CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«GW唐桑ワークキャンプ | Main | 一時帰京»
検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
https://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
入学式 [2011年04月22日(Fri)]

気づけば4月も下旬。
今日は、唐桑3小学校の入学式。桜が咲いている。

東北では、本当に4月中旬下旬に桜が咲くのか・・・と驚いた。頭で分かっていても、驚く。
桜が咲くころに入学式ができる、というのはここでは不思議な状況。

馬場さんのやんちゃ孫娘も小学校入学。
おめでとう。

昨日ワークしたお宅の子(ハッチ)も今日入学。
1階が浸水してしまったお宅だったので、1階部分の掃除を手伝う。窓拭き、床拭き。
休憩時間。

「ランドセル見る!?」

とハッチが言う。
わーー、と拍手。新品ランドセル。1年生なので、黄色いカバーのついたツヤツヤした黒ランドセル。小さい体にはまだ大きい。おめでとう。


被災地で、子どもたちがストレスを抱えていることは間違いない。
大人たちより見えづらいストレス。




1995年4月。
英賀保小学校に入学。

被災地神戸を離れ、母の実家がある姫路に住むことになった。
幼稚園の仲のよかった友だちはもちろんバラバラ。
何が何かよく分からないまま、新生活がスタートした。
播州弁(姫路のめっちゃ汚い言葉)が慣れなかった。
やたら、姫路のじいちゃんばあちゃんが「ぴっかぴっかの1年生!」と言ってくれた気がする。



神戸市東灘区震度7。
阪神淡路大震災のとき、私も幼稚園児だったことを思えば・・・
震災直後に小学生になったことを思えば・・・
こいつらを見ていると、いろいろ考えてしまう。


あの頃の記憶は消えないものだ。
薄〜いけど決して消えないキズとなる。子どもの心にも。

・・・

5日、ここ気仙沼に来たときは夜だった。
唐桑に向かう際、道に迷ってしまい廃墟と化した市街地に入ってしまった。
家屋部分が倒壊し、屋根だけとなった家が並ぶ。
信号機はだらんと垂れ下がり、建物がまるで踊り出すように道路を侵す。
そんな光景が急に目の前に現れた。

とっさに思った。

「神戸だ」

ぐっと何かに締め付けられる。
アパートの横の全壊した家、あの公園の横の家は家ごと飛び出しており、近くのマンションは1階部分が半分押し潰され・・・
故郷になるはずだった神戸の魚崎の景色が急に思い出される。恐怖でしかない。

・・・

がんばれ、ガキんちょ!!
負けんなよーーー
入学おめでとう!ぴかぴかの1年生!
コメントする
コメント
作業、がんばってください。
僕も4月3日、唐桑に行きました。

コメリを撮影させていただきました。
帰ってから、屋根の上の自動車に気が付きました。

ラーメン食べたかったです。(違)
Posted by: カジパ  at 2011年04月22日(Fri) 23:40