CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月11日

障害者差別解消法 その後

 おはようございます!

台風19号、予想経路の一番端っこ 日本列島から少しでも遠いところを通過しろ!
と念を送っています!

以下長文です。

 先日、「障害者差別解消法」について記載しました。
なぜか?
この法律に抵触する差別を、やまびこが受けたからです。

 年間行事の一つである社会見学。
今回は千歳市の就労系事業所を見学の後、新規利用者さんの歓迎会を兼ね
昨年の胆振東部地震復興支援も兼ねて、胆振のとある温泉施設に予約を入れました。
こちらは、最初から障がい者の団体である事、重度障害の方もいるが自力歩行で移動できる、職員がついているので行動に不安はない旨は伝えました。
温泉施設側は、重度障害の方がいるという事で少し不安が有ったようですが仮予約完了!
(過去にちょっと大変なことがあったらしいです。)
人数確定と本予約の電話を入れ当日を待つだけ・・・・だったのに

次の日
温泉施設から電話が入りました。
「重度障害の方がいるので、予約を受けられない。」と・・・
最初から重度障害の方がいることは連絡済。
昨日の電話時点で断れるはず。

 私個人をご存じの方は、どうするかの想像は直ぐ出来るはずですが(笑)
一応、事業所職員なので自分の行動は自粛。
上司と共に恵庭市障がい者差別解消委員会に報告。
委員会でも法に抵触しているといってくださいましたが、
「温泉施設側が、障害者差別解消法を知らない場合もあるのでまずは調査をする」
と対応してくださいました。
・・・昨日、報告がありました!
温泉施設側は、やはり法律を知らなかったと。
以前、障害者による行動で施設側が、かなりのダメージを受けるほどの事をされた事などなど。
本当に申し訳なかった。是非おいで下さいと。

はい、ありがとうございます。
(個人的には〇の花が綺麗に咲くと聞いていたので行きたかったんですが
絶対行きません。)

この法律を周知する方法を考えるのも必要ですよね。

今回の一件は、石狩振興局へ報告します。

 私は、障がいを持っている方と仕事をしているので違和感や不安はほぼないのですが、
世間的には。やはり不安を持っている方が多いんだという事を感じた出来事です。
ではどのように彼らが、決して不安を持つ必要がないのか知ってもらえるのか・・・


地域に出ていく!


これしかないのでしょうね!
これからも『就労継続支援B型事業所 やまびこ』は地元恵庭市だけではなく
いろいろな地域で活動していきます!

ただし
もし,彼らが間違った行動を取っていたら

わかりやすく注意してください。
これはしてはいけないことだと。



良い事をしていたら、ありがとうと言ってください。


すべての人たちにやさしい街が

本当に住みよい街になるのだと願っています。


※今回の投稿はあくまでも個人的意見であり事業所全体の意見ではないことをご理解ください。
posted by 就労継続支援B型やまびこ事業所 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック