CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年12月 | Main | 2012年02月»
検索
検索語句
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
まぁ、あれだ。 [2012年01月22日(Sun)]

「(現地駐在員として情報の)発信が足りていない」と最近指摘を受けることが多いが、
本当に何を発信すればいいのか分からない。
いや、発信したいことはあるのだが、整理できない。故に伝わらない。

---

今は、「KECKARAけっから。」の第1号発行に向け準備を進めている。
その他にも、毎日なんだかんだで用が入る。
「働いている」に値するかどうか怪しい用事ばかりだけど、なんせ何もすることがないという日は一日もない。
毎日休みみたいなもんだけど、いや、それ故に休みがない。
働くって何だ、ホント。

遠東記も最近滞っている。書きたいことは山ほどあるのだが、いや、それ故に頭がこちらに向かない。

ノドが治らない。咳が止まらない。煙草をいよいよ本格的に減らし始めた。

短期ボランティアにできることはいよいよ無くなってきた。
ここが難しい。
マンパワーを必要とするニーズが完全にない訳ではないので、短期の団体ボラはまだやることがある。しかし、短期個人ボラは厳しい。

まぁ、あれだ。そういうことだ。自分に2〜3日で何かできるなんて思わないで。
まぁ、いろいろゴメン。

FIWCの拠点(通称:唐桑ホーム)の防寒対策は、じいじ、かじさん、ベッチがやってくれたよ。
これで、またホームに宿泊が可能になる。よかったね。みんなおいで。

あ、オレは馬場のアパートに入ったよ。契約はこれから。とりあえず布団とこたつを入れた。

---

分かんない。上手く伝えられない。
遠東記に、たまにはこんなグダグダ記事を上げてもいいよね。

ただ、この正月、唐桑に来る前に郭晃彰に言われたことが頭から離れない。

「お前の仕事に、誇りを持て」
2つの意が含まれている、と解釈。

1つ目。今の活動は、自分の「仕事」だという自覚を持て。
ボランティア、ボランティアと言われ続けて久しいが、私自身にとっては「仕事」だ。
ボランティア=アマチュア的なイメージが嫌い。プロ意識が必要。

2つ目。自分自身に変な誇りを持って自惚れるな。
私がしている「活動」に対して人は評価する訳であって、私自身ではない。
私自身に変なプライドを持つと、ただの自惚れ野郎になる。
そうでなくて「活動」に誇りを持て。

そんなことを彼は伝えたかったのだろう。夜中の六本木で。

眠い。明日は虎舞の本番だ。
あ、FIWCの週報するって決めたんだ。書かなきゃ。
唐桑ボランティア団の活動報告はもうすぐ書き終わる。
あ、議事録、まだ流してなかった。亮太の仕事だった。亮太の存在は大きかったな。
来週から皆で順番で書いてくれないかなぁ。
KECKARAが間に合わないな。2月の某日に出したいんだけどな。
原稿が遅い、ファンドレイズも相変わらずのペース。
担当は誰だ、まったく。全部自分だった。くそ。
メールがまた溜まってるな。死ぬまでメール処理に追われるのかな。
電話も一件折り返しがまだだ。
ケータイがない時代は、どうやって皆仕事してたんだろ。どうやってコミュニケーション取ってたんだろ。笑ってしまうほど全く検討がつかない。

電子タバコを買ったが、あれはおもちゃだな。ごまかしはやっぱごまかしだ。
でも、なんだかんだ、そのおもちゃをふかしてる自分がいる。

まぁ、あれだ。そういうことだ。