CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«雪の話と山の話 | Main | 「ボランティア活動からまちづくり活動へ」»
検索
検索語句
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
もうすぐ春 [2013年03月21日(Thu)]

2012年3月、FIWC唐桑キャンプが幕を閉じて、いつこ、えま、くによし、しょうこという4人が1年間の常駐を始めた。
いつこは大学を卒業してやってきた。
えま、くによし、しょうこは大学をそれぞれ休学してやってきた。

紆余曲折ありながら、8人で5月に「からくわ丸」を立ち上げた。
上の4人と、かじさん、べっち、ゆーきゃん、そして私。

いつの間にやら仲間は増え、一方で東京の後方支援隊の郭とケンカ別れし、
苦しみながらもからくわ丸の活動を拡大していった。

厳しい冬はピークを迎え、郭とも復縁し、年が変わった。
今年の目標とする漢字一字を毎年決めるのだが、2012年は「躍」だった。
飛躍、活躍の年にできただろうか。

2013年は「忍」にした。
周りの支えがあって自由奔放に生きてきた自分の青春時代。
新たな生活を前にして、耐え忍ぶことも学ぼうという意気込み。さらなる飛躍のために、じっくりやることも肝要。忍耐のないヤツには何もできない。虎視眈々と粛々と。
別に忍者になりたい訳ではないので誤解のないように。

そして、気づけばまた春が近づいていて、日中の気温が10度を超えるようになり思わず嬉しくなる。
3度目の3.11を迎え、今年は馬場の浜でひとり黙とうを捧げた。
馬場家のテーブルにもばっけが転がる季節になった。ばっけとは、ふきのとうのこと。
それはイコール4人の常駐期間も終わりに近づいたということ。
えま、くによし、しょうこは復学。
いつこは県内に就職。
入れ替わりで、まゆみが3月から常駐を始めた。

春は別れと出会いの季節で、それがまたなんとも言えない葛藤と期待を生む。

お世話になっている小松家に、また新たな命が生まれた。
お名前は「奏絵(かなえ)」ちゃん。
聞くと、名付け親は4月から唐桑小学校に入学するぴっか。お兄ちゃんになった。
「なんでも叶えてくれるように。もう津波が来ないことを叶えてくれるの」

今日はまた雪がちらついた。三寒四温。もう少しもう少し。
ちょうど昨年の今頃、くにあきさんに言われた言葉を頭の中で繰り返す。
「ここらの冬は厳しいから。春が近づくと自然と人の気持ちも上を向く」
コメントする
コメント