CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
島根原子力発電所の地元同意に関するアンケート [2020年12月31日(Thu)]
2020年9月〜11月に、鳥取県・境港市・米子市の3自治体(「周辺自治体」)の首長と議員を対象に、「島根原子力発電所の地元同意に関するアンケート」を実施しました。
アンケートに協力及び回答を検討いただいた3自治体首長、議員の皆様に感謝いたします。

首長へのアンケート 20209月 首長へのアンケート.pdf
議員へのアンケート 20209月 議員へのアンケート.pdf

今回は、2019年のアンケート結果(※)を受けて、「地元同意」が求められる際、その判断基準として何を重視するか住民の意見をどのように取り入れるか住民投票条例の制定を求める動きをどう捉えるか等について、首長・議員の意見を知ることを目的として、アンケートを実施しました。
その結果については「3自治体首長」「鳥取県議会議員」「境港市議会議員」「米子市議会議員」の4つのグループに分けてまとめました。
各グループの回収率は、「3自治体首長」100%、「鳥取県議会議員」46%、「境港市議会議員」81%、「米子市議会議員」48%でした。


当会では、2019年6月にも、同様なアンケートを実施しています。その際は、原発稼働の最終判断に際し、どの地域(範囲)で、誰の意見を重視するかについて質問し、次のような結果が得られました。 
@原子力発電所稼働の最終判断をする地域(「地元同意」)の範囲は、「立地自治体と周辺自治体」とする意見が、すべてのグループで高かった。
A誰の意見を重視すべきかに関して、すべてのグループが「首長のみ」の割合は大変低く、「首長と議会の意見」と「その他(住民の意見)」に意見が分かれた。3自治体の全首長は、住民の意見を聞きながら議会の意見を重視すると回答した。
B住民の意見を取り入れる仕組みの必要性について、その形態に関して意見が分かれた。

【アンケート結果の概要】より
<「地元同意」が求められる際の判断基準>
 すべてのグループが「住民の意見」を重視している。また、「避難計画の実効性」「中国電力との安全協定」「使用済み核燃料の処分」を重視する傾向がみられる。
<県民/市民の意見を判断するしくみや場>
 県民/市民の意見をどこで判断するかについて、「議会」とする意見が最も多い。
 3自治体首長と鳥取県議会議員は、「境港市と米子市の原子力発電所環境安全対策協議会」(以下、「協議会」)をあげる意見が多い。境港市・米子市議会議員では、「協議会」をあげる意見は少なく、「住民投票」「議会」「公聴会」「住民投説明会」が選択されている。

【考察】より
1、「地元同意」を判断するための多様な基準について、議会で情報を共有し議論を深めることが求められる
地元同意」の判断基準として、3自治体首長は「国の適合性審査」、「議会の意見」、「住民の意見」のみを三者とも選択している一方で、議員は「住民の意見」に次いで、「避難計画の実効性」、「中国電力との安全協定」、「使用済み核燃料」と具体的な内容を重視している。
 特に、境港市・米子市議会議員では、「避難計画の実効性」、「中国電力との安全協定」、「事故後の影響」が多く選択されており、原発が稼働した場合の影響などを考慮し、より当事者目線で判断する傾向がうかがえる。
 議員が選択している判断基準の内容は多岐にわたっている。それらについて議会で情報を共有し、判断する際に議会での議論が深まることを期待したい。

2、県民/市民の意見を取り入れる場やしくみが曖昧で、現状では限定的である

(1)「議会」について
  「地元同意」が求められる際、その判断基準として「住民の意見」が重視され、県民/市民の意見をどこで判断するかについて、「議会」とする意見が最も多い。
  議会で原子力発電について意見を表明する議員や、選挙の際に原子力発電の「地元同意」の姿勢を公約に上げる議員は多くなく、議員が原子力発電や「地元同意」に関して県民/市民の意見を代表しているかどうかは、県民/市民にとって不明瞭と言わざるを得ない。
  境港市議会議員では、アンケートの回収率が高く、「地元同意の是非」について各議員の考えが示されており、オープンな場で議論する素地が準備されている様子がうかがえる。鳥取県議会議員と米子市議会議員では、アンケート回収率がともに50%未満であり、回答のなかった各議員の考えは示されていない。
  議員が選択している県民/市民の意見を取り入れる仕組み等の内容は多岐にわたっている。それらについて議会で情報を共有し、「地元同意」の判断をする際に議会での議論が深まることを期待したい。

(2)「境港市・米子市原子力発電所安全対策協議会」について
  県民/市民の意見を判断する場として、首長と県議会議員では「議会」についで「協議会」をあげる意見が多く、境港・米子市議会議員では少ない。この結果から、「協議会」の役割や位置づけが十分明確であるとはいえないと推察される。
  「協議会」には多様な市民層の代表が参加しているが、会議の内容は説明に対する質疑応答が主であり、どのような形で審議や決議、委員が必要とする情報提供が行われているか、実際の運営状況や議会への意見の反映プロセス等の確認が必要と思われる。
  また、協議会の委員の方々が、「協議会」を地元同意の判断をする際に、「県民/市民の意見を判断する場」と位置付けられているかどうかは、不明である。

3、多様な意見を交換するオープンな議論の場が必要である
地元同意」の判断の際に「住民の意見」が非常に重視されていることから、幅広い層の間で丁寧に情報を共有し、考え話し合い、多様な意見について交換しあう機会を、首長・議員・住民が前向きにとらえることが望まれる。

続きを読む...
Posted by えねみら・とっとり at 11:56
「原発震災と福島の今」〜分断を越えて被災者の人権を考える〜 [2020年09月15日(Tue)]
原発震災と福島の今〜分断を越えて被災者の人権を考える〜

原発事故から9年半過ぎましたが、原発周辺地域では今も4万人以上の人々が故郷に戻れない状況が続いています。避難や帰還の判断の過程では、放射能の影響をめぐって様々な分断も生じました。

第1部では、「福島の今」について、福島の自然と共に暮らしてきた武藤類子さんからお話をうかがいます。続いて、放射能と被ばくの問題で同様な分断に苦しんできた広島の方から、「黒い雨訴訟」にかかわってきた方の体験を聞きます。

第2部のトークセッション・ワークショップでは、ゲストのお二人、会場やオンライン参加のみなさんと一緒に自分の体験を通して共生への道のりを考えたいと思います。

日時:2020年10月4日(日)14:00〜17:00
会場:鳥取県立人権ひろば「ふらっと」(鳥取市扇町21番地)
参加費無料
定員:15名※
※人数制限がありますので、ご来場には電話かメールでの申し込みが必要です。
 ZOOMによるオンライン参加者も募集します。希望の方は9/30までにメールで
 の申し込みが必要です。
連絡先:080-6173-1318
    arisaema35@opal.plala.or.jp
主催:えねみら・とっとり(エネルギーの未来を考える会)
   公益社団法人鳥取県人権文化センター
協力:とっとり震災支援連絡協議会

【プログラム】
 第1部 「福島からあなたへ」武藤類子さん(福島原発告訴団団長)
     「広島から福島へ」  木原省治さん(広島原爆被害者の会二世部
 第2部 トークセッション・ワークショップ

20201004 チラシ表.jpg


20201004 チラシ裏.jpg



新型コロナウィルス感染症対策のため、ご来場の際は、マスクの着用手指の消毒にご協力ください。また、状況によっては直前でも中止になる場合がありますので、人権広場21「ふらっと」のホームページまたは、えねみら・とっとりのこのブログでご確認ください。

えねみらとっとりブログ https://blog.canpan.info/enemirabird/

鳥取県立人権ひろば21ふらっと https://jinkentottori.wixsite.com/jinken







Posted by えねみら・とっとり at 22:37
「福島は語る」上映会 in 米子! [2020年09月15日(Tue)]
「福島は語る」上映会 in 米子!

今年の3月に鳥取市で上映会を行い、大変評判が良かった映画「福島は語る」(土井邦敏監督)が今度は米子市で開催されます。
見逃してしまった方はぜひ、ご参加ください。

日時:2020年9月20日(日)13:30〜16:30
場所:米子コンベンションセンター 2F 小ホール
入場料:1000円
連絡先:090-4571-6576
    090-7138-0730
    080-6173-1318
主催:さよなら島根原発ネットワーク

新型コロナウィルス感染防止のため、当日の入場者数は限られますので、必ず連絡して申し込みをお願いします。
来場の際はマスク着用にご協力お願いします。
料金は原則として当日お支払いください。
感染拡大等により、会場が使用不可となった場合は上映会を中止する場合があります。(その場合、このブログでもお知らせしますので、確認してください)

福島は語る表.jpg

福島は語る裏.jpg





Posted by えねみら・とっとり at 22:12
「福島は語る」上映会 [2020年02月24日(Mon)]
 「福島は語る」上映会〜原発震災の証言者たちの声を聴く〜

 原発事故から9年目を迎える今、福島で暮らしてきた方たちの生の声を丁寧に聴いて集めた証言ドキュメンタリーを送ります☆

 土井敏邦監督は、東京オリンピックで浮足立つ日本では、福島のことは「終わったこと」と片付けようとしていると感じたそうです。
 そのため、原発事故によって人生を変えられてしまった100人近い被災者たちから集めた証言を丹念にまとめた土井監督は、その「福島の声」を忘却しつつある日本社会に届けたいと願い、この映画を作ったとのことです。

 昨年10月には「文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞」を受賞しています。2時間50分という大変長い映画ですが、この機会にぜひ、見ていただきたいと思います。

日時:3月7日(土)
 第一回上映 9時半から
(この回のみ託児あり 要連絡)
 第二回上映 14時から

場所:わらべ館いべんとほーる
   (鳥取市西町3丁目202)
駐車場有(満車の場合は、片原駐車場にとめてください。
              駐車券を無料処理することができます)

チケット代:前売り800円 / 当日券1000円
     (高校生以下無料)

チケット取扱店(鳥取市):
 今井書店吉成店 / 定有堂書店 
 とりぎん文化会館 / 水越屋
 (電話で取り置きします)

主催:えねみら・とっとり(エネルギーの未来を考える会)
    脱原発しょいや in とっとり
連絡先:080-6173-1318(山中)

※コロナウィルス感染が全国に広がっています。入り口では、マスクの着用・エタノール消毒のご協力をお願いします。
県内の状況が悪化した場合、中止になる場合がありますが、その際は前売りチケット代は払い戻します。
不明の点は上記の電話番号までお尋ねください。

20200307 福島は語る上映会チラシ表.jpg


20200307 福島は語る上映会チラシ裏.jpg



Posted by えねみら・とっとり at 19:02
原発が地域に及ぼす影響〜チェルノブイリの教訓〜 [2020年01月12日(Sun)]
菅野昭さん講演会「原発が地域に及ぼす影響〜チェルノブイリの教訓〜」

世界を震撼とさせたチェルノブイリ原発事故が起きたのは、1986年4月26日でした。
その後、放射能汚染地域における国際的な医療支援が始まる中で、現在長野県松本市長である菅野昭さんは、1991年からNGOグループの医師メンバーとして現地で小児甲状腺検診や外科治療の医療支援にたずさわってきました。
福島第一原発事故以降は、市長としての多忙な業務の傍ら、菅野さんは各地で放射能汚染の問題を中心に講演を続けてこられました。
菅野さんの体験に基づく貴重な話をこの機会にぜひ多くの方に聞いていただきたいと思います。

日時:2020年1月25日(土)14:00〜16:00
場所:米子食品会館 新館1階大ホール
   (米子市旗ヶ崎2030)
主催:島根原発稼働の是非を問う住民投票を実現する会・米子(準備会)
問い合わせ先:0859-32-4080

20200125 チェルノブイリの教訓.jpg

20200125 チェルノブイリの教訓裏.jpg 
Posted by えねみら・とっとり at 11:15
福嶋浩彦さん講演会「今なぜ、住民投票なのか」  [2019年12月20日(Fri)]
どんなに市長や議会が誠実にやっていたとしても、主権者である市民の意思とずれが生じる可能性がある。そういう時、主権者市民が市長や議会の意思を是正する大切な道具が住民投票だ。
地方自治の土台は、いざとなったら大事なことは「市民自身が決める」という直接民主制。その土台に間接民主制(二元代表制)を置いている。
そもそも地方自治は、徹底して市民から出発するものだ。
私はこれをやりたい、こう生きたいといった市民一人一人の「想い」から出発し、「想い」はみんな異なるのでみんなで対話し、合意をつくり、その合意で社会を築いていく。

住民投票について学びたい方、ぜひご参加ください☆

2019年12月21日(土)
 10:00〜 上道公民館 集会室
      (境港市上道町3186)
 14:00〜 米子市文化ホール イベントホール
      (米子市末広町293番地)

