CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«不登校の当事者とは誰のことですか? | Main | 私は、子どもに困らされている»
2020年の不登校は19万千人余り [2021年10月16日(Sat)]

 2020年の義務教育年齢の不登校が19万6千人余り、毎年増え続けています。理由は学校基本調査にあるような「無気力や不安」だけではありません。教師からのハラスメント、生徒同士のトラブルやいじめなどが占めています。
学校にある緊張感や評価の視点。知識を覚えるだけの学びの退屈さ。これらを言っても学校が変わる訳ではありません。学校にある教師の不安や多忙化、視野を広げられない超過勤務を言ってもすぐに改善できるわけでもありません。
政府は、学校で学ばない子どもにも学びの機会を保証しようと、「教育機会の確保法」(2016年)という法律をつくり、学校外で学ぶことも全く学ばないよりもましでしょう。という見解を示しました。私はもっと先に進んで欲しいと思っています。自分で学ぶ子どもを応援してください。学校に合わない子どもをもっと暖かく、送り出してくださいということです。
不登校の理由の4割を、学校の先生は無気力や不安だと思っています。そこまでやむを得ない状態にある子どもたちが、いかに復活してゆくのか?学びへの興味を復活さえてゆくのか?この道のりは容易ではありません。だから応援して欲しいのです。
不登校は、自分で考えて生きる第一歩ですから!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント