CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年11月 | Main | 2020年01月»
検索
検索語句
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
2019仕事おさめは高円寺 [2019年12月28日(Sat)]

「『プロ』になってください」

「これまでは『積算』で頑張ってきたんでしょうが、これからは『逆算力』が大切になります」

「まずは全国区の人脈を」

2019のキーのひとつ、
NHK小山さんからのメッセージ。(私は勝手に「コヤマLINE」と呼んでいる)
取材する側される側というより、メンターに近い。

その後、ローカルベンチャーラボを通して、12月デモデイにて「教育のプロになります」宣言。

さぁ。
はて、教育で全国区の人か。

あの人だろうなぁと思っていたら、年末。

 
「師走の忙しいときだろうけど、勉強会やるんで来ませんか?」
と、その方からメッセージが。びっくり。

というワケで、NPOカタリバの久美さんのお誘いで、本日仕事おさめは東京日帰り出張となった。

 
----------------------

 
12月28日、
経産省の浅野大介氏の勉強会。高円寺のカタリバのオフィスにて。

前半は、参加者でグループになって、わいわい今年の振り返り。
ほとんど初めましての方、ときどきお久しぶりのカタリバの方。

4B106DFC-C481-4DAD-A6BF-A2C1D4E35985.jpg


後半は、浅野さんのトーク。
タイトルは「『アントレする行政』(闘う行政)は可能か」

「結論、クビにならない我々はリスクがとれる、つまりアントレしなきゃいけない」

「そのためには越境しなきゃいけない」

「『政策』とは『社会運動』なんです。世論形成で支持を増やせるか、が大事」

「政策起業家(Policy Entrepreneur)」という言葉を今年知って、なんとなく気になっていたが、こういうことかぁと。

具体的には…

なんで経産省が教育のことやるの?と驚いた「未来の教室」、
そして先日このブログでもアップした「1人1台PC」(記事リンク)の施策の裏側を語ってくれた。

● 学びのSTEAM化

「避難者200人が雑魚寝する体育館の『課題の本質』は?」

災害の現場はまさにSTEAMの要素が詰まっている、と言う。

MaaS然り、スマート農業然り。
すでにこういうテーマと探究学習を組み合わす高校は出てきているらしいが、社会問題やSDGsで謳われているようなことがまだまだ教育に落ちてない。

「『創る』ために『知る』学びへの転換を」
かつて唐桑中の阿部教頭が言ってた「生きた学び」という言葉を思い出す。


● 学びの個別最適化

これは何と言っても「EdTech」。
Education×Technologyの造語。

会場にもEdTechのベンチャーが何社がいらっしゃってて。わくわくするなぁ。

とにかくモデル校をつくっていく。

文科省のGIGAスクール事業と協働していく。

1人1台PCもそうだけど、
これらは手段に過ぎないでしょう?肝心の教員はそれを使いこなせるの?という意見は実際私の周りでもあるが、
施策をつくってきたご本人もそんなこと重々承知で。

生徒たちが「自分で学ぶ環境を得る」。
先生たちも「(質を高めつつ)ラクできるぞ!と気づく」。
すると先生から先生に拡散しはじめる。

そんな「Point of No Return」を粛々と目指している。

まさに「社会運動」。

ローカルからできることは何か。
気仙沼からできることは何か。

在京のみなさんは参加費1,000円だったけど、
私は交通費込みで30,000円。
その分貪欲に学べました。つながれました〜
2020年、いいスタートを切れそうです。

浅野さんや久美さんは言わずもがな、いろんな方に感謝しながら、
ビールを我慢して、帰ってきましたとさ。