CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«続・ミックスジュース | Main | 7月14日が来て»
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
続々・ミックスジュース [2011年07月31日(Sun)]

つづき

唐桑を語る上で欠かせないのは、12に分かれた行政地区。
しかし、ここでの滞在を続けていると、目に見えない境界線が見えてくる。

唐桑はもう少しおおざっぱに分けると3つに分かれる。
半島の付け根にあたる、大沢、舘(たて)、只越(ただこし)。以上、小原木小学校学区。
半島の中央部の、石浜、宿(しゅく)、舞根(もうね)、中、鮪立(しびたち)。以上、唐桑小学校学区。
半島の先端に位置する、小鯖、中井、松圃(まつばたけ)、崎浜。以上、中井小学校学区。

さらに大きく分けると2つに分かれる。
唐桑町は南北の村が合併してできた町だった。
北の3区、旧小原木村。南の9区、旧唐桑村。

壊滅的被害を受けたのが、その内の半分、北から大沢、只越、宿、舞根、鮪立、小鯖。
半島の先端の方は、高台に家が多いため被害は少なかった。かつての大津波で高台に移転した家が多かったとか…

次は細かく見てみよう。12地区の中にも、1区、2区、3区と分かれている。
それぞれ行政区長さんがいて、その中から地区代表として自治会長さんが選出される。

この12地区は、かつて部落として成り立っていた。そして、部落同士の仲は良好とはいえないものも多い。伝統的なコミュニティはライバル同士だった。都会にはない、田舎特有のもの。

震災から、3ヵ月、4ヵ月が経ち、その部落コミュニティが回復しつつある。
「ウチはウチ。ヨソはヨソ」
結果、よく耳にするのは地区ごとの連携のなさ。軋轢。

舞根で集団移転の期成同盟会が設立すると、大沢で同様の期成同盟ができる。
鮪立でもそのウワサが。

---

集団移転計画の期成同盟会とは、正式名称「○○地区防災集団移転促進事業期成同盟会」。
名前だけ見ると、どこか遠くに皆で引っ越してしまうイメージだが、そうではない。
集団移転の根にある想いは、「もう一度、みんなでこの地区で暮らそう」というもの。新たな住み家も定まらないまま、地区を離れてしまう人も少なくない。その「人の流出」を防ぐために、地区のすぐ近くの高台に皆でまとまって移転しよう、という愛郷の復興プランがこの集団移転計画である。

しかし、この集団移転には莫大な費用がかかるため、難航している。
そもそも集団移転に関する現行の法律は、平地から平地への移転を想定したものであるため、今回の高台への移転は、法律が想定した以上の費用が結局、市にかかる。

---

要するに、地区ごとの期成同盟会の声では、市に陳情するには到底小さすぎるのではないか、というのが私の意見。
しかし、各地区がまとまって市に物申すという気配は今のところない。私の知る限りではの話だが。
さらに、舞根の期成同盟は、舞根2区(あっち舞根)だけで進められた話で、1区(こっち舞根)は聞いてないという。結果、1区でも期成同盟会を立ち上げなければという意見も出る。
大沢地区の期成同盟会設立総会に出席したが、やはり唐桑町としての動きではなさそうだ。大沢の将来をどうするか、に焦点が当てられる。
鮪立の話を他地区の人に聞くと、「あそこは大物政治家がいるから、そのうち何とかしてくれるんじゃない?」と、あっけらかんと言う。

被害が少ない地区と、壊滅の地区との温度差も激しい。
前々回の記事に書いた、在宅と避難所みたいな関係だ。距離を感じる。

自治会長の寄り合いにも顔を出したことがあるのだが、自治会長さんが12人いない。聞くと、小原木の3区は別でやっているからいないという。びっくりした。

決めつけている訳ではない。もちろんいろんな考え方の人が地区の中にいる。何度も何度も言うが、これは私が話を聞く限りの情報だ。

---

仮設住宅には、それぞれ新たに自治会がつくられる。
小原木小仮設住宅は、入居者のほとんどが大沢地区の方だったため、すんなり自治会長が選出された。大沢の結束は強い。
しかし一方で、旧唐桑小跡地や福祉の里の仮設住宅は、大規模な上、複数地区の方々が入居しているため、一向にトップに立つ人間(自治会長)が出てこない。
自治会が立たねば、まとまった仮設運営や支援がしづらい。孤独死、自殺防止に欠かせない、仮設住宅でのコミュニティ再形成など、はるか先の話になる。

---

唐桑がまとまらない。
何とかならないのか、地元の人に聞く。「そら、無理だね」と答えが返ってくる。

平時、地区ごとや村ごとのコミュニティは必要なものだ。そのために、地区ごとの軋轢は必要悪だ。田舎ならどこにでもある、古き良きライバル関係だと私は思う。仮にその軋轢が解消され、まっ平らになってしまったら、各々のアイデンティティが薄れる。都市の人間がそのいい例だ。

が、今は非常時だ。有事だ。せめて、唐桑町という単位でまとまっていかないと、復興が進まない。
12地区に分かれ、さらに在宅、仮設、避難所の3つに分かれる。モザイク模様だ。

そんな話を毎日のように聞く。
課題は聞くけれども、それに対する解決策を語る人はいない。
だんだん自分も悔しくなってくる。

「唐桑町として、足並みの揃った復興プランの提示」
これをいつしか夢見るようになった。

毎日ガレキ撤去をやっていた男が、ここまで深く浸かってしまった。
先日の活動報告会で、「地域の軋轢に悩むなんて、もったいない。他でもっと力を使ってほしい」と、報告会に来てくれた人に言われた。
でも、決して楽しくはないが、決して無駄なことではない。
唐桑が好きになった。出会ったひとりひとりが好きだ。
だからこそ、マクロな眼で唐桑を見たときに、復興を邪魔する課題だらけなのが我慢できない。
私はどの地区にもどの部落にも所属していない。唐桑に入った一ボランティアだ。
だからこそ、できることが絶対にあると信じている。こんな時だからこそ。

私は活動対象として唐桑にこだわるつもりはない。唐桑に来たのは偶然だった。
ただ、遠東記でも一度書いたが、この小さな唐桑で何かできなければ、結局のところ、震災復興うんぬんに関してデカイことをやろうとしたって所詮は失敗する。

今まで大学時代、中国でもそうやって活動してきた。

どれだけ、目の前を大切にできるかにかかっている。何事もそうだ。復興もそうだ。
今はもう少し唐桑で、もがいてみたい。

久々に自分のノートを開くと、こんなことを書いたことを思い出す。

『6月30日 唐桑にて

人に会った。
会って、会って、会って…

まだ会い足りないとは思うが、
一旦ここで次のフェーズに移りたい。

“出会った人を、つなぐ作業”

オレにしかできない作業があるとすれば、コレだ。』
コメントする
コメント
胸熱です。
Posted by: ながし  at 2011年08月01日(Mon) 00:42

不覚にもちょっと、うるっと来てしまった。
これを読むと、帰りの新幹線での時間があって良かったなと思う。

いい文章をなってきたと思う。
言葉に想いが乗っている。
拓馬にしか吐き出せない言葉だろう。

もう拓馬は十分成長したと思う。
あとは好きなだけやればいいと思う。

ま、いろいろあるけど、頑張ろう。
また夏祭りで会いにいきます。
Posted by: ふぁんちゃん  at 2011年07月31日(Sun) 16:28