CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«8月6日オープン | Main | 唐桑ボランティア団の仕事»
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
5ヶ月 [2011年09月05日(Mon)]

くだらない話。

今日、ヤツとの長い長い死闘が終わった。
「ヤツ」とは、「アズキマメゾウムシ」。

馬場さん宅の倉庫の一室が、今私の部屋(通称:office-tkm)になっているのだが、
ちょうど1か月前、そこで2〜3mmの丸い虫が大量発生していることに気づく。

馬場さんによるバルサン弾の投下2回。掃除機による一斉検挙。
が、ヤツらは増えていく一方だった。
誰も見たことのない虫だったので、いつの間にか「カラクワオオタクマ」通称「ハナクソ虫」または「tkm」と名付けられた。

特に害はないので、なんとなく共生するようになった。夜寝ていると体の上でコソコソするので、そのときは指でシャリっと潰してポイっと捨てる。もちろんストレスは半端ないが、元凶が分からない。
午前中、唐桑ボランティア団の事務所で作業をしていると、ぽろっとシャツの下からカラクワオオタクマが落ちる始末。そのうち慣れてきた。

虫などに詳しい地元の人に調査を依頼。「アズキマメゾウムシ」という小豆の害虫であることが判明。(写真はエグいのでググることはおススメしません)
「マメゾウ」というかわいいニックネームがつく。愛着が湧く。
倉庫の豆類を撤去。
するとマメゾウは減った。

しかし、数日前から湿気のせいか再び大量発生。
遂に夢の中でもシャリっと出てくるようになり、愛着も消え、もう限界だと感じ始めたころ、すなわち今日、あるメンバーが隠れていた小豆の袋を発見!
ぶわっとtoo muchなマメゾウが飛ぶ。小豆は穴だらけ。ついに基地発見。

「あー、見てるだけでかゆい!」と馬場さん。
焼却炉で灯油までかけて火葬。グッバイ、マメゾウ。ゴメンね。人類の勝利。

思えばガレキから湧いたハエとの闘い、マメゾウとの闘いが終わった。
今は、どこからか侵入したコオロギが部屋の中でいい感じのBGMを奏でる。
すっかり秋になった。

そんなこんなで、今日唐桑に来て5ヶ月が経ちました。
夏の記事がまだまだあるので、順次アップしていきます。
コメントする
コメント
たくま


元気ですか??(o^^o)
僕は元気です。

相変わらずの文才。
楽しませていただきました。
Posted by: ひろし  at 2011年09月11日(Sun) 12:01

頂上戦争、ここに終止符。

去らば、白髭。
Posted by: 梶さん  at 2011年09月07日(Wed) 15:30

名前はかわいいww
りさんちにもいたらしいっす(。-`ω´-)
Posted by: 皿  at 2011年09月05日(Mon) 22:03

5ヶ月おめでとうござりす。
マメゾウと共におらたちも祝福すっぺし。
マメゾウに黙祷。拓馬に乾杯!
Posted by: 美穂&しのぶ  at 2011年09月05日(Mon) 20:14