CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

本当は社会貢献でメシが食いたい

広島で会社員をやりながら、細々とボランティアしたり、市民活動に関わったり応援したり。それらの活動記録を残していけたらなと思います。興味のある分野は、震災復興、除染、環境教育、中間支援、社会起業、ファンドレイジング、エトセトラエトセトラ…。


FRJ2015に参加してきました [2015年03月02日(Mon)]
2月14日から、15日にかけて、日本最大のファンドレイジングイベント、「FRJ2015」に参加してきました。

2月14日は、オープニングが終わった後、3つのセッションと、寄付教育シンポジウムと、准認定・認定ファンドレイザーのギャザリング、そして懇親会(および二次会)
2月15日は、3つのセッションと地域別ギャザリング、クロージングに参加してきました。

昨年同様、写真を撮ってるヒマなんかねぇ!ってくらい、素晴らしいご縁と、学び、気づきを頂きましたので、例によって、文章中心での報告(というよりむしろ感想文?)ですので、ご了承のほどを。

2/14
・オープニングセッション
Philanthropy〜♪

・地域を巻き込むファンドレイジング 共同募金が新しい挑戦をする理由
各県の共同募金会で活躍中の、3名のファンドレイザーからの活動報告。
私自身、共同募金について知らなかったこと、誤解していたことがある一方で、各地でクーポンや、ゆるキャラとのタイアップ、「共同募金は地域のために使われる」ことを活かした同業他社との差別化など、なるほどという事例がございました。
看板・威光を存分に見せつけて「お願いします」というよりも、「一緒に考える」ことが、今後、より大切になっていくんだろうなぁ。

・CFR・ACFRギャザリング
認定ファンドレイザー、准認定ファンドレイザーの資格所持者が集まるギャザリング。
遅れて参加したこともあり、出来上がっている状態の会場に入るのは、借りてきた猫状態でございました。
Philanthropy〜♪

・伝えるコツ
今やFRJの定番かつ人気セッションになっている、電通マン仕込みの、プレゼンテーションの極意。一言一言がズシンときます。
コミュニケーションの基本、大原則は「めいっぱい、考える」とおっしゃってましたが、確かに考えれば考えるほど、アイデアが洗練され、切り口が鋭くなってくるなぁと感じます。
大変だけれども、だれでも出来ることなんですよねぇ。
私なんかは、うまく伝わらないと「不勉強なやつが悪い」と思ったりすることが幾度となくありましたが、そんな人にも伝えられるよう「めいっぱい、考える」ようにしていかないとですね。

・キーパーソンとつながりを持つ方法
「ググってウィキして会いに行け。会ったらスマホで縁つなげ」で有名な、久米信行さんの、2010年代の人たらし術、もといコミュニケーション術。
中村文昭さんの、「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ」により、運命が大きく開けた感のあるワシとしては、中村さんと比較して、久米さんのコミュニケーション術のほうが、より社会に与える「巻き込み力」が大きいかなと思います。
早速、「今日、参加した人は運がいいですねー。」は、使わせていただきました(笑)
北斎美術館楽しみにしてます。

寄付教育シンポジウム
個人的には、寄付教育は環境教育には含まれないが、寄付教育はESDに含まれる、と考えているので、「市民の思いをベースとした、持続可能なコミュニティづくり」のためにも、寄付教育のインストラクターになって、啓発していけたら面白いだろうなぁ…などと思ってます。

2/15
・寄付、社会的投資そしてファンドレイジングの未来
冒頭に鵜尾さんが「このテーマを語る上で、これ以上のメンバーはいない!(キリッ)」とまで言った、そうそうたるメンバーが語る、「社会を変えるお金の使い方」の未来。
登壇者の一人である、元東大学長の小宮山氏が、「ピケティは世界政府を作って富裕層に課税しろ、って言っているけれども、本当は寄付なんだよね」というニュアンスの言葉を聞いた時、私は心の中で、「おおおー!」と叫んでしまいました。
なんてことだ。答えは既にこの国で出ているじゃないか。

・GoodとLikeのコミュニケーション
寄付者が寄付してくれるには、寄付者なりの理由がある。そして、それは、GoodとLikeに大別される、という切り口に「お見事!」と感じたセッション。
この切り口を教えてもらって以降、私が積極的にかかわっているプロジェクトに寄付して頂いた方に、「なんでこの人応援してくれたんだろう」と考えるようになってしまっています(笑)

もう一つ、ハッとさせられたのは、「資金調達」と「ファンドレイジング」の違い。
100万円の資金を得るのに、1人から100万円をいただくのは資金調達。100人から1万円づついただくのがファンドレイジング。
「ファンドレイジングって何?」と聞かれて、「平たく言うと資金調達」と言ってきたワシは、言葉の使い方に気を付けなければならないと感じさせられました。

・日本をソーシャルデザインする
ワシも愛読しているソーシャルグッド系メールマガジン”greenz”のお話。
予てから中の人がどんな人なのか知りたいと思っていたこともあり、今まで以上に、greenzというメルマガに興味を持てたように思います。
「ほしい未来は、つくろう」

・クロージングセッション
ファンドレイジング大賞と特別賞の発表。
大賞は、「日本グッド・トイ委員会」さん。
沖縄への出張中だったのに、受賞のため、東京に戻ってきたそうです。

この大賞は、いくつかの候補の中から、認定・準認定ファンドレイザーの投票により決定されるのですが、実は私も、日本グッド・トイ委員会の多田理事長が東京へ戻る原因を作ってしまった一人です(笑)

また、特別賞は、古本寄付を行っている「バリューブックス」さんがいただきました。

DSC_0701.jpg
「かざして募金」をドコモで試してみました [2014年04月14日(Mon)]
先日来、ファンドレイジング協会のメールマガジンで、ソフトバンクモバイルさんがローンチした、「かざして募金」が話題に上がっていました。
「かざして募金」のサイトはこちら。
http://www.softbank.jp/corp/csr/donation/instance_01/

この「かざして募金」のキャッチは、「スマホをかざすだけで募金ができます」というもの。


…マジですか?


以前、ICOCAなどのICカードを通じて、募金ができる仕組みがあったら面白いだろうなぁと思ったことはありましたが、スマホをかざすだけで募金、だなんて、と、一瞬意味が分かりませんでした。
とは言え、私は大学に入って、当時投げ売り状態だったノキアのドコモの携帯(しかも1.5GHz)に触れて以来、仕事で持たされる場合等を除きずっとドコモに操を立ててきた私としては、「面白そうだけど、どうせドコモには関係ないんだろ」と思っておりました。
まさに「ごめん。私ソフトバンクじゃないから…」状態。

だったのですが、先日、このアプリが「ソフトバンク以外のスマホでも使える」と知り、さっそくワシのARROWS NX F-06Eにインストールさせていただきました。
Screenmemo_2014-04-10-06-18-17.png
この携帯、スクリーンショットが撮れるので、すごい便利なんですよね。
まるで、富士通のステルスマーケティングみたいですが(笑)

使い方としては、「かざして募金」アプリを起動した後、登録された寄付先の、ポスターやパンフレットに書かれているロゴマークにスマホをかざす、というもの。
とは言え、なかなか身近に登録された寄付先のポスターなんて見つからないので、どうするべ、と思っていたところ、サイトに「かざして募金」の寄付先として参加している非営利団体と、その団体のかざす対象を示したPDFがちゃんと置いてあるじゃないですか。
そんなわけで、この「かざして募金」にコメントを寄せている鵜尾さんに敬意を表して、日本ファンドレイジング協会を実験台に、かざして募金を試してみました。
Screenmemo_2014-04-14-00-05-26.png

が、ここで思いもよらない事態が…

「かざして募金」のサイトにリンクされてある、日本ファンドレイジング協会のロゴイメージのリンクをクリックして、PDFを表示させたまではよかったのですが、なかなか「かざして募金」アプリが認識しない…。
Screenmemo_2014-04-14-00-13-30.png
何度か試してみたのですが、どうもうまくいかない。
たまに認識されることがあっても、他の団体の寄付サイトへと飛んでしまう…。

うーむ。まだまだ発展途上のアプリなのかな…と思い、残念なご報告をブログに書かなければならないと思っていたのですが、「まてよ、PDF形式ということは、印刷されることを前提にしているんじゃないか」と気づいたので、表示させたPDFのイメージを印刷して、再度チャレンジ。
IMG_20140414_001640.JPG
実際に印刷したイメージを相手にかざして募金をすると…

Screenmemo_2014-04-14-00-11-21.png
キター(゜∀゜)ー!
なるほど、紙媒体でプリントアウトされたのを対象にすると、ちゃんと認識するんですね、と一安心しました。
尚、募金については、ソフトバンクのスマホの場合は携帯電話料金と一緒に支払いなのですが、ソフトバンク以外では、クレジットカードでの支払いになります。

そういえば、FRJ2014で、ソフトバンクのチャリティホワイトが特別賞をとった時、「携帯電話は、思った時に思ったことを、共感できるツール」と言ってたなぁということを思い出しました。
まだまだ課題はありますが、この仕組みが広まっていき、思い立った時に寄付ができる。そんな時代が来たら、面白いだろうなぁと、楽しみにしています。
FRJ2014に参加してきました [2014年02月08日(Sat)]
今気づいたのですが、昨年11月末以来の記事だったんですね…。
皆様あけましておめでとうございます。(笑)

2月1日から、2日にかけて、日本最大のファンドレイジングイベント、「FRJ2014」に参加してきました。

2月1日は、オープニングが終わった後、4つのセッションと、准認定・認定ファンドレイザーのギャザリング、そして懇親会(および二次会)
2月2日は、3つのセッションとランチセッション、クロージングに参加してきました。

正直、写真を撮ってるヒマなんかねぇ!ってくらい、素晴らしいご縁と、学び、気づきを頂きました。
よって、写真は全くなく、文章中心での報告(というよりむしろ感想文?)ですので、ご了承のほどを。

2/1
・オープニングセッション
ファンドレイジングの本場、アメリカで、「モバイルファンディング」という仕組みを作った、ジム・マニス氏と、ウヰスキーの本場スコットランドから来た、バーナード・ロス氏のスピーチからスタート。
マニス氏は、「私はテクノロジストであって、ファンドレイザーではない」とおっしゃっていましたが、技術屋の端くれとして、このようなインフラを構築できる人は本当に尊敬できます。
ロス氏は、「備えておく」ことの重要性を、実演して証明していただきました(笑)

・「お金をください」って言えますか
(The Wealthy Mind マネークリニック認定トレーナー 浅井美絵さん)
題名からお察しの通り、「お金をください」と言いにくいであろう人が多く集まりそうなセッション。私も勿論その一人。
お金に対して、各人が持っている思い込みや抵抗感について、ワークを通じて実感するとともに、メンタルブロックの解き方のヒントを学びました。
私が持っていた、「お金をください」と言うときの抵抗感の源泉に気付くとともに、私がファンドレイザーとしてメシを食っていくには、この手のリテラシーは不可欠だろうなと実感。

・CFR・ACFRギャザリング
認定ファンドレイザー、准認定ファンドレイザーの資格所持者が集まるギャザリング。
認定ファンドレイザー所持者が、私が思っていた以上に増加していたことにビックリしました。
あとは、「ファシリテーション」について、とある大物の方からご教示をいただきましたが…ここでは書けません(笑)

・地域の夢を、あきらめない。
(コミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事 木村真樹さん)
「広島で、momoみたいなのをやってみたいんだよねー」とおっしゃっている方がいるのですが、じゃあmomoってどんな感じでやってるの?ということを学んだセッション。あ、momoってのは、愛知県を中心とするNPOバンクです。
10万人あたりのNPO法人認証数が、愛知も広島も40位より下。どちらも支店経済であること、産業構造が似ている点を考えると、広島でも将来活かせる場があるように思います。

・疑似私募債徹底解説
(多賀俊二さん)
広島は呉出身で、以前ご縁をいただいたこともある多賀さんのセッションなので、参加しないわけにはいかんだろうと思いましたが…准認定ファンドレイザーの試験の時も、試験範囲から外れていた(ハズ)こともあり、正直難しかったです(汗)
けれども、「密かに、しかし広く」使われている仕組みであり、疑似私募債を募り市民共同発電を行っている事例がある以上、大きな可能性を秘める資金調達手段なので知っておいた方がいいわけで。
今後少しでもついていけるよう、独自で勉強が必要だと感じました。
貸金業務取扱主任者のお勉強もそろそろしなきゃ。

・ソシモ論
(日本愛妻家協会事務局長 山名清隆さん)
以前、ファンドレイジング協会で、山名さんのお話を聞いたことはあったのですが、それ以来、更にパワーアップしているのだろうと参加してみましたが、案の定パワーアップしてました(笑)
以前お会いした時はどん底、今回も「赤い玉」がしぼみかけていた中で話を聞き、元気をいただきました。
ソシモ本の出版楽しみにしております。

