CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

本当は社会貢献でメシが食いたい

広島で会社員をやりながら、細々とボランティアしたり、市民活動に関わったり応援したり。それらの活動記録を残していけたらなと思います。興味のある分野は、震災復興、除染、環境教育、中間支援、社会起業、ファンドレイジング、エトセトラエトセトラ…。


一年半ぶりの岩手での復興支援ボランティア [2013年10月21日(Mon)]
10月15日、久々に復興ボランティアに行ってまいりました。
初めて復興ボランティアに参加したのが、「遠野まごころネット」さんを通じた、岩手でのボランティア活動。
昨年の1月、3月に足を運んで以来、しばらく岩手でのボランティアはご無沙汰になっていましたが、かれこれ約一年半ぶりに足を運ぶことが出来ました。
昨年の1月、3月にボランティアに参加した際の、メインの作業はがれきの撤去。
以来、なかなか岩手まで足を運べないでいるうちに、昨年10月あたりに、遠野まごころネットさんから、「がれき撤去の作業はある程度の区切りがついた」という案内があってからは、初めての活動参加となります。
(もっとも、昨年1月の時点でも、文献の修復作業等の、がれき撤去以外の作業にも参加させて頂いてはいましたが。)

今回の作業は、大槌町での、復興米の脱穀と藁束作り作業。
台風26号が接近していたのと、日によっては大槌でも霜が観測されるようになったということもあり、ある意味当日は収穫のラストチャンス。
当初は晴れ間も見えていたのがだんだん曇り空となり、何とか「雨降らないで〜!!」と祈りながら、藁束をせっせと作っておりました。
昼休みの時間も返上して作業をした甲斐もあり、何とか雨が降らないままに作業が終了。
収穫してあった米が干してあった田んぼは、見ての通りスッキリしてしまいましたとさ。
惜しむらくは、ビフォーを撮り忘れたことですが…。

DSC_0080.jpg

その後は、鵜住居地区の防災センターへ。
ここは、3.11の震災当日、この防災センターに集まった避難者が、センターの高さを超える津波に飲み込まれてしまい、多数の方が犠牲となってしまった場所。
慰霊堂となっている防災センターに黙祷を捧げた後、内部を見学させていただき、改めて津波の恐ろしさを実感いたしました。
(尚、関連記事はこちら。)

遠野まごころネットでの活動は、がれき撤去の作業こそ一定の区切りがついたものの、ところどころ癒えきってない震災の傷痕もあり、まだまだ「復興」というには、道半ばだなぁ…と思いました。

当日の作業終了後は、私は台風を避けるかのように日本海側に抜け、翌日は太平洋側の鉄道が大混乱に陥る中、私は日本海側に沿って南西方向に。
日本海側の天気も大荒れで、特急の運休や、列車の大幅遅延はありましたが、何とかその日の最終目的地である金沢に到着。夜行バスにのり京都へ行き、そこから広島に向かい、何とか昼からの打合せに間に合いましたとさ。

ありがとう秋の乗り放題パス&鉄道の日記念西日本乗り放題きっぷ。
福島復興応援酒「つなぐ」 [2013年09月14日(Sat)]
以前、福島市内の除染活動をさせていただいた際にお世話になった「花に願いを」さん。
(ブログはこちら

昨年の三月に除染活動に携わらせて頂いて以来、都合がつかず参加がご無沙汰になっていて、(その割にはその時の体験報告を広島市内の各方面で使わせて頂いていたのですが)なかなか継続支援ができていないことを申し訳なく思っておりました。
この度、福島を愛する東京都職員の方々らが、丹精込めて田植えをした酒米をもとに、福島は会津若松の「名倉山酒造」さんが仕込んだ日本酒「つなぐ」が限定販売される、ということを、「花に願いを」さんのブログで知りました。
(該当記事はこちら。)

6ケース1万円ですが、交通費に比べれば、ずっと安いもんだと思い即注文。
届いたのはこちらです。(箱から出しております。)

DSC_0058.jpg

最初は「6本も飲めるかな…」と思いながらも、色んな人におすそ分けしたり、もちろん自分で飲んだりしていたら、あっという間に殆ど捌けてしまいました。
ご利用は計画的に。

で、気になる味ですが、純米吟醸ということもあり、フルーティで飲みやすい、の一言。
安全性についても、お酒を振る舞った際に、たまたまその場に居た、国内旅行中のオーストリア人が、たまたまガイガーカウンタを持っていて、悪ノリしてお酒に近づけても、当時の広島の空間線量(0.1チョイμSv)と差が無いくらいには安全です。
もっとも、たまたまいたオーストリア人が、ガイガーカウンタを持ちながら旅行をしている国、というのが、日本の現状、と考えると、うーん…と思ってしまいますが。

