朝、昼、夜と異なる灯台の姿を堪能できる。


sub2.jpg
津軽海峡にせりだす日浦岬の突端に立つ日浦岬灯台

【日浦岬灯台〜荒波と柱状節理がつくり出すうずしおから漁師を守る〜】
◎ストーリー
日浦岬灯台は、近隣の漁業者からの要望で造られた灯台である。昭和26(1951)年初点灯。日浦岬灯台のおかげで漁業者の安全が守られ、美味しい海産物がもたらされている。
◎見どころ&楽しみ
・駐車場から日浦岬灯台へは3分ほどの近さだが、道中には火山活動が作った柱状の岩々「柱状節理」が連なり、潮だまりを眼下に眺める橋もあり、冒険気分を味わえる。
・高さ9.5m、ライトも小ぶりで、かわいらしい灯台である。
・間近で海を眺め、潮風をあびることができる。岬の真下に出来ては消えていく渦潮や砕ける波は美しく、見飽きない。漁業者が漁をする様子や、津軽海峡を行きかう船、鳥、対岸の下北半島もよく見える。
※日浦岬灯台は通常、立ち入り禁止です。今回は函館海上保安部から特別な許可を得て訪問しました。


sub3.jpg
旧戸井線アーチ橋と汐首岬灯台

【汐首岬灯台〜江戸時代のかがり火台がルーツ、海の要衝で明かりを灯し続ける〜】
◎ストーリー
汐首岬灯台がある場所には江戸時代末期、松前藩によって「かがり火台」が置かれていた。汐首岬は北海道と本州の最短地点で、対岸にある下北半島・大間崎とは17.5kmしか離れていない。往来の激しい津軽海峡の中で狭く危ないエリアであり、夜間の船の安全航行のために明かりが必要だった。北海道庁が建てた明治期の灯台29基のひとつで、明治26(1893)年初点灯。
◎見どころ&楽しみ
・汐首岬灯台は、レトロモダンなたたずまい。
・灯台の横には、かつて宿舎や段々畑があった跡がある。灯台守の使命感や、それを支えた家族の皆さんに思いをはせることができる。
・平均海面から約40mの高台に建つため、津軽海峡と対岸の本州の絶景を一望できる。また、戦争遺構の旧戸井線アーチ橋を上から見ることができる。下から、灯台とアーチ橋を一緒に撮影するのもおすすめ。
※汐首岬灯台は通常、立ち入り禁止です。今回は函館海上保安部から特別な許可を得て訪問しました。


sub4.jpg
汐首岬灯台が建つ高台から津軽海峡を眺める参加者

今回のツアーでは3つの灯台に加えて、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」構成資産のひとつである「垣ノ島遺跡」と、函館市内で54年ぶりに誕生した酒蔵「五稜乃蔵」、干潮時の数時間だけ海中から出現する「水無海浜温泉」も訪問。また、ランチタイムにはホテル恵風で、お刺身やブリの煮つけ、たち(鱈の白子)の天ぷらといった海の恵みたっぷりの料理を堪能しました。

【参加者の声】
「東部には何度も来ていますが、知らなかった歴史や自然に触れ、新鮮な1日でした。」(50代男性)
「灯台は『古い』『近寄りがたい場所』という印象を持っていたが、今回のツアーで親近感を覚えた。灯台守の方々が苦労して灯台を維持管理されていたことを知り、心打たれた。」(40代男性)
「灯台が北海道開発に貢献したという歴史や、船や漁業の安全を守っていることを学び、自分たちの生活との結びつきを感じた。」(70代男性)
「今回訪れた3つの灯台にはそれぞれに異なるストーリーがあった。もっと他の灯台についても知りたいと思う。」(20代女性)

→恵山岬灯台活用協議会の団体情報や、2022年度実施計画についてはこちら