CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

本当は社会貢献でメシが食いたい

広島で会社員をやりながら、細々とボランティアしたり、市民活動に関わったり応援したり。それらの活動記録を残していけたらなと思います。興味のある分野は、震災復興、除染、環境教育、中間支援、社会起業、ファンドレイジング、エトセトラエトセトラ…。


せのがわおひさま市民発電所 [2013年11月25日(Mon)]
前回アップした、「綿から糸を紡ぐ」の記事。お陰様でたくさんの「いいね」をいただき、誠にありがとうございます。

ガンジーのチャルカとカディの運動のことを知ってから、足るを知ること、自給自足のこと、そして意思表示をすることについて、色々と思う事が出てきています。

たとえば原発の是非。
割とデリケートな問題だと思いますので、できるだけ中立を保つスタンスで記事を書かせていただきます。

多分、「日本を人も住めないような空間線量にしたいから、事故が再発する事を願って原発を再稼働させたい」と思っている政治家は一人もいないと思いますよ。
と言うより、そんな人が日本で政治家をしていてはマジで困る(笑)
あくまで私の予想(邪推?)なのですが、海外から燃料買って国富を流出させたり電力会社や協力会社の食い扶持を奪ったり工場に高い電気代押し付けたりまだまだ歴史が浅くて自分もよくわかってない再生可能エネルギーの推進のために予算をつぎ込んだり何なりしてしまった挙句、有権者・支援者の負担を増やして反感を買ってしまったがゆえに、次の選挙で落選させられて、せっかく得た様々な権益を失いたくない。
…という思惑を、「国益のため」とか「責任」とかいう言葉で代弁しているんだと思いますよ。
なので、脱原発に燃える皆様は、それらの要因を取り除いてあげればいいし、原発推進派の人は、前述の恐怖をより一層煽ればいい。

もし本当に脱原発を目指すのであれば、個人的には、貴重な土日を費やしてデモ行進をすることも大切なのかも知れないですが、一番なのは「エネルギーの問題は自分達の自治で解決できるから、どうかご心配なく」という事例と実績を増やせばいいと思うんです。
で、「自分たちでエネルギーを作り出すのって楽しいかも」という体験をさせるとともに、「もしかしたら電力の問題は、電力会社や国に頼らずに、何とかできるかも」って人を増やしていけばいい。
で、ゆくゆくは、自由にエネルギー源を選択できるような社会になれば、自分たちの意に沿うようなエネルギー源をもとにして活動を行っている企業の商品やサービスを応援できるようになればいい。

そんな考えや思いがあってかどうか、までは私の知るところではありませんが、日本各地で、市民参加型の発電所や、エネルギーの会社が、ちょくちょく増えつつあります。
有名なところと言えば、長野にあるおひさま進歩エネルギーさんや、それこそ広島の隣、岡山にある、備前グリーンエネルギーさんなど。
以前岡山にちょっと住んでいた時に、備前グリーンエネルギーさんに関わっていらっしゃる方とご縁をいただいたこともあり、広島に戻った際に、「岡山は進んでいるのに、広島ときたら…」と思っていたこともありました。

が、先日、「瀬野の方に、市民参加型の発電所があるよ」という情報を入手。
googleで調べたら、どうやら「せのがわおひさま市民発電所」と言うらしい。
facebookにファンページがあるので、そこでいくつかの情報を手に入れることはできたものの、正確な住所まではわからない。
とは言え、気になるので、手がかりをもとに、気分転換も兼ねてカブを走らせていったら…

DSC_0115.jpg

遠目から、それらしき太陽光パネルを発見。
もしかして、と思い、早速近づいて行ってみると、

DSC_0113.jpg

おお。確かに、「せのがわおひさま市民発電」と書かれている!
しかも、畑or休耕田だったっぽいこともあり、農業もしてる!(笑)

丁度私が行ったときに、敷地内にいらっしゃった人がいたので、撮影許可の依頼も兼ねて、いろいろお話をさせていただきました。

今まで、「広島という土地柄は保守的だから、こういう市民参加型の発電所とかは難しいだろうなぁ…」なんて思っていた分、本当にこういう市民参加型の発電所がある、ということに感動させられました。
このような市民発電所が各地に根付き、実績を挙げていけば、いくら想像力の乏しい方々でも、「ひょっとして、再生可能エネルギーで、この国何とかなるんじゃないか」という発想になっていくんじゃないか、と思います。
逆に、「もっと原発を推進したい!国は生ぬるい!」と思っている人がいれば、市民参加型の原子力発電所、なんてのも、ひょっとしたら出来ていくのかもしれない。

なお、実は筆者は、先日、「電気主任技術者第三種」試験(俗にいう電験三種)に合格いたしまして、現在免状を申請中でございます。
「せのがわおひさま市民発電所」くらいの規模の発電所であれば、電気主任技術者は不要らしいのですが、もしかしたら、電験三種、あるいはそれ以上の資格保持者が必要となるような市民発電所が、ちらほら出てくるのかもしれない。
もしかしたら市民発電所が雨後のタケノコのように出てくるような状況を快く思わない団体が、「電験三種以上の資格保持者に管理を云々」なんて潰しにかかってくるかも知れない。

そんな時のために、スキルを今まで以上に磨いていきたいと思っております。
綿から糸を紡ぐ(後編) [2013年11月07日(Thu)]
前回までのあらすじはこちら。

…というわけで、「おやイスト」のIさんに、糸紡ぎの教えを乞うことになった筆者。
大槌までのボランティアから広島へ帰ってきた後、即待ち合わせ場所へ。
糸紡ぎの経験がないこともさることながら、面識があるとはいっても、Iさんとは、そこまで深い知り合いというわけではない。
電話口からの印象は優しそうだとは言え、もしすごい気難しい人だったらどうしよう…と内心ビクビクしながらお会いしたのですが…その点は杞憂で、懇切丁寧に糸紡ぎの方法を教えて頂きました。

なお、糸紡ぎの方法は、以下の通りです。
(Iさんに教えていただいた方法に、一部筆者なりのアレンジが入っております。)

1. まずは、綿の実から、種を取り出します。
DSC_0090.jpg

2. ペット用のブラシ(もしあればカーダー)に綿を乗せて梳くことで、綿をほぐします。
DSC_0094.jpg

DSC_0097.jpg

3. ほぐした綿を一つにまとめて、スピンドルの先端にひっかけて、5〜10回ぐらい一定方向に回して、よりをかけます。
よりがかかったら、スピンドルを引っ張り、綿を引き出し、また5〜10回ぐらい一定方向に回してよりをかけ、スピンドルを引っ張って綿を引き出します。
DSC_0099.jpg

1374074_638652749520681_793531141_n.jpg

あとは、3.の作業の繰り返しです。

とは言え、ところどころダマになったり、どうしても糸が太くなったり、逆に細すぎて途中で千切れてしまったり、最初のうちは思ったような糸は作れない。
Iさんから「あとは慣れですよ^^」という励ましの言葉をいただき、何とかぺあせろべ当日までには間に合わせるんだ!という思いで、何としてでも人に教えられるレベルまでマスターするんだ!という、試行錯誤の日々でした。

そして迎えたぺあせろべ当日。

お酒を売りたい、それ以上に飲みたいという衝動を抑えつつ、予定通り私はものづくり教室の木綿糸づくりを担当。
当初、ものづくり教室の対象者は、小学生以下の親子連れを対象としていたのですが、それ以上にご年配のご婦人方へのウケがよく、まずまずの滑り出しかな、と思っていました。
しかし、しばらくすると、やはり今まで慣れた日本酒の販売ではないこともあり、なかなかうまく呼び込みができず、何人かは来てはくれるものの、思ったほど糸紡ぎの体験までは挑戦してくれない状況。
おまけに、通りがかりの人に、「あっち(隣の会場で同日に開催していたフードフェスティバル)のブースでも、同じような事をやっていましたよ」とのお言葉まで。
聞いたところによると、向こうはブースを出しているのが知名度・資金力・影響力の面で、悔しいけれども青技交の比ではない某放送局であったり、綿実から種を取る道具(綿繰り機)があったり、綿の鉢ごと販売していたりと、こちらよりかなり先を行っている模様。
「『フード』フェスティバルちゃうやん…」などと思いながらも、一方で、そんな影響力を持っている方々まで、「綿」というのに着目していた、ということに、「そうか。時代は『綿』なんだな」などと、何とも言えないシンクロニシティを感じさせられました。

とは言え、綿から糸を作るデモンストレーションをしてみると、興味を持ってくれる人がちらほら出てきて、ブースの来場者数も尻上がりに上昇。
それと同時に、私の木綿糸づくりのスキルも上昇(笑)
結局は、成功裏のうちに終わった、今年のぺあせろべでの「ものづくり」教室でした。

残念ながら、この「ぺあせろべ」は、今回の30回目の開催で区切りをつける、ということになり、来年度以降は行われない予定。
とは言え、ものづくり教室も、木綿糸作りも、何らかの形で、継承していくことが出来たらと思っております。
(そして、日本酒の販売も(笑))

さて、私が「綿」のものづくりを担当し、「ぺあせろべ」という名の国際交流フェスティバルに参加していく過程で、一人の偉大な人物に、思いを馳せました。
その人物の名は、「モハンダス・カラムチャンド・ガンジー
非暴力、不服従を信念として、インドを独立へと導いた、「マハトマ・ガンジー」その人です。
(マハトマ、というのは、「偉大なる魂」という意味の、ガンジーの尊称。)

