CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
検索
検索語句
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
5ヶ月 [2011年09月05日(Mon)]

くだらない話。

今日、ヤツとの長い長い死闘が終わった。
「ヤツ」とは、「アズキマメゾウムシ」。

馬場さん宅の倉庫の一室が、今私の部屋(通称:office-tkm)になっているのだが、
ちょうど1か月前、そこで2〜3mmの丸い虫が大量発生していることに気づく。

馬場さんによるバルサン弾の投下2回。掃除機による一斉検挙。
が、ヤツらは増えていく一方だった。
誰も見たことのない虫だったので、いつの間にか「カラクワオオタクマ」通称「ハナクソ虫」または「tkm」と名付けられた。

特に害はないので、なんとなく共生するようになった。夜寝ていると体の上でコソコソするので、そのときは指でシャリっと潰してポイっと捨てる。もちろんストレスは半端ないが、元凶が分からない。
午前中、唐桑ボランティア団の事務所で作業をしていると、ぽろっとシャツの下からカラクワオオタクマが落ちる始末。そのうち慣れてきた。

虫などに詳しい地元の人に調査を依頼。「アズキマメゾウムシ」という小豆の害虫であることが判明。(写真はエグいのでググることはおススメしません)
「マメゾウ」というかわいいニックネームがつく。愛着が湧く。
倉庫の豆類を撤去。
するとマメゾウは減った。

しかし、数日前から湿気のせいか再び大量発生。
遂に夢の中でもシャリっと出てくるようになり、愛着も消え、もう限界だと感じ始めたころ、すなわち今日、あるメンバーが隠れていた小豆の袋を発見!
ぶわっとtoo muchなマメゾウが飛ぶ。小豆は穴だらけ。ついに基地発見。

「あー、見てるだけでかゆい!」と馬場さん。
焼却炉で灯油までかけて火葬。グッバイ、マメゾウ。ゴメンね。人類の勝利。

思えばガレキから湧いたハエとの闘い、マメゾウとの闘いが終わった。
今は、どこからか侵入したコオロギが部屋の中でいい感じのBGMを奏でる。
すっかり秋になった。

そんなこんなで、今日唐桑に来て5ヶ月が経ちました。
夏の記事がまだまだあるので、順次アップしていきます。
8月6日オープン [2011年09月04日(Sun)]

8月6日、天気はアツイ。
7時に目覚める。どわ〜という声がおもわず心の中で発せられる。寝坊。

馬場家の裏に建ってあるFIWCの拠点(プレハブ)に向かう。
「みっぽ〜、もう7時なってもたで」
二人で坂をとぼとぼ、しかし急いで下る。

ローソン唐桑町店、8月6日午前7時オープン。

震災で津波を被ったローソン、しかも唐桑唯一のコンビニ、故にここら地域では絶対的な売り上げを誇るローソン唐桑町店が、改装を終え、遂にオープンしたのだった。
私はその最初の客になる予定だったが、あえなく失敗。



とりあえず歓声を上げ、無駄にあれこれ買い込んで、店頭でポップコーンまでもらって帰宅。
「おめでとうございます」というお客が多い。
これでもう24時間何でも買える。コンビニを求めて、気仙沼市街まで行くこともなくなった。
まぁATMが未だ入らないのは痛いが。
「復興が成ったようなもんだ」と、冗談を言いながらからあげくんレッドを朝飯に食う。

仲のいい唐桑の高校生2人がここでバイトすることとなった。
松圃の太鼓で仲良くなったお母さんもここで働いている。4月にガレキ撤去をしたお宅のお母さんもここで働く。知り合いだらけ。
お客も、なんだかんだ知り合いによく会う。

私も東京で1年間ローソンの夜勤をやっていたので、レジごしにバイト初心者の高校生を、にやにやしながらイジる。
「あー、コレあっためて。袋は別々でしょ?揚げお好み焼きはソースね」
あたふたする高校生。

逆に知り合いだらけも辛い。
月曜になると決まって週刊ジャンプと煙草を買いに行くのだが、レジごしに地元のお母さんに「今日もお疲れ様ね。最近忙しい?」と聞かれる。「そうっすねぇ」と返すのだが、マンガを嬉しそうに買うボランティアが言っても説得力はない。

夜は、このローソンが煌々と馬場の町を照らす。唐桑では信じられない灯り。真っ暗だった唐桑が一気にまた明るくなった気分だ。
思い起こせば、4月に来た時は廃墟だった。かろうじて残る青のタイルを見て、ローソンだと分かる。いつか、このローソンが再び開店する日が来るのだろうか。そんなことを思った。



---

この日もう一つ、画期的なオープンが。
唐桑ボランティア団の事務所ができた。8月9月限定なのだが、いつでも使えるスペースが、総合支所(役場)の裏にある漁村センターの2階に確保できた。
公民館の館長らが、役場に交渉してくれた。
ありがとうございます。

