CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年11月09日

沖縄県小浜島 職業上対応義務者に向けたアレルギー・エピペンコース 報告

本ブログでは、実施いたしましたコースの一部を開催報告として掲載しています。
講習に関する詳細はEMR財団ホームページをご覧ください。

11月7日8日

沖縄県小浜島 はいむるぶし様にて職業上対応義務者に向けたアレルギー・エピペン講習を実施いたしました。

【計3回のコース、約110名のホテルスタッフに参加いただきました】
アレルギー・エピペン.jpg
本コースでは、アレルギーの機序からその対応までを学んでいきます。

しかし、傷病者への対応を考えると傷病者評価も重要です。
そこで、アレルギー以前の傷病者評価についてもその概念を伝えていきます。
「命にかかわる問題点の見つけ方」
「優先順位の考え方」
「呼吸状況、血液循環に関わる生命的危機」
「ヒヤリング項目」

職業上対応義務者にとって、傷病者の異変に気が付き、正しく判断することは非常に重要です。

【観察とヒヤリングを実施する】
IMG_5703.jpg


その上で、傷病者に対するファーストエイドを実施していきます。

EMR財団はアレルギー講習において、エピペンの打ち方だけを教えることでは不十分と考えています。

そのため、様々な体験学習を通して考える時間を作っていきます。

【エピペンを打っても心停止が起きることがある。変化に対応できなければならない】
アレルギー エピペン講習.jpg


職業上対応義務者にとっては、事故の防止が重要です。
しかし、もし事故が起きてしまった場合、最後の砦となるのが傷病者評価と対応(応急手当)です。

今回は、非常に多くの方にご参加いただきました。
また、全ての方が真剣にアレルギーと向き合っていることを感じた2日間でした。

ご参加くださいました皆様、お呼び下さいましたはいむるぶし様、心より感謝申し上げます。
posted by ちょこ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習報告(アレルギー)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック

 
 
  jsish-itc-banner.gif
日本医療教授システム学会
国際トレーニングセンター

 

JSISH_logo1_circle.png
日本医療教授システム学会



プロフィール
エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団さんの画像
エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団
プロフィール
ブログ
検索
タグクラウド
全国離島 愛知県 東京都 沖縄県 神奈川県