CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
このブログは、NPO法人エンパワメントかながわの活動の様子をスタッフの目線で紹介しています。

 今、私たちは伝えたいことがあります。
☆☆ どんな人も暴力にあわずに生きていく権利がある。 どんな理由があってもいじめられていい人はいない! ☆☆
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エンパワメントかながわ
今年もやってます! AIDS文化フォーラム! (08/05)
虐待予防のための保育士研修 in 青森 [2012年10月29日(Mon)]
今回、
青森県子ども家庭支援センターからの依頼を受けて、はるばる青森市まで行って来ました。

青森4.JPG


前日に青森に入ったのですが、到着が23時過ぎ…
津軽海峡は雨模様でしたが暖かい。
ひっぱり出したヒートテックを着ていたけど、いらないくらい。
以前、青森駅からすぐの津軽海峡はイカ釣り船の灯りがキレイだったのに
今回はシーズンが違うのか、船の灯りは確認できなかった。

会場はアピオあおもり。
受講者は県内の保育士さんと、子育てアドバイザーのみなさんでした。
通常は2日間での内容を一日研修なので
午前と午後・・・ハードなものです。

みなさん、初めて顔を合わせた方ばかりなのに、
グループワークなど取り入れたので、
真剣に楽しく参加してくださいました。
青森3.JPG


研修は15時終了で私たちの帰る新幹線は17時。
時間がないところを、ほら、そこは食べることに使命?を感じる私です。

新青森駅で海鮮丼を注文(写真)
青森2.JPG


ようやく青森のイカをたべました。
隣のマグロは有名な大間のマグロです。
産地がしっかり店内に表示されていました。

この東北の自然を守るのは社会の、私たちおとなの役割り。
津軽弁の「け」は食べなさいねの意味。
子どもたちに「け」って自信をもって言えるためにも、豊かな大地を海をないがしろにしてはいけないよねって、帰りの新幹線で思いました。


 byのりぴぃ
Posted by エンパワメントかながわ at 20:51
芋煮会 [2012年10月09日(Tue)]

9月から10月にかけて
山形では芋煮会のピークになります。

ワンシーズンで
学校仲間で、子ども会で、職場で・・・
ひとり何回も芋煮会をするのが山形では当たり前です。
馬見ヶ崎川の河原には
水道、洗い場、トイレからゴミ置き場まで完備。
近くのスーパーだったら鍋からゴザまで無料でレンタル。


さすがに横浜ではそんな場所はないのですが
今回の連休に海が見える横浜で・・
八景島が遠くに見える町内会館で、
山形タイプの芋煮をしました。
芋煮会.jpg


実は豚肉で芋煮をする土地もあると聞いたのですが
はっきり言って邪道です。
豚肉だと豚汁に近すぎるだろう〜。


芋煮は
ぎとぎとの脂いっぱいの牛肉からのうまみが
里芋と、こんにゃくと、キノコ類とネギにしみこんでのおいしさだと
私は確信しているんです。。

ようやく秋めいた日だったので
汁物、温かいものはいい感じでした。
これに梅子さん作、あさりの炊き込みご飯のおにぎり。
ぬか漬け、たくあん・・サイコーでした。


今回の参加者は
エンパワメントかながわ
「デートDV防止ユースプロジェクト」
に関わっている大学生のみなさん。
写真 (2).JPG


連休にもかかわらず、
今年度の企画
「デートDV予防のために動画を作ってネットにアップしよう」
のために集まってくれたメンバーです。

ユースメンバーはこれからスマホで
デートDVではない関係をテーマにした
インタビュー動画を撮影して、YouTubeにUPを目指します。

楽しみ〜


    byのりぴぃ
Posted by エンパワメントかながわ at 22:02
いじめ緊急ワークショップ報告 [2012年09月01日(Sat)]
8月30日の夜
いじめ緊急ワークショップを開催、無事終了しました。

