CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
<被災地瓦礫広域処理問題>鳥取県議会の「広域処理推進」決議と、米子市民による「環境総合研究所・池田こみち氏講演会」 [2012年03月20日(Tue)]
 鳥取県の首長、県議会は、被災地瓦礫広域処理の問題で、国に追随する姿勢を明瞭にしています。

 これに対し、正しい情報を住民同士で共有しようと、鳥取県西部市民が急遽、実行委員会を設置し、環境総合研究所(http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm)の池田こみちさんをお招きし、講演会を持とうと呼びかけています。
 今や全国ひっぱりだこの池田さん、週末の来米子はご無理のようで、4月前半の4月10日(火)か、4月13日(金)を指定して来られました。日程が決まり次第、当ブログでもお知らせします。

 参照:池田こみち(環境総合研究所副所長、関東学院大学講師)プロフィール
 聖心女子大学卒業後、東大理学部、東大医科学研究所、ローマクラブ日本事務局などを経て1986年、環境専門シンクタンク、株式会社環境総合研究所を同僚の青山貞一氏と一緒に設立、常務取締役副所長。
 長野県総合計画審議会委員、長野県環境審議会委員等歴任、
 環境行政改革フォーラム幹事、事務局長、
 関東学院大学経済学部講師
img_420923_8525360_1.jpg

 
<報道による経過>
15日 米子市の野坂康夫市長が、市議会の市民福祉委員会で被災地瓦礫受け入れを表明。
    3項目の条件を提示。
    ◇市のクリーンセンターの処理基準に適合
    ◇安全性確保
    ◇焼却残灰の最終処分地の確保

16日 平井知事が、細野豪志環境相と電話会談。3点申し入れ。
    ◇焼却灰の最終処分は国有林で国が責任を持って行なう
    ◇県として 独自の受け入れ基準を設けた場合は了解する
    ◇がれき処理にかかる財政的負担を行なう

19日 鳥取県議会本会議で、瓦礫の広域処理推進を圧倒的多数で決議。
    反対にまわったのは
       日本共産党鳥取県議会議員団(2人)
       会派「かいしん」(1人)
       県議会とっとり (1人)
    決議案に賛成したのは、自民党、絆、かけはし、公明党議員団。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
がれき受け入れ 県が働きかけを
http://mytown.asahi.com/tottori/news.php?k_id=32000001203150002
朝日 2012年03月15日

◆県議会に決議案提出へ

 東日本大震災からの復興を阻む要因とされるがれきの処理について、県議会の複数の会派が、県に対して市町村へ受け入れを働きかけるよう求める決議案を提出する方針を固めた。2月定例会最終日の19日に提出され、可決の見込み。

 震災で発生したがれきについては、政府が、宮城、岩手両県分を全国で受け入れる「広域処理」を呼びかけたが、福島第一原発事故で飛散した放射性物質への不安から、受け入れは進んでいない。政府は、被災地以外の都道府県や政令指定都市、業者に文書で正式に協力を要請する方針。

 がれきを処理するための鳥取県所有の一般廃棄物の処分場はなく、平井伸治知事は県議会で「市町村や企業側に動きがあれば、後押ししたい。国とのパイプ役を務めたい」と答弁したが、県からの積極的な働きかけはしていない。

 県循環型社会推進課によると、県内の一般廃棄物の焼却施設は、市町や広域行政管理組合が管理する14施設と民間業者の数カ所で、最終処分場は行政と民間を合わせて3カ所。14日現在、受け入れを表明した市町や業者はないという。

 決議案に賛成する意向の主要会派は、自民党、絆、かけはし、公明党議員団で、議席の半数を超えている。賛成する会派の議員は「議会の後押しがあれば自治体も動きやすいのではないか」としている。(西村圭史)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

細野環境相に申し入れ 震災がれき処理などで知事
http://www.nnn.co.jp/news/120320/20120320006.html
日本海 2012年03月20日

 鳥取県の平井伸治知事は19日、本紙の取材に対し、米子市が震災がれきの受け入れ方針を表明したのを受けて16日夕に細野豪志環境相と電話で会談し、がれき処理などについて国の責任ある対応を申し入れたことを明らかにした。

 申し入れ事項は、焼却灰の最終処分は国有林で国が責任を持って行う▽県として独自の受け入れ基準を設けた場合は了解する▽がれき処理にかかる財政的負担を行う−の3点。細野氏は米子市の表明について謝意を述べた上で、申し入れ内容について「しっかり検討したい」と答えたという。

 また、平井知事は19日の県議会でがれきの処理の推進を県に求める決議が行われたことについて「県民の声の代弁として重く受け止める」と話し、住民理解を前提に実現に向けて調整する考えを示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by えねみら・とっとり at 13:17
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

えねみら・とっとりさんの画像
えねみら・とっとり
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/enemirabird/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enemirabird/index2_0.xml