CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 子ども権利 | Main | 多様性»
相手を柔軟に受け入れてゆく、自分も変わってゆく [2017年01月09日(Mon)]

 私は、80年代に学生時代をおくっているので、学生運動や原理的な政治・社会運動を知りません。ただ、左翼的な政治運動に関わる人は、私の目から見て(いまもそうですが)善良な人が多いことに気がついていました。まじめで、困った人への配慮さえも欠かしません。自分の時間、お金をいくらつぎ込んでも惜しまない勇気には感動さえもします。
 しかし、その妥協を許さない、相違点を見つけては相手に打撃を加えるだけの論法には、同調はできませんでした。意見が違う人たちを遠くへ追いやるだけだし、時には分裂さえも辞さないからです。自分たちを守っているだけではないか?と思うことさえありました。私たちは、困難を抱えた人が生きやすいような変化をおこしつづけて、社会が変わっていった時に仕事をしたと実感します。
 町のおばちゃん。建設業の人たち。日雇いの人。風俗のお姉さん。私は誰とでも話をさせていただきます。その人を知らなければ、その人が抱えている困難もわからないからです。困難さは、その人にとって絶対的です。そこを理解されないと誰も心を開きません。
 
 同情は絶対何も生まないと思います。そんな安っぽものではない。ただ相手を受け入れること大切です。

 私たちは、戦後の民主主義の経験を70年以上積んでいるはずですが、実は、人の気持ちのやりとりが見えていないのではないか?とふと気がつきます。そこが本当に大切なのにと。昨年、日米首脳が広島とパールハーバーを訪れました。この不戦の誓いを、現実に変えててゆくには、受け入れることが必要であると。
 トランプも安倍さんも受け入れることを続ければ社会は変わるのだと実証して欲しいです。

そして私たちの、身近かな他者も受け入れあえば変化はきっと、相手の方に生まれると信じています。
放置される子ども [2016年08月30日(Tue)]

子どもの貧困は、6人に一人。ひとり親の子どもの貧困率は約50%。だから、子どもを支えよう。このような論理が成り立つこと自体は非常に歓迎すべきことだと私は思っています。でも、この子に手あてしなければ、誰かが関わらなければ。学校も民間も手をだそう。子どものソーシャルワーク事例が少なすぎて・・・。社会との接点が少ない子どもほど放置されます。
 昨年おきた、川崎市の子どもの殺人。最近起きた16歳少年の死。いづれも、複数の子どもが殺人に加担しています。殺人をおかした子どもの達も、誰かに差別されていたということを忘れてはいけません。残忍な思いを抱くには理由がある。私たちは、それをしっかりと理解しなければ、「命の大切さ」を子どもに説教するだけで終わってしまいます。
 誰かが、そうした子どもがいれば、フォローして自分たちの中のどこかに位置付けてあげることが必要じゃないですかね。しっかりとかまってあげることが。大人は子どもを放置してはいけません。
子どもの権利ー4ー [2016年05月09日(Mon)]

 現在、朝日新聞で子どもの貧困の問題が記事になっています。お金だけではなく、その人の自尊心さえ奪われてしまいます。とりあえず、お金になればそれでいいのか?と錯覚させられます。子どものころからお金だけが自分を自由にしてくれると錯覚さえうみます。
 「お金さえ出せば何でも買える」のではなく、お金がないと何でも買えない。支えられない暮らしに暗澹たる思いさえします。「支え合い」がそこには生まれにくいです。貧しい人を弱い人と見立てて、もっと奪い取ろうとする人が。貧困や困難につけ込む人が出ます。
 お金以上に、この子どもたちの自尊心をとことんうば尽くしている現実を、どうしようもない現実を私たちは直視しなければいけません。この子たちの、「生きる権利」「学ぶ権利」「育つ権利」は私たちの責任で支えなければ。と思ってしまいます。