CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«可能性にフタをしないこと | Main | 思考は、不完全なものを口に出すことで進化する»
子どもは大人のいいなりになってはいけない [2021年08月07日(Sat)]

何かをしたからほめる。
何かをしないから叱る。
この場合の基準は、答えが一つであること。
これが教育だと、思われています。


大人になって出会うことは、正解のない問いです。

誰と学ぶのか?

何を仕事にするのか?どこに住むのか?

誰と暮らすのか?

どんな社会を創りたいのか?

どれも正解のない問いです。間違いもありません。

大人は、子どもにこうしてほしいと思います。

仮に「自分の家の仕事」をしてほしいと思ったとします。

大人の知恵で、上手に誘導もします。そんな時に「認める」ことを使います。

人の言うことを聞くとうまくゆくよと  と言う肯定かもしれません。

私は大人として言いたいのは、あまり「人の言うことを聞くな」と言うことです。

大人の言うことを聞いても、自分は幸せになれません。時代を変えてきたのは、時代に従わない人たちです。

大事なのは自分で考えるという行為です。

間違いがないのなら、自分で答えを出すことが大事です。

考えて、考えて納得してゆく。

大事なのは、自分の納得なのだと考えます。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント