CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«東北電力ふれあいギャラリー展示スタート | Main | 主夫ウィーク»
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
遠東記「第七章」はじまります [2018年10月16日(Tue)]

「たくまさん!?」
コンビニを出ると下校途中の高校生に声をかけられる。
会釈しているのは、漫画で描けそうな満面の笑顔。相変わらずのずしっと大きな体に、黒い肌。

彼と出会ったのは2年前。NHKの収録で出会って、一緒にプロジェクトに取り組んだことがある。
(参照記事:高校生の活躍がテレビで「NHK総合 復興サポート」


進路は?決まった?
「はい、進学します!」


お、大学?専門?
「専門学校です!ぼく、保育士になりたいんで」
決まったばかりです、とニコニコしている。


おぉ!そうか!と握手。うれしいなぁ。そうかそうか。
「たくまさんはー、息子さん元気ですか?」


元気だよ。もうすぐ2人目も生まれるよ。
「ほんとですかー!」


専門だと2年か。気仙沼には?帰ってくるの?
「帰って来ますよ!」


こっちで保育士やるんだ〜
「はい!たくまさんもお子さんぼくに預けてくださいよ〜」


いいねぇ。うれしいねぇ。
じゃあまたまちづくりだなんだで絡むこともありそうだね。
「そうですね!楽しみっすね!声かけてくださいよ!」


あと2年したら、一緒に酒を呑もうな。


そう言って彼とは別れた。私の車に向かってお辞儀をしている。
あんなに礼儀正しかったっけ。愛嬌のよさは変わらず、そこに礼儀が付け加わったカンジ。

会うの自体は半年ぶりぐらいだけど、ずいぶんと成長したんだなぁ。
やっぱり人サマの成長を見るってのはいいねぇ。こっちまでうれしくなる。

こういうことなんだろうなぁ、とじんわり来る。

------

夏前あたりから、まるオフィスの目指すこと、そもそも理念から見直しをしている。
(毎年してる気がするが…)
ずいぶんと心を擦り減らす作業でして。


「NPOは自らを定義する組織である」byピーター・ドラッカー


営利組織と異なり「利益の最大化」という分かりやすい目的もしくは目標がない私たちは、存在意義を自問しながら歩んでいる。しかもウチは「◯◯をこの世から根絶する!」という課題解決型のNPOでもないから、余計ふわっとしている。

まるオフィスはこれからどう歩いていくのか。私自身はどうだろう。

そんなことを、大げさではなく毎晩、問うた数ヶ月だった。

ここに来て、ぼんやりトンネルの出口が見えてきている。気がする。2020年問題を乗り越えることができる体制をつくる、までは至っていないが。

いずれにせよ、曇りときどき晴れの毎日だ。遠東記も止まった。
今日は特に曇りだった。

------

こういうことなんだろうなぁ、とじんわり来る。
頭でごちゃごちゃ考えて、ホワイトボードをぐるぐる塗って議論していることなんだけど、人材が育つとか、還流が起きるとか、こういうことなんだろうなぁ。

とまとの笑顔見てたらわくわくするもんな。



よし。
遠東記を書こう。

4ヶ月ぶりの再開。
遠東記「第七章」はじまります。
コメントする
コメント