なお、現時点で、広島市内でふくしま復興支援酒「つなぐ」を飲める店、および飲めるイベントは、以下の通りです。

広島市内で飲める店
「まっちゃん」

広島市中区小網町3-19
電話: 082-295-2537
(広島電鉄、小網町電停目の前の、お好み焼き、鉄板焼き、沖縄料理のお店です。売り切れ御免。)

広島市内で飲めるイベント
「Heart Bar」

9/27 19:00〜だいたい22:00くらいまで。会費1,000円くらい。

ひろしま市民活動ネットワーク Heart to Heart(広島市中区大手町1-5-31 2F)内で開催。
市民活動、NPO活動に熱心な、あるいは興味のある人が集まる、だいたい月一回ペースで実施しているイベントです。

実施している団体「Heart to Heart」さんのCANPANブログはこちらです。
今年のハチロクと、「家族のかたち」展 [2013年08月07日(Wed)]
ご無沙汰しております。
例年、7月中旬〜9月の頭までは、資格試験ラッシュの為、勉強以外(実は勉強も?)滞りがちになっておりまして、今年も例にもれず。
何とかこの状況を打破、もしくは逃避したいと考えております作者です。

さて、8月6日といえば、広島では原爆投下の日、ということで、当日たまたま休みということもありまして、久しぶりに平和記念公園にて黙祷をささげてまいりました。

DSC_0037.jpg

それにしても、例年、広島でこの日の朝が雨だった記憶がないのですが、気のせいでしょうか。

その後は、広島の市民活動のゆる系拠点(と私が勝手に思っている)、Heart to Heartに行ってまいりまして、そこで開催されている一日限りの写真展、「家族のかたち」展を見に行きました。

この「家族のかたち」展は、福島第一原発の事故により、父親は福島市に残り、母親と子供は山形へ避難したとある家族の姿を、写真と詩とともに表現したもの。
今まで「家族で福島に残るか、家族全員で避難をするか」の二者択一でばかり、家族のありかたを考えていた私にとっては、「そういう家族もいるんだよな」と、気づかされました。
また、福島からの避難者が、実は一番多い県は山形県である、ということも初めて知りました。
(てっきり宮城県かと思っていました。)

この展覧会が素晴らしいと思ったところは、原因となった企業や国への恨み節や嘆きよりも何よりも、ただひたすらに、前向きに、「家族」のことを思っている、というのが、伝わってくるということ。
ひたすらに、「この家族に幸いあれ」と、感じさせられました。
DSC_0039.jpg
(あえてブレさせて撮影しました。)
南相馬市での震災復興ボランティア [2013年07月08日(Mon)]
6/8に復興ボランティアツアーに参加して、南相馬市まで行ってきました。
今回利用したのは、JTBさんの東北応援ボランティアバスパック。
http://www.jtb.co.jp/shop/ShopOther.aspx?shopid=400&branchno=12

旅行会社主催のボランティアツアーは初めてでしたが、私自身震災復興ボランティアに何度か参加しているのと、志を同じくするボランティアの同志ばかりだったことから、全くのお一人様でも不安なく参加させていただきました。

今回のボランティアのフィールドは、南相馬市は小高区。
https://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%8D%97%E7%9B%B8%E9%A6%AC%E5%B8%82%E5%B0%8F%E9%AB%98%E5%8C%BA&oe=UTF-8&ie=UTF-8&ei=6L3aUY-JLtGYiAfn4YHIBQ&ved=0CAoQ_AUoAg

この小高区は、福島第一原発から20km圏内にあることから、原発事故発生後、約一年間立ち入りができなかった。
線量が高くないにも関わらず、20km圏内にあったから、という理由でだ。
つまり、他の地域と比較して、復興が一年分の遅れを取っている、とも言える。
同じ福島県内でも、20km圏外にありながら、小高区より高い空間線量にさらされている現実を直視し、お上を頼らずに除染活動に取り組んでいる団体もある中で、一口に「福島の震災復興」とはくくれないのだな、と感じた。

ボランティアの活動内容は、小高区のとある地域にある民家と休耕田の草刈りをした。
活動中、仮設トイレでの休憩のために立ち入った幼稚園・小学校には、日付が2010年の張り紙。校庭と花壇はは草がぼうぼう。
目新しいのは大型の線量計だけ。
DSC_0623.JPG

これらを見ると、原発事故は、大変なものを引き裂いていったのだな、と感じました。

などと、後味の悪さを感じつつ、ボランティア活動の後は、南相馬市内の新田川温泉で汗を流してきました。

その後は東京でバスツアーは解散。大阪行きの夜行バスに乗り、大阪からは広島行きのバスに乗り、0泊3日の南相馬市への復興の旅を終えましたとさ。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

新渕さんの画像
https://blog.canpan.info/enubuchi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enubuchi/index2_0.xml