CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
このブログは、NPO法人エンパワメントかながわの活動の様子をスタッフの目線で紹介しています。

 今、私たちは伝えたいことがあります。
☆☆ どんな人も暴力にあわずに生きていく権利がある。 どんな理由があってもいじめられていい人はいない! ☆☆
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エンパワメントかながわ
今年もやってます! AIDS文化フォーラム! (08/05)
養護施設の子どもたちと [2012年09月08日(Sat)]
毎年CAPを開催している児童養護施設の子どもたちに
CAPワークショップを届けて来ました。

今年は4才〜9才までの子どもたちに、
就学前プログラムを実施。
 *CAP就学前プログラムの詳細はこちらへ
http://npo-ek.org/capworkshop/capworkshopchild1.html

就学前プログラムは3日間かけて実施します。

【1日目】
「何するのかなぁ〜」・・・
子どもたちが部屋に集まってきました。
ワークショップが進んでいくと
だんだんと「安心」「自信」「自由」を感じはじめて、

「けんり」を守るためにできること、
友だちとしてできることに力を発揮しました。


【2日目】
「今日は何するの〜」と早くも前の席の取り合いf^_^;
2日目は、知らない人からの声かけの人形劇
です。
CAP人形劇.JPG

こんな感じに等身大の人形を使います。
人形が話す会話に
子どもたちが自分の意見をしっかりとそして、
沢山の考えを伝えてくれて、にぎやかな一時でした。

【3日目】
子どもたちの目がキラキラ、ニコニコと、
一番乗りしたくて、部屋に入ってきました。
1日目より2日目、3日目になると、
子どもたちの表情も和らぎ私たちも楽しみに来てくれたことにほっとしつつ、
ワークショップは今日で終わり。
もう会えないなぁという思いもわいてきます(ρ_;)

3日目通して、
とっても活発に沢山の考えを話してくれた子どもたちに、
職員さんたちもびっくり(@_@)したそうです(^_^)v

CAPのワークショップで子どもたちの持っている力を実感できたこと、
これから先、いろんな試練があるかもしれないけど、
きっと乗り越えて行けるって信じています。

児童養護施設だからこそ、
一人ひとりの子どもたちがゆっくりと
「安心・自信・自由」について考え、感じ、実感してほしいと願ってますo(^-^)o

By ヒロミ
Posted by エンパワメントかながわ at 00:56
母子支援施設でのCAP [2012年08月13日(Mon)]

毎年、花火の季節になると、CAPを行う母子支援施設があります。

021084.jpg


ここでCAPワークショップを開催するようになって
今年で5年目。

小学生プログラムは、通常、学校では60分を1回で行いますが
そのプログラムを2日間に分け、
ゆっくりと一人ひとりの参加度に合わせ進めます。

031322.jpg


毎年、継続して参加してくれている子どももいて、
初めての子どもたちを楽しくリードしてくれていました。
継続は力です。

ちょっと思春期に入りだしている高学年の子どもたちも、
低学年の発言に耳を傾け、
自分の「安心」「自信」「自由」の権利について
考える時間ができて、とっても良かったと、
同席してくださった職員さんからも感想を頂きました。

中高生のCAPワークショップでは、
人数が少なかったこともあり、
茶話会のように、テーブルを囲み、
ちょっとした雑談から入って、
緊張をほぐしながら表情を見ながら進めていきます。

ぱんだ小.jpg


小学生も中高生も来てくれるかな〜
ドキドキしながら会場で待っていると・・・

1日目より、さらに2日目、
ニコニコっとしながら部屋に入って来てくれました。
それが何より、とってもうれしいかった〜o(^-^)o

ワークショップに安心して、楽しく参加できるのは
その様子をまた温かく見守っている職員さんがいるからこそ・・・
私たちスタッフは、そんな子どもたち自身がもともと持っている
「力」を、今年も実感しました。


私たちは、ワークショップをしながら、一人ひとりの子どもやおとなが、
たくさんの安心を感じ、自分の気持ちを大切にしていってほしいと思っています。


021026.jpg


また来年も、その次の年も、ここでワークショップをしたい、
安心・自信・自由を届けていきたいです(^_^)v

by ヒロミ
Posted by エンパワメントかながわ at 23:09
夏休み直前のCAP [2012年07月19日(Thu)]
小学校のCAPワークショップに行きました。
明日までが授業、その後が夏休みになります。

先生が「黒板は使いますよね」「はい」・・
教室に入ったら
子どもたち(2年生)が私たちを歓迎してくれるコメントと
かわいい絵を黒板に書いてくれていたのです。


ブログ0719@.JPG


みんな〜 ありがとう。とっても、うれしかったよ。

大事な絵は消さないよう黒板のあいているところを使ってワークショップを進めました。

中休みの後の実施だったので
真っ赤な顔の子どもたちもいたけれど
みんな集中して、楽しいワークショップとなりました。

夏は太陽の力が強いせいか
子どもたちをびっくりするほど成長させてくれる季節です。

上履きも小さく感じられたり
なんだかぐ〜んと自分らしさが出てきたり。

そんな事を感じることが
CAPスペシャリストの私たちも成長させてくれるんだね。




     by のりぴぃ

Posted by エンパワメントかながわ at 21:06
中学生向けCAPワークショップ [2012年07月14日(Sat)]
中学CAPC.jpg




久々に中学生とのCAPワークショップを行いました。
2日間にわたるプログラムなので、同じ学校へ2回いきます。

1日目は、「何が始まるの〜?」とちょっと様子見の子どもたち。
中学2年生は外から来たCAPの私たちをちょっと距離を置きながら迎えてくれました。

CAP中学生暴力防止プログラム・・・主な内容
1日目は「知らない人からの性暴力」「いじめ」について
2日目は「親からの体罰」「知っている人からの性暴力」
  ⇒ その詳細を知りたい方はこちら 
     http://npo-ek.org/capworkshop/capworkshopchild3.html

う〜ん・・ 文字で書いてしまうと、結構ハードな内容ですよね。

最初から最後まで
みんなが持っている「安心」「自信」「自由」の3つの大切な権利
「人権」の概念で貫かれていること。
そして、その人権が奪われる暴力の具体的な例を示して
大切な自分を守るためにできることを一緒に考えていきます。


なかなか意見を出しにくいことを配慮して
グループでの意見を紙に書いて出してもらっています。

たくさんの考えや意見が出てきました。

2日目になると、だいぶ、打ち解けてくる感じがします。

2日間かけて、学校へ通う意味を感じます。


中学生向けのCAPワークショップは数としては少ないけれど
とても貴重な機会・・・

これまでの経験を集約するくらいの感じかな〜
私たちもとても勉強になります。

出会った、中学生たち、ありがとう。

来年もまた、この中学校へ行けるといいな。

みんな、ご苦労様でした〜♪


by まらいあ
Posted by エンパワメントかながわ at 09:32
プロフィール

エンパワメントかながわさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/empkng/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/empkng/index2_0.xml