CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第5回 救護救急学会 学術集会にて出展 | Main | 市民(職業上対応義務者)向け BLS»
横浜・湘南・さいたまマラソン 救護 [2019年12月13日(Fri)]
11月・12月

関東地区の大規模マラソンである、横浜マラソン2019・湘南国際マラソン・さいたま国際マラソンにおいて、救護に入りました。私たちは、救護システムのエリアコントロールをさせていただいています。

【沿道を守ってくれる救護スタッフ】
DSC_0273.jpg
私どもが関わらせていただいている現場は、非常に優れた救護システムで動いています。
そのため、心停止事案の蘇生率は他では考えられないくらい高く推移しています。

その体制を円滑に回すため、事前に何度もミーティングを行い準備を進めています。


【高速道路上の救護所。搬送導線に制約があるため、特殊な配慮が必要】
DSC_0249.jpg



また、私ども法人理事も別途モバイルAEDとして参加。
遊撃隊として、BLSチームのサポートをさせていただきました。

本年も、大きな事故なく秋の一大イベントが終了です。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。
タグ:神奈川県
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント

 
 
  jsish-itc-banner.gif
日本医療教授システム学会
国際トレーニングセンター

 

JSISH_logo1_circle.png
日本医療教授システム学会



プロフィール

エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団さんの画像
検索
検索語句
タグクラウド