CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年10月 | Main | 2013年12月»
検索
検索語句
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
いい景観でメシが食えるのか [2013年11月29日(Fri)]

唐桑御殿つなかん。

かつて、地元の高校生らとわいわい命名した「つなかん」の4文字は、ついに宿泊営業の資格をとった。
不思議な感覚。じーんと嬉しい。
つなかんについては、2011年に記事を書いている。

参照記事:「ツナカン物語」
https://blog.canpan.info/entoki/archive/70
https://blog.canpan.info/entoki/archive/71

さて、そのつなかんに先日お客さんを招いたときの話。
たまたまつなかんに泊まっていた仙台のオリさんと市内から来てくれた塚本さんと、夜呑みながら議論になる。以下、その一部をまとめたもの。

2人のおっちゃんが声をそろえる。
「都会の方が住みやすいでしょう。買い物はすぐできるし、大きな病院もあって医療面も心配ない。」
地域で生きるとは。地域づくりとは。
もちろんこの2人の大人は「ふっかけ役」。日本の50〜60代代表役だ。(塚本さんは50いってないけど。)

「みんな都会に行っちゃったら、日本の一次産業はどうするんですか!米食えなくなりますよ?」私はすでにエンジン全開。

「買えばいいじゃん。中国からどっかから、安価でいいものがたくさん手に入る時代だ。みんな都会で暮らせば安心だ。」
流行りのコンパクトシティですか。
「そうそう、コンパクトシティってヤツよ」オリさんが笑う。

一方、噛み付く私。「田舎には田舎の持っている自給自足の力がある。そうやってみんな都会に出て、ホームレスが続出。今の都市問題はどうするんですか!」

「ホームレスは、地方で生きていけないから都会に出た人たちだ。実際、細々とでも食えているじゃないか。仕事がある。生きていけるんだよ。」

「あーもう!いいですか、都市なんてロンドンの時代からその問題性が指摘されているんです。このままじゃ日本の都市部は…隣の家の人の顔も知らないし…治安とか…」

「そうか?日本はいい国だと思うよ?」オリさんが問う。

頭がぐるぐるまわる。思考と酒がぐるぐる。「…確かに日本はいい国です。学生時代、途上国をまわって痛感しました」あれれ、日本の都市部ってそういえば何が問題なんだったっけ…

オリさんは一流企業で現役で活躍する今年還暦。この人たちジャパニーズ・サラリーマンが成した戦後復興に凄まじい恩恵を受けている私。でも負けられない。
「地域には豊かさがあります。この豊かさの価値はこれから見直しが図られ、地域の活性化なしにはこの国は立ち行かなくなります。都市部依存型の時代は終わります。これからは、より『人間らしい生き方』が…」

「いい景観でメシで食えるのか?たくまくんの言う豊かさはお腹を満たしてくれるのかい?」

…!

戦後を知らないポンポンの私。
私のまちづくり・地域づくりは感情論に立脚していることに気付く。
「なんとなく」田舎暮らしが「人間らしい」と決めつけている。

ユタカさの認識が変わるとは。
吉本さんや結城さん、梅原さんが言っていたことを本当の意味で自分のものにできていない自分がいた。
「都会にはカネがある。でもカネ以外のものなら全部ローカルの方がもってる」結城さんの言葉がよぎる。
結城さん、でもカネで何でもできる世の中で、どれだけローカル(地方)が通用するんでしょうか。
ぱたんと倒れた。
まだまだだ。これじゃ田舎に人が残らない訳だ。
「たくまくん、ごめんねぇ。本当はそんなこと思ってなくても反論がどんどん出てくるもんだ。でもおもしろかった〜」とオリさん、塚本さんは笑っている。
勉強になりました。本当にありがとうございました。


仕事だ。職がないとメシは食えない。

目をそらしていた事実。
やはり「仕事をつくる」ことからは逃げられない。
さて、参った。