講 師 福嶋浩彦さん
   (中央学院大学教授 住民目線・山陰ネットワーク)
参加費 無料

20191221 福嶋さん講演境港.jpg


20191221 福嶋さん講演米子市.jpg

20191221 福嶋さん講演 裏.jpg
Posted by えねみら・とっとり at 15:26
講演&ダイアログ「福島のいまと私たちの未来」 [2019年11月23日(Sat)]
講演&ダイアログ
福島のいまと私たちの未来
〜安心して暮らす権利、放射能に向き合う地域の暮らし、自然と共生する営みを守り続ける二人のお話に耳をかたむけ、いまとこれからを一緒にかんがえてみませんか?〜

福島原発事故は、いまも続いています。しかし事故から8年半以上が経つなか、その風化がすすんでいます。
放射能のリスクが過小評価されることで、誰にとっても大切な、ふるさとで安心して暮らす権利、働く・営む権利、安全・安心に生きるために避難・帰還を選ぶ権利が奪われ、多くの人びとが苦しんでいます。
また、現地や当事者の声が適切に伝わらないことで、世代を超えて受け継がれる自然と共にある暮らしやコミュニティは分断され、負の連鎖がつづいています。
福島原発事故を経験している私たち自身と未来に関わるテーマとして、報道される機会が減り、なかなか伝わらない原発事故後のいまや地域再生の取り組みを知り、語りあいたいと思います。

日時:2019年11月30日(土)14時〜17時
会場:鳥取県立人権ひろば21「ふらっと」
  (鳥取市扇町21番地)
参加費:無料
定 員:30名 要申し込み
お申込み・問い合わせ先:070-5554-5813

第1部 「見えない化」のすすむ原発事故と被害の現状
    満田夏花さん 国際NGO FoE Japan理事、事務局長
第2部 持続可能な環境・循環・共生の社会をつくるために
    菅野正寿さん ふくしま東和有機農業研究会副会長
           里山文化あぶくま研究所共同代表
第3部 トークセッション&ワークショップ

20191130 福島の今と私たちの未来.jpg


20191130 福島の今と私たちの未来 (2).jpg

Posted by えねみら・とっとり at 09:15
NO NUKES ランチタイムアピール 中国電力への申し入れ文と質問書 [2019年10月30日(Wed)]
☆NO NUKES ランチタイムアピール☆
〜中国電力への申し入れ文と質問書を提出!〜

10月25日の金曜日、雨の中、毎年恒例のNO NUKES ランチタイムアピールを行いました。
参加者全員で脱原発の想いをアピールした後、中国電力に対しては申し入れ書を手渡しました。



また、昨年に続き、中国電力への質問書を提出しました。

2019.10.25中電への質問書表.jpg2019.10.25 中電への質問書裏.jpg


質問書に対しては今後日程を調整し、別途場を設定して行われる予定です。


Posted by えねみら・とっとり at 15:03
今年もやります! 中国電力鳥取支社前 NO NUKES ランチタイムアピール! [2019年10月18日(Fri)]
今年もやります!
中国電力鳥取支社前 NO NUKES ランチタイムアピール!

毎年恒例となった「原子力の日」を「脱原発の日」にするための中国電力鳥取支社前「NO NUKES ランチタイムアピール」を行います☆

日時:10月25日(金)11時30分スタート(11時15分集合)
場所:中国電力鳥取支社前(鳥取市新品治町1-6)

島根原発が止まってから7年9か月になります。
このまま原発のないふるさとを守りたいですね。

20191025 ランチタイムアピール.jpg
Posted by えねみら・とっとり at 20:01
島根原子力発電所の稼働了解に関するアンケート [2019年10月06日(Sun)]
「島根原子力発電所の稼働了解に関するアンケート」についてのまとめ

2019年6月20〜21日に鳥取県・境港市・米子市の3自治体首長および議員に対して、アンケートを行いました。
アンケートの内容は以下のようなものです。20190621 鳥取県議会議員へのアンケート質問.jpg

20190621 鳥取県議会議員へのアンケート資料.jpg


2019年9月20日の時点の結果として、回収率は以下のようになりました。

・関係自治体100%(3名中3名回収)
・鳥取県議会議員57%(35名中20名回収)
・境港市議会議員73%(15名中11名回収)
・米子市議会議員40%(25名中10名回収)

このような結果をもとに、集計し、以下にまとめました。
報告書1.jpg報告書2.jpg報告書3.jpg報告書4.jpg報告書5.jpg報告書6.jpg報告書7.jpg

なお、質問に対する関係自治体の各首長、各議員の回答は以下のようになっています。








Posted by えねみら・とっとり at 22:15
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

えねみら・とっとりさんの画像
えねみら・とっとり
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/enemirabird/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/enemirabird/index2_0.xml