2/2
・クラウドファンディング入門
(アーツマーケティング代表 山本純子さん)
実は、ブログに掲載していなかったのですが、FRJのおよそ一週間前、クラウドファンディングのミニセミナーをやったのですが、山本さんは本職とあり、講座の質は段違いでしたねorz
「クラウドファンディングはアンプであり、ショートカットではない」「クラウドファンディングは一番最後にやる」「永久的な負債を持つ覚悟」などは、ミニセミナーでもしっかり説明しておくべきだったなぁ…。
ともあれ、ミニセミナーと山本さんの講義で、よりクラウドファンディングに興味を持ったことは確か。

・戦略的な成長に活かすソーシャルメディア
(イケダハヤトさん、日本財団 山田泰久さん)
毎年FRJに参加してはアップデートしている、ソーシャルメディアの最新潮流。
これを毎年聞かないと取り残されるような不安があって、いわば○薬みたいになってます(笑)
今はブログ回帰の流れができているらしい。
昨年6月ぐらいからブログ始めたワシは先を行ってたんだな(笑)

・ランチセッション 独立系ファンドレイザーが語る「ファンドレイザーをお仕事にするということ」
(シン・ファンドレイジングパートナーズ代表取締役 河内山信一さん)
アメリカではちゃんとした産業になっている一方、日本ではどうなの?というのは気になるところ。
そして、独立系のファンドレイザーって、普段どんな風にお仕事しているの、というのも気になるところ。
その気になるところを、河内山さんの実体験から聞いてきました。
結論は、「飛び込むしかない、このブルーオーシャンに(笑)」

・法律の視点からファンドレイジングに必要なこと
(樽本哲さん)
ファンドレイザーたるもの、コンプライアンスも重要ですよね、という事で、「法律」という視点からみたセッション。
法律という切り口からファンドレイジングを見たのは初めてなので新鮮でした。
「取り組みが成功した時のイメージはよくできているが、万一に備える意識が低い」というのにはハッとさせられました。

・クロージングセッション
ファンドレイジング大賞と特別賞の発表。
大賞は、「京都地域創造基金」さん。地域のための資金循環、地域コミュニティファンドのロールモデルなのですが、「構想に7年を費やした」と聞いて、やはり「備えておく」ことが大切だなと、オープニングセッションのロス氏の言葉に戻りました。
特別賞はソフトバンクの「チャリティホワイト」に。「携帯電話は、思った時に思ったことを、共感できるツール」という言葉に、今後はより携帯電話を活用したファンドレイジングが盛んになっていくのだろうと感じました。

来年は2月14日・15日に開催されるらしいのですが、絶対参加するだろうなぁ…と、今から思っています。

IMG_20140208_031741.JPG
FRJ2014セッション配布資料とノート
寄付つき自動販売機 [2013年07月01日(Mon)]
「<自動販売機>寄付つきが注目 日常的に社会貢献」(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000018-mai-soci

飲み物を買うと、その売り上げの一部が寄付される自動販売機の設置が進んでいるようですね。
気張らずに、さりげなく、コツコツできるのがいいのではないかと。
リンク先の記事は都内のものですが、私が以前北海道旅行に行った時にも、旭川市内で偶然こんな自動販売機を発見いたしました。
見づらくて申し訳ありませんが…

DSC_0547.JPG

この自販機で飲み物を買うと、売り上げの一部が、旭山動物園の、「あさひやま”もっと夢”基金」に寄付されるというもの。
寄付された基金でどうしているかというと、新施設の建設や大規模な修繕など、動物園内のインフラ整備に活用されてきた、とのこと。
今でこそ日本一の入場者数を誇る動物園であるが、やはり地道な資金獲得活動をしているのですね。

でも、実は私が一番「おおーっ」と思ったことは、「寄付されたお金が、どのように使われてきたか」ということを、しっかり明記していること。
それも、単に「施設整備」とかではなく、「オオカミの森」、「爬虫類舎」といった、イメージの湧きやすい形で。

これがあるから、今までその自販機で買い物をした人にも実感がわくし、これから買い物をする人にも、どのように役立つのだろう、というワクワクにつながるのかもなー、と、ふと思いました。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

新渕さんの画像
https://blog.canpan.info/enubuchi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enubuchi/index2_0.xml