• もっと見る
«灯台に登って、ととのう!? 日本初「灯台サウナ」フォトレポート | Main | 金森赤レンガ倉庫で、写真展「#恵山岬灯台に行こう」開催»
「恵山岬灯台Instagramフォトコンテスト」受賞作品発表 [2023年02月28日(Tue)]

恵山岬灯台活用協議会は、2022年9月から2023年1月まで「恵山岬灯台Instagramフォトコンテスト」を実施しました。初の試みにもかかわらず122点ものご応募が集まり、関係者一同感しています。ご応募くださった皆様、ありがとうございます!
この度厳正な審査によって最優秀賞1点、優秀賞3点、入賞を選定いたしましたので、発表します。
なおこの取組みは、灯台の存在意義を高め、灯台を起点とする海洋文化を次世代へと継承していく「海と灯台プロジェクト 新たな灯台利活用モデル事業」の一環です。


【最優秀賞】

image2.jpg

撮影者:chabo_pekingeseさん



【優秀賞(3作品)】

image4.jpg
撮影者:ekokuganさん

image1.jpg
撮影者:birdcatcher1223さん

image3.jpg
撮影者:セブンさん


<入賞作品>

恵山岬灯台a-aiine.jpg
撮影者:a_aiineさん

ブルーアワーの恵山岬.jpg
撮影者:チキンラーメンさん

1676643176788.jpg
撮影者:bow_bow_photosさん

IMG_20230219_232724_826.jpg
撮影者:華子さん

image0.jpeg
撮影者:益井 幸さん

72128563-0A2B-4570-8DEF-90BF4A094C8B.jpeg
撮影者:tami_ _ _photoさん

unnamed.jpg
撮影者:ドイツの女さん

unnamed (1).jpg
撮影者:ri.o8oさん

321653276_1241783853037460_7532719514158534915_n.jpg
撮影者:holyknight_92さん



<「恵山岬灯台Instagramフォトコンテスト」実施概要>

▼実施者
主催:恵山岬灯台活用協議会
共催:日本財団 海と日本PROJECT、海洋文化創造フォーラム

▼募集テーマ
#恵山岬灯台に行こう

▼受付期間
2022年9月21日〜2023年1月31日

▼応募作品数
全122点。Instagramにてハッシュタグ「#恵山岬灯台に行こう」でご覧いただけます。

▼審査員
佑木瞬 氏(ドキュメンタリー写真家)
野村新吾 氏(フォトグラファー)

▼賞・賞品
最優秀賞…ホテル恵風宿泊券5万円分
優秀賞3名…函館の海の幸1万円セット


<審査員講評>

◆佑木瞬 氏(ドキュメンタリー写真家)
私は今回の審査や、実際に恵山岬に行ってみて、灯台に被写体としての面白さを感じました。工夫の余地がたくさんあることが、応募作品の多様性につながったと思います。
最優秀賞のchabo_pekingeseさんの作品は、ありのままの楽しさが伝わってくる作品で素晴らしいです。写真的に言うと灯台横の鉄塔の処理に困るのですが、それすら自然に見えるくらい風景に楽しそうな家族が溶け込んでいるように感じました。
優秀賞のbirdcatcher1223さん、ekokuganさんの作品は風景写真として非常に高度です。無駄のない構図と日の出の瞬間を切り取っているところが素晴らしいと思います。

◆野村新吾 氏(フォトグラファー)
選考の主眼においたのは、テーマ「#恵山岬灯台に行こう」です。楽しさ、美しさ、荘厳さなど、恵山岬灯台の魅力がしっかり出ていて、見る人に「行きたい」と思わせる作品を選びました。
最優秀賞chabo_pekingeseさんの作品は、子どもたちとお父さんの声が聞こえてくるような楽しい写真です。プロが撮ろうと思ってもなかなかこういう自然な感じにはならないですね。そのまま広告にも使えるのではないでしょうか。優秀賞のセブンさんの作品は、下から見上げるダイナミックな構図がいいです。年に1度のイベント(灯台一般開放)の日に撮られた写真で、飾られた旗が白い灯台に影となって映って美しいですね。


<主催:恵山岬灯台活用協議会より>
私たちの想像を超える力作をお寄せいただき、応募者の皆様に、心より御礼申し上げます。本フォトコンテストは、灯台の利活用研究の一環として実施しました。朝、昼、夜、晴天、曇天、雨天…さまざまなシチュエーションにおける写真を通じ、恵山岬灯台の魅力を再認識することができました。
130年以上もの間、津軽海峡のゲート役として海の安全を守ってきた恵山岬灯台には、実は知られざる物語やトリビアがあります。応募作品の力もお借りしながら今後、恵山岬灯台のPRに務め、ひいては函館市東部エリアの活性化を図っていきます。

→恵山岬灯台活用協議会の団体情報や、2022年度実施計画についてはこちら
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント