CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年11月12日

沖縄県西表島 ウィルダネス エマージェンシー ケア(野外救命)

本ブログでは、実施しましたコースの一部を開催報告として掲載しています。
講習の詳細はEMR財団ホームページをご覧ください。



11月11日

沖縄県西表島にて、ウィルダネス エマージェンシー ケア(野外救命)コースを実施いたしました。これで、八重山地方での講習は本年度最後となります。
講習企画にあたりご協力を頂きました下記の皆様、改めて心より御礼申し上げます。

西表島 西部診療所様
西表島 大原診療所様



【野外環境下での傷病者対応】
ウィルダネス ファーストエイド (3).jpg
ウィルダネス エマージェンシー ケア(野外救命)コースは、北米で発達したウィルダネス ファーストエイドの概念を基に行う、野外環境下での傷病者対応コースです。

救急車をすぐに呼べない環境を想定したこのトレーニングでは、傷病者評価を重要視します。

多くの場合、傷病者には複数の事が起きています。その一つ一つに疑いを持ち、記録し、観察し、評価し、優先順位を判断していきます。

【5つの症例に対し、優先順位を判断するトレーニング】
1542524166050.jpg




傷病者におきている機序は、病院内であっても病院外であっても同じです。
そのためきちんとした傷病者評価ができれば、対応の道筋は見えてきます。

しかし救急車の呼べない野外環境下では、傷病者に対してやりたいことがその場ではできないことがあります。

【傷病者を動かしたくない症例だが、搬送を優先すると判断】

ウィルダネス ファーストエイド (4).jpg


そのような中で大切なことは「なぜその判断をしたのか」を明確にし、説明できることです。


今回は、西表島におけるアウトドアガイド10名の皆様にお越しいただきました。

お越しくださいました事、心より感謝申し上げます、




posted by ちょこ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習報告(野外救命)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック

 
 
  jsish-itc-banner.gif
日本医療教授システム学会
国際トレーニングセンター

 

JSISH_logo1_circle.png
日本医療教授システム学会



プロフィール
エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団さんの画像
エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団
プロフィール
ブログ
検索
タグクラウド
全国離島 愛知県 東京都 沖縄県 神奈川県