CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
検索
検索語句
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
続・週末大作戦アルバム [2011年07月07日(Thu)]

つづき

日曜、雨。
この日はGakuvo部隊も鮪立へ投入。IVUSAと併せ70〜80名に上る。


ガレキの運び出し。雨にも関わらず作業は午後まで続く。


ガレキの中から見つかった大漁旗を一斉に雨にさらす。大漁旗は活気の象徴。


Gakuvo別部隊は、例の○ンコ開け。(参照記事「お国の言葉講座」)
Gakuvoの皆さん、ありがとうございました。


新たに到着したFIWCのメンバーには、地元の人からの依頼でフリマのお手伝いをしてもらう。場所は、唐桑唯一のコンビニだったローソン跡地。

計90名のボランティアを受け入れ、現場を紹介し、管理?
地元の反応もよく、とりあえず成功。

やれることはまだまだある。
唐桑ボランティア団事務局を整理して、夏を迎えたい。
とりあえず、一息ついた週明けだった。
週末大作戦アルバム [2011年07月07日(Thu)]

6月25・26日週末大作戦決行。

東京から来る週末ボランティアバスを、唐桑ボランティア団事務局として私の方で受け入れる。
亮太と2人で慌ただしくかつグダグダ準備する。

まず土曜。
IVUSAより50名以上。T-ACTと併せて60名、鮪立(しびたち)へ投入。


ガレキの仕分け作業。


こちらは通称モグラ隊。床をはがし、床下の清掃。


小屋の解体作業。IVUSAの皆さん、ありがとうございました。


T-ACTの皆さんには、八幡神社へ続く石段周りの草刈りを。

一方、Gakuvo(日本財団学生ボランティアセンター)から派遣された日系ユース20名。見慣れない外国人学生に地元の人のテンションは上がる。とちぎVネットと併せて30名を只越(ただこし)へ投入。


側溝の土砂出し。お昼は、地元の人が用意してくれた。

つづく
| 次へ