CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年12月 | Main | 2012年02月»
検索
検索語句
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
タッペが怖い今年もどうぞよろしく。 [2012年01月11日(Wed)]

昨年は大変お世話になりました。
2012年もどうぞよろしくお願い致します。

いよいよ復興元年がやってきました。
…のはいいが、本当に東北が冷えてきた。
天気予報によると、明日は最高気温が0度に達しないらしい。最低気温はまさかのマイナス9度。
どうなっているんだ。

さて、2012年のMy漢字は「躍」と決めました。
躍進をとことん追求する年にします。
年始に、抱負として「今年の漢字」を決めるのはオススメです。皆さんもどうぞ。

その躍進のためにもまずは身の安全、ということで…
年末に気仙沼復興協会(KRA)の方が送ってくださった資料を転載します。

東北の冬道は初めて走るという方は、必ず読んでから気仙沼にお越しください。

---

雪道への対処

歩行時
・ソールに溝の無い靴は避ける(革靴なぞ以ての外)。
・あまり膝を曲げず、足の裏全体を使って歩く(足をなるべく垂直に接地させる)。

走行時
・黒く艶のあるアスファルト路面=凍結危険
・危険度=新雪<圧雪<氷結上に新雪<凍結路面
・橋、高架橋上=下が空間のためそこだけ凍結路面になるので走行注意!
・“急”のつく行動は避ける。急加速・急ハンドル・急ブレーキ
・通常の二倍程車間距離をとり、早めに減速する。
・ソフトなポンピング(ブレーキをかけ続けるのではなくチョンチョンと間隔を空けて踏む)ブレーキで減速。
・下り坂では、フットブレーキをかける前に、ギアをシフトダウン(マニュアルなら走行時のギアより1速ダウン・ATはD→2レンジへ)しエンジンブレーキで減速。
・ハンドルを大きく切る際は、十分減速する。
・ブレーキをかけるときは、ハンドルを直進状態にする。
・ハンドルを切っている時に、アクセル・ブレーキ操作をしない。
・複合動作を避ける→×ハンドル操作+ブレーキ、×ハンドル操作+アクセル踏込
・上り坂では再発進が困難になる可能性があるので、出来る限り停止しない。
・コーナーは減速し、大きく入り小さく抜ける。(アウト→イン→イン)
・長時間駐車時は、ワイパーを上げておく。
・長時間駐車時は、サイドブレーキを使用しない(凍結しブレーキが解除出来なくなるのを防ぐため)。マニュアル車の場合、平地もしくはリアが下がった状態で停車時には、1速・フロントが下りの時はR(バック)ギアに入れておく(ギアが入ったままなので、発車時要注意!)。AT車は、当然パーキング位置にしておく。
・安全な場所で、車の挙動を確かめておく。

以上、WVJ田添さんのご説明への蛇足でした。
皆様十分に注意して、東北の冬を無事乗り切って下さい!


気仙沼復興協会 塚本

---

活動において、交通事故が一番怖い季節になりました。
こちらでは、路面に張る氷のことを「たっぺ」と言います。
タッペに注意!事故って人でも殺してしまったら、今までの活動も関係もパーです。
本当に「よそもの」は注意しましょう。私も気をつけます。

以上、新年一発目だったので、ですます調でお送りしました。