CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
検索
検索語句
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
夢の夏祭り(追伸) [2011年09月29日(Thu)]

つづき

お盆祭りは続く。
唐桑のボランティア団体総出で参加。
15日、中井地区お盆祭り。サポート役はFIWC。
15・16日、小原木夏祭り。サポート役は、SVA・RQら。
16日、崎浜地区お盆祭り。サポート役は、ひのきしん。
16日、鮪立地区灯流会。サポート役は、T-ACTら。

8月で撤退が決まっている花堂監督らT-ACT。宮崎県民が中心である。
この16日が、彼らの最後の大舞台である。宮崎から応援が駆け付ける。

鮪立が薄暗くなってきた。漁港付近のガレキのど真ん中には、あのピラミッド型のキャンドル台が据えられていた。
鮪立地区で例年行われるお盆の灯篭流しは、今年はやむなく中止。それを知った花堂監督は、代替イベントとしてキャンドルアートを提案した。そして地元の人とその企画を進めた。

海岸沿いの堤防には、無数のペットボトルキャンドルが、ずらーっと並ぶ。
ガレキと化した町中の到る所にも、キャンドルが並ぶ。
夕方から夜にかけて満潮を迎える鮪立は、地盤沈下のせいで町中が冠水する。
(参照記事「地盤沈下」)
故に、散りばめられたキャンドルは水に浮いているように見える。

陽が沈むころにFIWCやRQも駆け付けた。

---

イベントが始まり、遺族による献花が行われ、黙祷。その黙祷の間に点火。
小さな小さな光が、鮪立に広がった。





町中に設置された灯りは、町を侵す海水に反射し、上にも下にも広がる。
宮崎から来た精鋭チームは、廃墟と化した区画、冠水する区画、電気のない区画を逆手にとり、アートに変えたのだ。
その試みや最早あっぱれ。

---

私はこれらの夏祭りを通して、二人のバカな男に出会った。
歌手リオと花堂映画監督。
二人とも共通してアーティストだから似ているのだろうか。まず、夢を描き、それを語る。おおよそ実現しなさそうな話だ。それ故、「夢」と表現したくなるのかも。

「唐桑中を巻き込む祭りで、花火を上げたい。皆で歌いたい」
「町中を鎮魂のキャンドルでいっぱいにしたい」

彼らは、自ら語る夢を誰よりも頑なに信じ、頑なに突っ走る。
その際、ひとりで突っ走るのではなく、周りをぐいぐい引っ張るのだ。
そのコツは、その夢が何よりも魅力的なこと。当人がもちろん率先して走り回ること。そして、誰よりも当人がピュアであること。
それ以外にもあるだろうが、私はこの3つのコツを学んだ。

「当日が近くなってから、“キャンドル台をつくってほしい”と監督から連絡があったときは、さすがに“この人は直前に何を言い出したんだ”と思ったよ」
T-ACTのメンバーたちが、西郷を思わせるような九州弁で苦笑いしながら話す。
当の監督は大笑い。
「監督は大バカやね」
この一連の祭りの打ち上げで酒を交わしながら、私は監督に言う。

そのピュアさを、勝手に私は「バカ」と称して尊敬している。

---

「結局できませんでした」は通用しない。失敗が称賛されるのは学生時代の特権だ。
かつて、気仙沼高校ダンス部の引退イベントを打ったときに、進さんに怒鳴られたことがある。
イベント準備に追われ、潰れかけそうになっていたときだ。

「人助けなんてものは簡単じゃない。
その人の役に立ちたいと言って、赤点とるようじゃやらない方がマシだ。
ボランティアは100点が当たり前なんだ!
だったら200点目指してやれ」

ボランティアこそプロであるべきなんだ、とその時改めて思い知った。
無給だからアマ扱いになると思ったら大間違いだ。とんでもない迷惑ボランティアになる。

「その人のためになりたい」。
その想い・行動は、金銭関係を超え、ときにその人の人生に関わる。
その一大事に、当の本人はボランティア=アマ気分じゃ吊り合うものも吊り合わない。

中国のハンセン病快復者支援、然り。

だから、多少企画規模の縮小拡大はあろうと、そのプロジェクトを最後の最後までやり抜くボランティアは、なかなかいないし、スゴイ。
最早「ボランティア」とは呼びたくない。この言葉はやっぱり好きじゃない。

---

長かった「夢の夏祭り」シリーズは、ここで終わりです。
リオ、監督、そして皆さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
| 次へ