CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

本当は社会貢献でメシが食いたい

広島で会社員をやりながら、細々とボランティアしたり、市民活動に関わったり応援したり。それらの活動記録を残していけたらなと思います。興味のある分野は、震災復興、除染、環境教育、中間支援、社会起業、ファンドレイジング、エトセトラエトセトラ…。


マザーハウスでカバンを買いました。 [2013年07月15日(Mon)]
かれこれずっと使っていた、私が愛用しているカバンが限界にきたので、一念発起して、マザーハウスのカバンを買いました。

マザーハウスと言えば、ご存知の方も多いでしょうが、山口絵理子さんが、学生時代、バングラディシュを訪問した際、「ジュート」という素材に惚れ込み、それでバッグを作ったという、「社会的企業」の例でよく話題にあがるバッグのブランドですね。
(もっとも、山口さん自身は、マザーハウスが「社会的企業」にカテゴライズされることには困惑されているみたいですが…)

私は一度、岡山で講演会があった時に、お見かけすることができたのですが、とてもじゃないが名刺交換なんかできるような会場設定でも雰囲気でもなく。
それに、バッグとは言っても、女性向きだろうしなぁ…なんて思っていて、私自身がここのバッグを持つような縁はないだろうなぁ思っていたのですが、先日まで愛用していたカバンが限界近くになった際にふと調べてみたところ、しっかり、男女兼用のものもあることも知り。
でも、広島には店舗がなく(最寄は、東は大阪、西は福岡)、通販で買うこともありだけど、やはり現物を見たいなと思っていて、実家が川崎だし溝の口にも店舗があるみたいだから、その時にでも買いに行くかと思ったのですが…それ以上にカバンの限界が早くきてしまったので、久々に博多のモツ鍋でも食べに行きたいなという思いも湧いて、マザーハウスの福岡店に行ってまいりました。
ちなみにマザーハウスのサイトはこちら。
http://www.mother-house.jp/

マザーハウス福岡店の場所はこちら。
(福岡市営地下鉄天神駅のそばです。)
http://www.mother-house.jp/blog/shop/fukuoka/

11時に開店するや否や店に飛び込み、店内を見てみると、あれ、意外に革製品が多い…。
どうやら、バングラディシュは、皮革産業も盛んらしいです。
でも、山口さんの著書などに感銘を受けて来店した人は、やはり「最初はジュート」って人が多いとのこと。
…はい。私もそうでした(笑)

私が買ったのは、こちらのメッセンジャーバッグ。
http://www.mother-house.jp/collection/brand/mh/mhbag/mhshoulder/mc00024.php

リンクじゃなくて、実物が見たい、という人はこちら。
988249_481289155281496_1942024932_n.jpg

撮影した場所が飲食店内で、人の身体の一部が写ってしまい、トリミングをしたらこんな形に…
ともあれ、モノとしては、カバンとしても使え、リュックとしての使い方もでき、私が重視していた収納も十分で申し分がなく、ポケットもあって筆刺しもありで、私がほしい機能は十分に備えている。

おまけにビックリしたのは、「品質保証カード」
正常の範囲で使用していれば、三か月は無償で修理or交換が可能で、補償期間を過ぎても、有償で修理が可能とのこと。
…バッグメーカーとしての意気込みを感じます。
もしかしたらちゃんとしたカバンの店とかでは「当たり前」なのかもしれないけれど、そこには、「社会的にいいことやっているんだから…」とかそういう甘えは一切感じない。
寧ろ、「途上国発のブランド」だからこそ抱かれがちな、「安かろう悪かろう」というイメージに真っ向から対立しているなぁと。
…バッグメーカーとしてのプライドを感じます。

安かろう悪かろうでを補填するために社会性を売りにするのではなく、多くの企業が効率を追い求めたゆえに見向きされなくなった宝を最大限に活かし、社会性を内包させ、あくまで商品本位で戦う。
そんな姿勢を感じました。

で、マザーハウスさん…。
そろそろ広島にも出店してくれませんかね…。

おまけ

マザーハウスのソーシャルポイントカード
ポイントがたまると割引券として使え、「かつ、1000円が社会貢献事業に使われます」という、ワシをマザーハウス漬けにする気か!と思ってしまうカードです。
そういえばワシの財布もかなりボロボロ…

2013071521120000.jpg
南相馬市での震災復興ボランティア [2013年07月08日(Mon)]
6/8に復興ボランティアツアーに参加して、南相馬市まで行ってきました。
今回利用したのは、JTBさんの東北応援ボランティアバスパック。
http://www.jtb.co.jp/shop/ShopOther.aspx?shopid=400&branchno=12

旅行会社主催のボランティアツアーは初めてでしたが、私自身震災復興ボランティアに何度か参加しているのと、志を同じくするボランティアの同志ばかりだったことから、全くのお一人様でも不安なく参加させていただきました。

今回のボランティアのフィールドは、南相馬市は小高区。
https://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%8D%97%E7%9B%B8%E9%A6%AC%E5%B8%82%E5%B0%8F%E9%AB%98%E5%8C%BA&oe=UTF-8&ie=UTF-8&ei=6L3aUY-JLtGYiAfn4YHIBQ&ved=0CAoQ_AUoAg

この小高区は、福島第一原発から20km圏内にあることから、原発事故発生後、約一年間立ち入りができなかった。
線量が高くないにも関わらず、20km圏内にあったから、という理由でだ。
つまり、他の地域と比較して、復興が一年分の遅れを取っている、とも言える。
同じ福島県内でも、20km圏外にありながら、小高区より高い空間線量にさらされている現実を直視し、お上を頼らずに除染活動に取り組んでいる団体もある中で、一口に「福島の震災復興」とはくくれないのだな、と感じた。

ボランティアの活動内容は、小高区のとある地域にある民家と休耕田の草刈りをした。
活動中、仮設トイレでの休憩のために立ち入った幼稚園・小学校には、日付が2010年の張り紙。校庭と花壇はは草がぼうぼう。
目新しいのは大型の線量計だけ。
DSC_0623.JPG

これらを見ると、原発事故は、大変なものを引き裂いていったのだな、と感じました。

などと、後味の悪さを感じつつ、ボランティア活動の後は、南相馬市内の新田川温泉で汗を流してきました。

その後は東京でバスツアーは解散。大阪行きの夜行バスに乗り、大阪からは広島行きのバスに乗り、0泊3日の南相馬市への復興の旅を終えましたとさ。
寄付つき自動販売機 [2013年07月01日(Mon)]
「<自動販売機>寄付つきが注目 日常的に社会貢献」(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000018-mai-soci

飲み物を買うと、その売り上げの一部が寄付される自動販売機の設置が進んでいるようですね。
気張らずに、さりげなく、コツコツできるのがいいのではないかと。
リンク先の記事は都内のものですが、私が以前北海道旅行に行った時にも、旭川市内で偶然こんな自動販売機を発見いたしました。
見づらくて申し訳ありませんが…

DSC_0547.JPG

この自販機で飲み物を買うと、売り上げの一部が、旭山動物園の、「あさひやま”もっと夢”基金」に寄付されるというもの。
寄付された基金でどうしているかというと、新施設の建設や大規模な修繕など、動物園内のインフラ整備に活用されてきた、とのこと。
今でこそ日本一の入場者数を誇る動物園であるが、やはり地道な資金獲得活動をしているのですね。

でも、実は私が一番「おおーっ」と思ったことは、「寄付されたお金が、どのように使われてきたか」ということを、しっかり明記していること。
それも、単に「施設整備」とかではなく、「オオカミの森」、「爬虫類舎」といった、イメージの湧きやすい形で。

これがあるから、今までその自販機で買い物をした人にも実感がわくし、これから買い物をする人にも、どのように役立つのだろう、というワクワクにつながるのかもなー、と、ふと思いました。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

新渕さんの画像
https://blog.canpan.info/enubuchi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enubuchi/index2_0.xml