CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
検索
検索語句
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
高校生に気仙沼の10年をまとめてもらいました「8歳の震災、18歳の未来」 [2021年02月28日(Sun)]

10years_top.png


震災10年企画はじまります「8歳の震災、18歳の未来」

東日本大震災から10年が経ちます
筆者が気仙沼に移り住んで10年になる春でもあります

その節目に、気仙沼の10年を伝えたい。でもどうやって伝えよう?
できれば気仙沼のすっぴんを見せたい。化粧をしたって仕方ない

そうか、18歳の高校生の声を聞いてみよう

彼らの10年前は8歳。ぎりぎり震災の記憶が鮮明な最後の世代
「10年前の震災?はっきり覚えてますよ」みな口を揃えます

彼らの10年前は8歳。もう震災前の記憶がない最初の世代
原風景としてのみ心の中にある
「正直、震災前のまちなみってもう思い出せないんです。でも私は海岸通りのまちなみが好きだったんです」

そうか、今の18歳は絶妙な境目だったんだ
最初で最後の「復興ネイティブ」の彼らは、気仙沼の10年をどう評価するんだろう
そんな彼らは、次の10年をどう眺めているんだろう

「10年前子どもだった私たち高校生が、震災をきっかけに志して、今こうやって挑戦を起こしているのを知ってほしい」

驚きました。10年経った今伝えたい気仙沼は、自分たち高校生の姿だと口々に言うのです。このまちで一体何が起きているんでしょう?

日本中で2021年の3.11を次の10年につなげる1日にしたい
まるゼミが高校生とともにお送りします「8歳の震災、18歳の未来」

(加藤拓馬)

YouTubeにてインタビュー動画を順次配信予定
詳細はこちら→
http://maru-zemi.com/2021/02/news_47/