開始直後は空席がありましたが、
その後、ぞくぞくと参加者が増えました。
P1000367.JPG

18時からの遅い時間からの開催でしたが
約20人の参加がありました。

私たちが出会ってきた子どもたちの声を
伝えることができました。

イベント終了後の振り返りでは、
子どもたちの声を伝えることを、いろんなカタチで
(ブログや冊子?で)もっともっとしていきたいねと
話しました。

参加してくださった方の声もアップします。
イベントを企画した私たち自身もエンパワメントされました。

「今回は、今後の仕事へのヒントになるかと思い、
参加をしました。
声掛けひとつで、子ども達の気持ちがこんなに変わるのかとあらためて感じました。
私だけは最後まで味方でいる≠アの気持ちで、
新学期からまた、頑張り(?)ます!」


「いじめを打ち明けられた場合
自分も「○○したらいいんじゃない?」と言ってしまうかもしれません。
まずはキモチを聴く、どうしたいかということを言ってもらうことが
大切なのだと感じました」


「今日は教員以外のたくさんの方々と
「いじめ」や「人権問題」について話すことができて、
とても有意義な時間となりました。
学校は子ども達の人権を守る最前線なので、
明日からまた気を引きしめて取り組んでいこうと思いました。」



by真紀
Posted by エンパワメントかながわ at 11:06
子どもたちの声 [2012年08月28日(Tue)]
ワークショップの後に、
子どもたちが感じたことを話してくれることがあります。

小学生の感想を少しご紹介します。


いままでは友達とかに
いや≠ニはっきりいえなかったけど
 CAPをやって、きちんといやなときには
いや≠ニいえるようになった」

「ワークショップをやったあと友達に
やさしくしようと思えました」

「CAPの人に相談したら
 一緒に考えてくれて良かったです。だから今はその友達とは仲良くしています
CAP08283.jpg

かわいいイラストをかいてくれました。

人にはけんりがあることを知ったので、
ほかの人からけんりをうばわないようにする」

「よくケンカをしてしまう友達と仲良くなれた」

「さいきんは、いやだとかがいえるようになった」


「以前より、危ないことや友達の
せっし方を考えるようになりました」

「私は本当にイヤな時やめて!
とはっきりと言えませんでした。
 でも、CAPをやってやめて≠ニか
にげるとかしよう!と思いました」

「私は、いじめ、人のけんりをうばってしまうのは
いけないと思います」
CAP08282.png



いじめ緊急ワークショップでは
子どもたちの声をみなさんに届けたいと思っています。


8月30日(木)18時〜20時
会場:かながわ県民センター301会議室
参加費:無料

申し込み、問い合わせは
NPO法人エンパワメントかながわまで。
TEL:045−323−1818
FAX:045−323−1819

by まらいあ


 
Posted by エンパワメントかながわ at 16:11
「子どもの護身法」があったらいいな [2012年08月22日(Wed)]

黄色いランドセル。
何を思い浮かべますか?

小学校に入学したての一年生。
多くの人がそう答えるでしょう。

私の娘が小学校一年生になった時、
初めて小学校に登校したのは入学式です。
そこで配られたものが
黄色いランドセルカバーでした。

交通安全のために、
大変重要な意味のあるものです。

でも・・・
私は、小学校一年生の目印でもあるように感じました。
「一人歩きや子どもだけでの行動が初めてです!」
っていう…

幼稚園や保育園のうちは、一人で登園することはありませよね。
でも、小学校入学と同時に、子どもだけで登下校

ランドセル.jpg

(写真はイメージです。写真提供はペイレスイメージス)

