CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【祝!!文科大臣賞】高校生インタビュー動画A異彩高校生の“内輪ウケ”理論 | Main | 知恵を貸してください»
検索
検索語句
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
2020年4月5日 [2020年04月05日(Sun)]

毎年書いてる、4月5日。
9年前、気仙沼・唐桑にはじめて来た日。

今日は奇しくも気仙沼にとって別の「はじめて」がやってきた。

今年は日曜日だったので、朝から自宅の二階で読書。
安宅和人著「シン・ニホン」。

13時〜市内でアポあり。市内の中学校の先生から今年度の総合学習の相談。
不要不急の外出自粛要請が県で出されている中だったが、外に出る。

その話し合い中の速報だった。15時半。しゅんくんより。

ついに気仙沼で新型コロナウィルスの感染者確認。

---

急遽17時、マネジャー会議をオンラインで開く。
まるオフィスも明日からのテレワーク導入を決定。

夜、急いで高校生インタビュー動画をアップ。

学校休校が延長になったので、その対応を考えている。

また自宅の二階に戻って。


「SNSでも発信しましたが、公演は中止にすることにしました。
第1回よりパワーアップした公演を見せることが出来なくて、ほんとすみません。」

高校生からLINEが入った。マイプロジェクトとして、演劇の公演目指してがんばってきてた子たちだ。

「学ぶ権利」が彼らにはある。

「学びを止めるな」先月から心の中で唱え続けている。

学校を支え、学びを支える地域の真価が問われている。

---

WEEKLY OCHIAIで安宅さんが言ってた。

IMG_0698.jpg


「Go Wild!しかけてしかけてそしてしかける」

マシンをつくる教育はもう要らない。マシンの逆は「Wild」ですよ、と。

---

脱助成金、助成金卒業の予算を出した結果、社内に20年度大赤字宣言した4月1日、

相変わらず背水の陣の10年目。

ニホン社会にとっても、地球規模でも、背水の陣の2020年代がはじまった。

時代がまた新しいフェーズに入りそうだ。


遠東記の第七章を終えることにした。

次の章のメインテーマは教育改革「学びをアップデートせよ」。
キーワードは「探究」と「協働」、ダークホースは「EdTech」だ。
コメントする
コメント