さらに役場の2階の会議室を、唐桑ボランティア団の定例会議で使えることとなった。
なんとホワイトボード付き。交渉してくれた進さんに感謝。
「年末まで毎週火曜の午後、とっておくね」
同時に、今まで全壊扱い家屋の2階でやってきた定例会は終了。

定例会に集まるボランティア団体の代表たちが、机とイスが並ぶ会議室を見て笑う。
「今まで車座になって畳に座っていたときの方が、戦国武将の会合みたいで好きだったな」

何かがゆっくり、でもしっかり変わっていく。
お国の言葉講座2 [2011年09月03日(Sat)]

評判のよかった「お国の言葉講座」第2弾のはじまりはじまり。
前回(コチラ)と合わせてご覧ください。

超メジャー級からいきましょう。これを使いこなせば、もう地元人。

(これは、あくまでも唐桑の日々の生活の中で聞いてる言葉なので、正確さは保証しません。クレームは勘弁してください)

【やんた】:やだ。嫌だ。
例文:「もう、やんた〜」

【ける】:あげる。譲渡の意。おそらく「くれる」が短くなった。
例文:「これ、けっから持ってけ〜!」(これ、あげるから持っていきな)
例文:「けてしまった〜」(あげてしまった)

【かかる・かがる】:書いてある。
例文:「何てかがってた?」(何て書いてあった?)

【語る】:言う。
例文:「おらがそうかだっだっけ〜、○○ってかだられた」
(俺がそう言ったら、○○って言われた)

【えがった】:よかった。

【おれさま】:雷。

【てんでんこ】:ばらばらに。てんでんばらばら。
次の例文は有名な言葉。
例文:「津波のときは、てんでんこ(に逃げなさい)」
津波大国ならではの言葉。津波が来たら、まとまってから逃げようとするのではなく、とにかくばらばらにでも、一目散に高台を目指しなさいという戒めだ。

【わらず】:子ども。わらし、童子。
例文:「せずねぇわらずだずだ」(うるさい子どもたちだ)

【〜した時がある】:〜したことがある。経験。
例文:「あ!その話、聞いたときある!」

【〜わかんねぇ】:〜で仕方ない。どうしようもない。
例文:「もう暑くてわがんねぇ〜」(もう暑くてどうしようもない)

【〜っこ】:なんとなく付く語。
例:「お茶っこ」

【おらい】:俺たち。

【〜ほ】:〜の方。
例文:「オラほは、大丈夫だ」(私の方は大丈夫だよ)

【お晩です】:こんばんは。
これは、結構正式な挨拶の場、スピーチなどでもみんな使う。
「え〜、みなさま、おばんでございます」と。

【いってみる】:帰る。
例文:「ほんで、いってみっから」(じゃあ、帰るね)
最初、かじさんに言われたときは、「どこ行くん?」と聞いてしまった。

別れ際の簡単な挨拶だと、
【ほんで、まず】:んじゃ、そういうことで。
これは、頻度高い。要チェック。

おまけ。ややこしい言葉の紹介、
「草が、おがってきた」(草が成長して伸びてきた)
「今日は、がおった」(今日は疲れた)

---

ここからは、基本的な音の確認。
前回の復習になりますが…

「い」の音は「う」になりやすい、プラス濁るので…

「ち」→「つ」「づ」
「し」→「す」「ず」
「に」→「ぬ」
例:「俺だづ」(俺たち)
例文:「おめぇだづ、なーぬ語ってんの」(お前たち、何言ってんの)

あと、重要なのは…
「き」→「ち」

それさえ分かっていれば、結構ヒアリングできます!東北に住みたくなります。

---

以上を踏まえて、上級例文。
松圃(まつばたけ)地区で、夏祭りのポスターを貼りながら、宣伝してまわっていたときの話。
年配の男性とのやりとり。

「8月、お祭りやるんで、よかったら来て下さいね!」
「はづがづのなんぬづ?」

「・・・」

「はづがづのなんぬづ?」

「・・・はい?」

「・・・」
お互いしばらくポカーンとする。
「あ、13日です!」

分かりました?
「8月の何日?」でした。

---

続きまして、
ガレキの撤去中、ガレキ集積所で年配の職員に聞かれたこと。

「ボランティアさんは、ちょーなんぬ(ん)ちてたの?」

(今日、何してたの?かな…見たら分かるやん)
「…もちろんガレキ撤去です」

「?」

これは、さすがに全く分かりませんでした。
「今日、何人来てたの?」でした。
「来てた」と過去形になってますが、「来てるの?」という意ですね。

---

はい、以上メジャーどころの紹介でした。
気仙沼、唐桑にお越しの際は是非使ってみてください。
重要なのはイントネーションなんですけどね…