CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
3月9日(土) 原発事故の「記憶」ふるさとの「未来」 [2019年02月13日(Wed)]
東京電力福島第一原発事故が起きてからまもなく8年になります。
その後、メルトダウンした核燃料の回収などの事故処理が進まない状況であるにもかかわらず、原発事故の記憶は年々薄れつつあります。

原発事故が起きたために、長年暮らしてきたふるさとを後に避難しなければならなかった人々はどのような想いであったのか、ふるさとの未来を守るために私たちに今何ができるのかを考えるために、今年は、2本のドキュメンタリーを上映し、参加者で語り合いたいと思います。

20190309 原発事故の「記憶」 ふるさとの「未来」上映会(表).jpg


「飯館村 わたしの記録」(2013年)68分
 撮影・監督 長谷川健一
 2011年3月に起きた東京電力福島第一原発事故の後、6200人もの住民が村を追われ避難生活を強いられました。飯館村で酪農家として家族と共に暮らしてきた長谷川さんは、当事者の目線で自らの体験を伝えたいと、ビデオカメラを購入し、独学で撮影を始めました。
 本作品は2011年4月23日から8月23日までの4か月間に撮りためた約37時間に及ぶ映像を68分にまとめたものです。

「シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜」(2008年)60分
 監督 フランク・ディーチェ ヴェルナー・キーファー
 この映画は、ドイツ南西部、黒い森の中にある小さなまちシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリーです。


☆プログラムは以下です☆

日 時 :2019年3月9日
場 所 :さざんか会館1階 アクティブとっとり
    (鳥取市富安2丁目104-2)駐車場あり
資料代等:500円(映画2本とトークカフェ)

プログラム
第1回目 上映
10:00〜「飯館村 わたしの記録」(託児あり 3/5までに要連絡)
11:30〜「シェーナウの想い」(託児あり 3/5までに要連絡)
13:00〜みんなで語ろう!トークカフェ@
     「電力会社を選んで未来を変える」
第2回目 上映
14:40〜「飯館村 わたしの記録」
16:10〜「シェーナウの想い」
17:20〜みんなで語ろう!トークカフェA
     「原発事故から8年」
第3回目 上映
18:30〜「飯館村 わたしの記録」
19:50〜「シェーナウの想い」

※託児の方は3月5日までに下記の連絡先に申し込みをお願いします。
各映画は3回ずつ上映しますので、どこからでも自由にご参加ください。
映画の合間には、お茶・お菓子のサービスもあります♡

主催:えねみら・とっとり(エネルギーの未来を考える会)
   脱原発しょいや in とっとり

連絡先:080-6173-1318(山中)















続きを読む...
Posted by えねみら・とっとり at 12:23
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

えねみら・とっとりさんの画像
えねみら・とっとり
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/enemirabird/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enemirabird/index2_0.xml