CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年01月 | Main | 2017年03月»
検索
検索語句
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
88飲み [2017年02月25日(Sat)]

1月30日。
「いやぁ、この会は念願だったねぇ」
88年度生まれの3人が町内のホルモン屋かのやに集まった。
唐桑出身のやす、こんこん、と私。
同い年ってだけで生まれも育ちも全然違う私を受け入れてくれて、まるで同級会みたいな雰囲気がすごく嬉しい。

やすの仕事の話に。復興特需の終わりに直面している、という。深刻だ。

震災前はどうやって保ってたの?
震災前からもうダメだったさ。
そっかぁ。ある種の延命だった、ちゅーことか。

「安定した仕事じゃねぇからなぁ」
ため息。

安定した職って何?
逆に今、日本に安定した職業って何がある?
人工知能革命で職業がどんどん消えていくこれからの社会。
50年後もばっちり儲かる見込みがある業界って何?

「確かに」
やす曰く、
「なんだろぅなぁ。
なんか(お前の)話聞いてると、いつもなんかやれそうな気がしてくるんだよなぁ」
そーなんだよね!こんこんも重ねる。
ありがとう。必死に不安定な自分に言い聞かせてるだけよ。

やすは「このままだと唐中が無くなる」と書いた昨年の私のブログを読んで、
心が動いたと言ってくれた。
母校を失いたくない、そう強く感じた、と。
(参照記事:真夜中の会談「挑戦宣言 -唐桑から学校が無くなる-」

「唐桑に(Uターンで)帰って来て、地元が好きになってきたんだよね。
唐桑が好きで、出て行かずに唐桑に留まってるかわいい後輩たちもいる。
だから背ぇ向けてまた出て行きたくない」

よし、なんかやろうぜ。
いいねぇ、なんかやろうぜ。

「おい!たくやぁ!」
後ろの席のおんちゃんが叫ぶ。
ほい、たくまです!
「消防団さ、へぁれ(入れ)」

へい、いずれ必ず!

IMG_2393.JPG