CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月05日

第4回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス 主管

2021年12月4日(土)
横浜市みなとみらいにて、大会テーマ(海を知り・海を知る)第4回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンスを開催いたしました。
本カンファレンスは当法人が主管し、役員が実行委員長を務めました。
IMG_20211204_105307.jpg

基調講演は、公益財団法人日本ライフセービング協会常務理事風間様をお呼びし、「水辺の事故ゼロをめざして」
~東京オリンピック・パラリンピックの事例から見たアクアティックイベントの安全管理に関する課題と今後~をお話しいただきました。

また、シポジウムには以下の方々をお迎えし、安全に関する貴重な進言をいただきました。
茅根創 氏
(東京大学理学系研究科教授/東京大学海洋アライアンス推進委員)
武田聡 氏
(東京慈恵会医科大学救急医学講座主任教授)
音野太志 氏
(一般社団法人Japan Water Patrol代表理事)

さらにワークショップでは、多方面の分野から水辺の安全についてディスカッションが行われました。

A-1 どう違う!Near Drowning(溺れ)Protocol:SOLO vs WMTC
近藤大介(SOLO Japan)
森本弘太(Wilderness Medicine Training Center)

B-1カードゲームで体験する傷病者評価と救助判断 :水上、水辺、ビーチ編
河波 弘晃/一般財団法人エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団

C-1 水難事故に関する裁判例を通して学ぶ、法的責任の判断構造
稲垣尊仁(最高裁判所司法研修所付司法修習生)

A-2 野外救急法とメンタルヘルス:その評価、処置、避難レベル
・林健児郎(大阪YMCA/Wilderness Medicine Training Center)
・山本亮司(神戸YMCA/Wilderness Medicine Training Center)


B-2 海浜におけるリスクマネジメントと伝え方〜補助教材や、映像を活用しての学び〜
・音野太志(一般社団法人Japan Water Patrol)
B-3 新米漁師から見た海洋レジャーを考える
・中丸潤(マゴベイジャパン代表)

多くのの方々にお越しいただきましたこと、また本カンファレンスが皆様にとって実りの時間とできましたこと、関係者の皆様方に深く感謝申し上げます。

スライド1.JPG

WRMC.JPG

タグ:神奈川県
posted by ちょこ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習報告(野外救命)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック

 
 
  jsish-itc-banner.gif
日本医療教授システム学会
国際トレーニングセンター

 

JSISH_logo1_circle.png
日本医療教授システム学会



プロフィール
エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団さんの画像
エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団
プロフィール
ブログ
検索
タグクラウド
全国離島 愛知県 東京都 沖縄県 神奈川県