よく誤解されがち、というより、私自身が誤解していたのですが、ガンジーが唱える「非暴力主義」は決して「無抵抗主義」ではなかった、ということです。

イギリスの産業革命により、安価な木綿糸と布が入ってくるようになった余波で、壊滅的な被害を受けたインドの綿産業。
政治的にも、経済的にも、イギリスへの隷属を強いられてきたインドが、経済的な自立と自信を取り戻すことができた要因の一つは、ガンジーが主導した、チャルカ(糸車)とカディ(布)運動でした。
自分たちで糸を紡ぎ、自分たちで布を織り、自分たちで服を作り上げることで、自分たちを支配しようとする国が押し付けてくる、安価な海外製品を不買し、駆逐する。

かくして、偉大なる魂が、暴力を用いることなく、インドを独立へと導いた、という事実は、その偉大なる魂こそが、実は何者にも勝る闘志の持ち主であったと思わせられるとともに、社会的課題を解決する上で、大いに参考となるモデルケースであったと思うのです。

"You should be the change that you want to see in the world."
(Mohandas Karamchand Gandhi, Mahatma 1869-1948)
綿から糸を紡ぐ(前編) [2013年11月03日(Sun)]
例年、私がご縁をいただいている、日本技術士会中国本部 青年技術士交流会(以下、青技交)では、主なイベントとして、小学生の夏休みに合わせた社会貢献活動(今年は「電気を知ろう」というテーマで科学教室を開催)と、10月に広島市内で開催される国際交流フェスティバル「ぺあせろべ」に合わせた、日本酒の販売・およびものづくり教室を開催しています。
(今年行った夏休みの科学教室については、実はブログにアップするタイミングを逸してしまったので、機会があればアップしたいと思っております。)

今年も、10月27日に、国際交流フェスティバル「ぺあせろべ」で、日本酒の販売と、モノづくり教室を行いました。

今年のものづくり教室の内容は、青技交のメンバーの中で、綿を栽培している人がいるという関係から、綿を使って何かをしようということに。
実は、今まで私は、日本酒の販売をメインにしてきたため、最初そのことを聞いた時は、「へー」という程度だったのですが、突如サブリーダを仰せつかってしまい、初めてものづくり教室を担当することに。

いやぁ。人を巻き込むには、「他人事(ひとごと)を自分事にさせる」だとか、無理やりにでも役職を割り振るだとか言いますが…これで一気に「ものづくり」「綿」というテーマが、私にとって自分事になってしまったわけです(笑)

当初は、綿から糸を作って、その糸をもとに、アッ!というものを作ろう、と思っていたのですが、よくよく考えてみると、木綿糸は綿から作られている、というのは知っていても、では綿からどうやって木綿糸が作られているのか、というのを詳しく知っているわけではない。

というわけで、まずどのように糸が作られているのか知ろうということで、Wikipediaや、YouTubeや、それらしきサイトで色々情報収集をしていくうちに、どのように作られているか、というのはわかりつつあったけれども、木綿糸を作るからには、最低限自分でできなくてはいけない。
どうやら、スピンドル(紡錘ごま)という道具を使うのが、一番プリミティブだな、と判断して、じゃあスピンドルがどのようなものか、実際手に取ってみよう、ということになったわけです。

しかし、広島市内のいろいろな手芸店をまわって「スピンドルありませんか」と尋ねても、扱ってないですねー、の一言orz.
じゃあ実際に手紡ぎのワークショップを云々、という人だったら持っているんじゃないかと、「スピンドル扱ってませんか」と尋ねても、にべもない答えorz..
もしかしたらフェアトレード系、エスニック系の雑貨店で扱っているんじゃないかと思い、それ系の店に行ってみたり、心当たりがありそうな人に聞いてみたりしても、成果はなしorz...
最寄りでこの手のものを扱っている可能性がある店がないかと思い自分なりに調べてみたところ、わかったのは(広島市内から100キロ以上離れた)福山や井原に、そのようなものを扱っている可能性がある店がある、くらいorz...

通販で買えばすぐだったのでしょうが、どういうわけか、「安易な解決方法を取ったら負け」という、今考えれば妙なプライド?もあり、さて、どうするべ、となったわけです。

もしかしたら、広島の市民活動団体、特に作業所さん等で、このような手紡ぎの活動をしている団体があるかも知れない、と思い、ひろしまNPOセンターのM氏を訪ねてみて相談してみたところ、「おやイストのIさんが、子ども向けにそういう活動をしているよ」との回答。
そういえば、おやイストのIさんとは、以前、ソーシャルビジネスのミーティングで、ご縁をいただいたし、名刺も交換している。
そんなわけで、お電話をおかけして、糸の紡ぎ方を教えていただけないかお願いしたところ、なんとなんと!快く引き受けていただき、糸の紡ぎ方を教えてくれることになりました。

改めて、持つべきものは、人のご縁だな、とつくづく感じさせられました。

(つづく)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

新渕さんの画像
https://blog.canpan.info/enubuchi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enubuchi/index2_0.xml