CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
このブログは、NPO法人エンパワメントかながわの活動の様子をスタッフの目線で紹介しています。

 今、私たちは伝えたいことがあります。
☆☆ どんな人も暴力にあわずに生きていく権利がある。 どんな理由があってもいじめられていい人はいない! ☆☆
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エンパワメントかながわ
今年もやってます! AIDS文化フォーラム! (08/05)
子育ては不安だった [2012年11月04日(Sun)]
子育てがもっと楽しく、ラクになるためには
どうしたらいい? というテーマで
CAP担当のミーティングをしました。


「CAP(子どもへの暴力防止)プログラムを
子どもが小さい時に知っていたら
もっと子育てがラクになっていたね〜」
これはみんなの共通意見!

子育ての現状はどうなんだろ?と
思うことを出し合っていたら
子どもが小さかった頃の自分の子育てが、
辛かった、苦しかった話に発展。

「子どもに手を上げたくなるとき」
写真 (4).jpg


1992年に学陽書房から出版された本なのですが
この本のことを私が知ったのは、娘が0歳の時。

泣きわめく娘を抱っこしながら見た夕方のニュース番組の特集で
この本のことが取り上げられていたのです。
子育てに悩むママたちが、
思わず子どもをたたいてしまって
自分が深く落ち込んでしまう。。という内容でした。

fumira_baby03_soft.gif



早速この本を読んでみると
どれも育児に悶々としていたその時の自分の思いとぴったり。
当時編集ライターの仕事をしていたので
編集部に復帰したら、
著者の橘由子さんに会ってインタビューしよう!
と思ったくらいです。
(余談ですが、取材申し込んで記事書きました!)


もしかしたら・・と思い、
本棚を探してみると
20年前に読んだその本が見つかりました。

ところどころの文章にマーカーが引かれていて
自分の思いを時間を超えて確認した、そんな感じがしました。

「それぞれの子育てさがし」という最後の章に
ひときわはっきりと目立つ部分がありました。
その文章を読んでびっくり・・

「母親が自分を大切にするということが、結局、
家族を大切にすることにつながるのだと私は信じている

そう書いて、本が締めくくられていました。

「自分を大切にする」・・・
今、ワークショップを通じて多くの人に伝えていること。
そんな言葉を見つけて、時間を超えてうれしい気分になりました。

  by まらいあ











Posted by エンパワメントかながわ at 00:25
開発チームに感じた気持ち [2012年07月30日(Mon)]
東京都内から依頼がきて、
子どもの護身法「すきっぷ」の講座を開催しました。

写真は、「おとな説明会」
すきっぷ7月A.JPG


子どもたちとの護身法ワークショップの後に
参加した子どもたちの保護者へ向けて開催します。

すきっぷプログラムの詳細はこちら⇒ http://npo-ek.org/skip.html


その間、参加した子どもたちは
ちょっと場所を移動して、折り紙したり、絵を描いて待っています。
すきっぷ7月@.JPG




今回のすきっぷはスタッフ4名で担当しました。
「今日のメンバーはすきっぷ開発メンバーなんです」って挨拶。

その言葉を聞いて、思い出したことがありました。

このプログラムの開発が始まった頃、
私はエンパワメントかながわに、
自分の居場所が見つけられないでいた時期だった・・
なんでだろうね、本当はあったかも知れないのに。

私はもちろん「おとな」だし、
「ここでなくても私の存在価値も居場所もあるさ」って考えようとしていました。

いつ離れようかという迷いと
子どもの護身法プログラムの開発への思いが同時進行の状態だったのです。

でも今も私はまだエンパワメントかながわの活動を続けている・・

その理由を考えると
プログラム開発メンバーとの率直な関係が築けたことだったのではなかったかな・・
と思うのです。

もともとチームの仲良しこよしを望んでいたのではなく、
「いいよね」「これって分からないよね」「これって変だよね」って言い合える
率直な物言いと、それが言える場の安全があったからなんだろうね。

すきっぷは護身法のひとつです。
それは「これって変だな、大丈夫かな」って感じる心、
その感じた事を自分で信じる心、だからこそ行動に移せることです。

私が開発チームに感じた気持ちが
まさにすきっぷの基本の考え方と同じ。

自分の感覚を信じていいんだよ、無理しなくてもいいんだよ。



   by のりぴぃ
Posted by エンパワメントかながわ at 20:04
我が家の中学生 [2012年07月18日(Wed)]
えんぴつ.jpg



もうすぐ夏休みですね。
我が家には中学生の子どもがいます。
二期制のため、夏休み前は中間試験のみ。


先日、英語のテストが終わった日の母と子の会話 ・・

子:やばいよ、ママ、英語の問題、裏にも問題があったんだよ。

母:それでどうしたの??

子:余裕で終わったと思ったと思ったのに、
  5分前になって、気がついて急いでやったけど終わらなかった(-_-#)

母:残念だったねf^_^;でも、解答用紙見て、変だって思わなかったの??

子:一応思ったけど、余りかと思った!

母:f^_^;

子:先生、問題、出しすぎなんだよ。一枚でいいのに(`o´)

母:次から良く見てやればいいんじゃないf^_^;

〜やはりテストの結果は100点満点中、半分ちょっとだった(-_-#)〜

〜そして三者面談があった昨日の夜の息子の一言〜

子:次のテストの目標決めたよ!!
  英語、半分ちょっとでこの点数(55点)だったんだよ、すごいよね。
  だから今度は全部できれば80点くらいにはなるだろう(^_^)v

母:前向きでいいことじゃないf^_^;

一応、思春期真っ只中の子どもなんですけど…

  by EKメンバー、中学生の母

Posted by エンパワメントかながわ at 22:28
プロフィール

エンパワメントかながわさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/empkng/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/empkng/index2_0.xml