入学後すぐに行われる交通安全教室のように
「子どもの護身法」もあったらいいな。

それが、すきっぷ(子どもの護身法)を開発しようと思った
きっかけでした。

とかくこの時代、
知らない人はみんな怖い人!!??
そんな話はよく耳にするけど…

子どもを守るために、どんな情報が必要なの?
子ども自身はどうしたらいい?
でも、そんなプログラム、見当たりませんでした。

思い立ったが吉日。
さっそくプログラム開発の助成金を取って、
開発と提供を始めたのが、今から5年前。

やりたいことを、やりたい人が、実現することができる、
それがモットーのエンパワメントかながわです。

多くのスタッフの協力によって、すきっぷは生まれました。

すきっぷ画像300.png




いやだな、変だなという気持ちを感じること。
その気持ちを感じた自分を信じること。
そして行動に移すこと。

すきっぷの大切な柱です。

わかりやすい絵のパネルを使い
小学生が出合いそうなシチュエーションの劇を取り入れたワークショップ。
子どもたちは自分の気持ちを感じながら、できることをたくさん考えてくれます。
私たちは子どもの意見を尊重し、楽しくワイワイとプログラムを進めます。

最後におとなからの様々な声掛けに対し、
自分なりの方法で逃げることができた子どもたちの瞳には、
キラキラとしたチカラがみなぎっています。

写真は昨年度開催した時の様子です。
skipi2.JPG



子どもたちがもともと持っていたたくさんの力を感じ、
いつも私たちがエンパワメントされてプログラムを終わります。

もっとこのプログラムを知っていただきたく、
公開のワークショップも行っています。
親子で参加できるすきっぷは大変好評です。


夏休みもいよいよ終わりに近づき
もうすぐ学校が始まりますね。
今月はこちらで開催されます。

8月26日(日)14時から15時半
神ノ木地区センター JR横浜線大口駅徒歩5分

詳細はこちらへ ⇒
http://npo-ek.org/newsmenu/90-2012-07.html

お問い合わせは当団体事務所まで。
TEL:045-323-1818

by いけひろ
Posted by エンパワメントかながわ at 00:18
いじめ緊急ワークショップ [2012年08月18日(Sat)]

「いじめ」に関する報道が、あとを絶ちませんね。
それを耳にするたび、だれもが心を痛め、
不安な気持ちを抱えているのではないでしょうか。
でも、みんな、
なんとかしなくちゃって思っていますよね。

「あなたはとっても大切」というメッセージを
これまでに多くの子どもたちに届けてきた
エンパワメントかながわからも
どうしても伝えたいと思うことがあります。

思い立つといてもたってもいられないメンバーです。

「いじめ緊急ワークショップ」を急きょ企画。
8月30日(木)に開催することになりました。

kinkyuu300.jpg


今、団体のホームページや
facebookページ、twitterなど、ネット上での呼びかけを中心に
多くの方に開催のお知らせをしています。

詳細はこちら ⇒
http://npo-ek.org/newsmenu/98-20120807-2.html


告知を開始してから
テレビ局のニュース番組の担当者等からも問い合わせをいただき
やぱり関心が高いんだなあ…と実感しています。

「いじめ緊急ワークショップは子どもに対して行うんですか?」
そんな質問もいただいています。


私たちがCAP(子どもへの暴力防止)プログラムの
ワークショップで
出会った子どもたちはこれまでに10万人以上・・

CAPプログラムの詳細はこちら
http://npo-ek.org/activity.html

写真は小学校での
CAPワークショップの様子です。
0507ある日の子どもWS@.JPG


ワークショップの後に、
子どもたちが感じたことを話してくれることがあります。


「自分はいじめをしていたけど、もうやめたい」
「仲間外れしていた子に謝りたい」
「今度こそ、いやだということを言葉で伝えたい」

その思いを受けて止めて、
子どもができることを支援していく…
それはすべてのおとなが、できること。

子どもたちのもともと持っている
心の力を多くのおとなに伝えたいです。

どんな人も暴力にあわずに生きていく権利があります。
そして、
どんな理由があっても、いじめられていい人はいません。



私たちが日々の活動で出会う子どもたちのなかには
「自分はちっぽけな人間なんだ」
「自分は何もできないんだ」
と口にする子もいます。

ともすると、私たちは人と自分を比べながら生きてしまいがちです。
そんな時、人の比較ではなく
「世界にたった一人の自分」
「一人ひとり違う可能性をもった人間」
子どもたちにそのまんまの自分を認め
「自分を大切にしていいんだよ」と
何度も何度も伝えたい、言いたいと思ってしまいます。

今を精一杯生きている目の前の子どもたちが
一人ひとりが大切な存在として生きていく社会になるために
おとなとしてできることを一緒に考えましょう。

8月30日(木)18時〜20時
会場:かながわ県民センター301会議室
参加費:無料

申し込み、問い合わせは
NPO法人エンパワメントかながわまで。
TEL:045−323−1818
FAX:045−323−1819


byまらいあ








Posted by エンパワメントかながわ at 09:58
Healthyな関係 [2012年08月05日(Sun)]
2012エイズ文化フォーラム@.JPG

前回のブログで紹介した
デートDV防止ユースプロジェクトの発表が
8月4日、無事終了しました。


今回、担当したのは、プロジェクトの中の7名の大学生。

大学生が大学生に行った「恋愛についてのアンケート」をもとに
みんなで考えた「デートDVをなくしていくためにできること」・・・
2012エイズ文化フォーラムA.JPG



約1時間半のワークショップをとりまとめたユースプロジェクトのメンバーの底力に、
誰よりも私自身が驚かされ、そして、大きな力をもらいました。

2012 エイズ文化フォーラムB.JPG


プロジェクトに関わってまだ、1か月の人もいれば、
2年目の人もいましたよね。

それぞれのメンバーが、
デートDVについて、人と人との関係について、
一生懸命考え、それを発表したことに、ただただ感謝でした。

☆☆ユースたちに教えてもらったこと☆☆
デートDVだなんて、他の人から言われたくない
好きっていう気持ちは、何よりも大事にしたい
デートDVではない関係を提案していくことで、
デートDVをなくしていきたい

デートDVではない関係を、
「Healthyな関係」という言葉で考えてみよう

「Healthy Relationship」とは、恋人に限らず、
人と人との関係であって、
心身ともにHealthyであることが大切・・・

恋人との関係について、
「それって、デートDVなの?」って、考えるよりも、
「Healthyな関係かなあ?」って、考えてみるほうが
ずっと伝わりやすいんです。

「マイナスな面からではなくて、プラスな面から考えていこう」
という提案を、これからもっと広げていきますよ。
ユースプロジェクトの今後の活躍に、乞うご期待!

そして・・・あなたにとっての「Healthyな関係」って?


    by真紀
Posted by エンパワメントかながわ at 21:02
今年もやってます! AIDS文化フォーラム! [2012年08月03日(Fri)]
今年もAIDS文化フォーラムが始まりました。

20120803103629.jpg


今年で19回目の歴史あるフォーラムです。

エンパワメントかながわは、
設立した2004年から毎年参加しているので、9回目。
夏の一番暑い時期だけど、
ここに来ると、毎年必ず会える顔がたくさんあって、それが何より嬉しいんです。

20120803103530.jpg




あちこちから、久しぶり〜、元気だった?という挨拶が聞こえます。
中高生のボランティアがたくさん活躍していることがすごいと思えます。
いつものサポセンがこの3日間はちょっと違って感じられるほど、
活気にあふれます。

開会式での「できることをできる人がつながりながらやっていこう」
という岩室先生の言葉がやっぱり嬉しかった。
20回目以降もずっと続けてほしいから、
明日と明後日、たくさん来てほしいな。

エンパワメントかながわは、
明日、8月4日 16時から18時に
大学生を中心とした
デートDV防止ユースプロジェクトとのコラボ企画を発表します。


8月4日(土)16時〜18時 かながわ県民センター 305号室
「つきあうって、どこから?」

会場でお会いしましょう!!!

 by 真紀
Posted by エンパワメントかながわ at 19:23
プロフィール

エンパワメントかながわさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/empkng/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/empkng/index2_0.xml