CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

本当は社会貢献でメシが食いたい

広島で会社員をやりながら、細々とボランティアしたり、市民活動に関わったり応援したり。それらの活動記録を残していけたらなと思います。興味のある分野は、震災復興、除染、環境教育、中間支援、社会起業、ファンドレイジング、エトセトラエトセトラ…。


「かざして募金」をドコモで試してみました [2014年04月14日(Mon)]
先日来、ファンドレイジング協会のメールマガジンで、ソフトバンクモバイルさんがローンチした、「かざして募金」が話題に上がっていました。
「かざして募金」のサイトはこちら。
http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/

この「かざして募金」のキャッチは、「スマホをかざすだけで募金ができます」というもの。


…マジですか?


以前、ICOCAなどのICカードを通じて、募金ができる仕組みがあったら面白いだろうなぁと思ったことはありましたが、スマホをかざすだけで募金、だなんて、と、一瞬意味が分かりませんでした。
とは言え、私は大学に入って、当時投げ売り状態だったノキアのドコモの携帯(しかも1.5GHz)に触れて以来、仕事で持たされる場合等を除きずっとドコモに操を立ててきた私としては、「面白そうだけど、どうせドコモには関係ないんだろ」と思っておりました。
まさに「ごめん。私ソフトバンクじゃないから…」状態。

だったのですが、先日、このアプリが「ソフトバンク以外のスマホでも使える」と知り、さっそくワシのARROWS NX F-06Eにインストールさせていただきました。
Screenmemo_2014-04-10-06-18-17.png
この携帯、スクリーンショットが撮れるので、すごい便利なんですよね。
まるで、富士通のステルスマーケティングみたいですが(笑)

使い方としては、「かざして募金」アプリを起動した後、登録された寄付先の、ポスターやパンフレットに書かれているロゴマークにスマホをかざす、というもの。
とは言え、なかなか身近に登録された寄付先のポスターなんて見つからないので、どうするべ、と思っていたところ、サイトに「かざして募金」の寄付先として参加している非営利団体と、その団体のかざす対象を示したPDFがちゃんと置いてあるじゃないですか。
そんなわけで、この「かざして募金」にコメントを寄せている鵜尾さんに敬意を表して、日本ファンドレイジング協会を実験台に、かざして募金を試してみました。
Screenmemo_2014-04-14-00-05-26.png

が、ここで思いもよらない事態が…

「かざして募金」のサイトにリンクされてある、日本ファンドレイジング協会のロゴイメージのリンクをクリックして、PDFを表示させたまではよかったのですが、なかなか「かざして募金」アプリが認識しない…。
Screenmemo_2014-04-14-00-13-30.png
何度か試してみたのですが、どうもうまくいかない。
たまに認識されることがあっても、他の団体の寄付サイトへと飛んでしまう…。

うーむ。まだまだ発展途上のアプリなのかな…と思い、残念なご報告をブログに書かなければならないと思っていたのですが、「まてよ、PDF形式ということは、印刷されることを前提にしているんじゃないか」と気づいたので、表示させたPDFのイメージを印刷して、再度チャレンジ。
IMG_20140414_001640.JPG
実際に印刷したイメージを相手にかざして募金をすると…

Screenmemo_2014-04-14-00-11-21.png
キター(゜∀゜)ー!
なるほど、紙媒体でプリントアウトされたのを対象にすると、ちゃんと認識するんですね、と一安心しました。
尚、募金については、ソフトバンクのスマホの場合は携帯電話料金と一緒に支払いなのですが、ソフトバンク以外では、クレジットカードでの支払いになります。

そういえば、FRJ2014で、ソフトバンクのチャリティホワイトが特別賞をとった時、「携帯電話は、思った時に思ったことを、共感できるツール」と言ってたなぁということを思い出しました。
まだまだ課題はありますが、この仕組みが広まっていき、思い立った時に寄付ができる。そんな時代が来たら、面白いだろうなぁと、楽しみにしています。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

新渕さんの画像
https://blog.canpan.info/enubuchi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enubuchi/index2_0.xml