CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«Webマガジンに出ました | Main | 宿の今»
検索
検索語句
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
蟷螂か蜘蛛 [2012年04月15日(Sun)]

活動記録である遠東記を整理していると、未公開のままのこんな記事が見つかった。
9月に書いたものだった。
全ての活動が、真逆の2つの結果を両立させる。「矛盾」による葛藤。炊き出し、物資、イベント、仮設住宅支援、高台移転、そしてまちづくり自体も。
そんな気がして悶々としていた頃だ。

---

夏の終わりを感じさせる夜。

ぶおっと何か宙を舞い、クモの巣にかかる。大きめのカマキリだった。
カマキリがもがく。
とっさにカマキリを助けようと、なんとなく手をのばす。巣の主がさーっと逃げる。
…なんとなく手をとめる。

カマキリを助けると、カマキリは助かる。当たり前だ。カマキリに感謝されるかもしれない。
ただ、クモには「こんちくしょー」と言われるだろう。
いやそれ以上に、クモにとっては久々の獲物かもしれない。最近、エサがとれなくて死にそうな状態かもしれない。念願のメシ。それを、オレがぱぱっと取ってしまっていいものか。
一方、カマキリにも今死ねない事情があるかもしれない。これから出産かもしれない。

「あぁカマキリが可哀想」という薄っぺらい気持ちで、手を出すのは簡単だ。ただ、両者ともに生死に関わることだ。
そもそも、クモは気持ち悪い見た目?だから、「悪役」という偏見がそこに働いている。

しばらく、そこで悩み込む。

どちらかに肩入れすれば、どちらかのひんしゅくを買う。どちらかの正義は、どちらかの悪になる。逆も然り。
何かが絶対的に正しい、なんてことは絶対にない。

これは、私がこの半年ここ被災地で学んだことだった。
【第二章 まちづくりへ(11.10-12.4)の最新記事】
コメントする
コメント
 このことは全国の心ある特別職の公務員が日々考えていることです。心ない特別職の公務員はどちらかの味方をして、「その支持を得られれば良い」と考えているわけですが、そうでない人ほど悩むものです。
Posted by: 宮本秀治  at 2012年04月16日(Mon) 22:53