• もっと見る

先取り未公開映画情報

このブログは、主に海外映画の評判の翻訳記事をお伝えします。
海外で公開された映画と、日本で公開されるまでの時差を利用し、よりよい映画をよりたくさんの人に見てもらうことを目的としています。

トランサミンカプセル



プロフィール

船橋 優輝さんの画像
船橋 優輝
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/eiga/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/eiga/index2_0.xml
/
久米信行著 ピンでいきなさい [2014年01月15日(Wed)]
私の「起業プランニング論」の恩師である、久米信行先生の著書「ピンで生きなさい」
pin.jpg

(016)ピンで生きなさい: 会社の名刺に頼らない生きかた (ポプラ新書)

「ピンで生きる」ということは、社会から孤立するあり方ではなく、それとは反対に社会に対して積極的に自分を開いていくあり方なのだと感じた。

時として集団から孤立し、ただひたすら自分の信じる道を進まねばならない時もある。
しかし、人間は人と人との関わりを通じて生きている。

だからこそ、あらゆる人に対して好奇心を抱いて自らを開いていく、時には自らを犠牲にして。

なぜ、そんなことができるか、そんなことをする必要があるのか。

それは自分らしく生きるため。
人と人との関わりの中で生きる人間は、自分らしさも人と人との間にある。

だから、「世のため=自分のため」に生きることができるのだと感じた。


「荒れ狂う波を渡す橋」のような存在になろう、と常日頃思っている自分にとって最適な1冊となった。(「ヤマハの黒いギター」までは行かないまでも、1つ目の合鍵は開けられたかもしれない。)



明大本講義ブログ
https://blog.canpan.info/meiji_venture/
明大生との一問百答ブログ
http://editors.keikai.topblog.jp/
久米繊維工業サイト(著者が代表を務める)
http://t-galaxy.com/
タグ:久米信行
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント