CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«不登校は「宇宙人」か? | Main | フリースクールでは、何を大切にしていますか»
フツーの家族なんてあるんですかねえ [2021年06月23日(Wed)]

不登校はどうすればいいのか?
こんな状態はフツーじゃない。家族も何もできない。
学校にゆかないなんて、誰にも恥ずかしくて言えない。
不登校であった自分は、言われ放題であった。

人間としてダメ出しを受けた私は、40年をすぎてもまだ生きています。
それなりに人さまとお付き合いをさせていただいています。

もちろん、私を嫌いな人もいます。でも、誰でもそんなもんだと思います。
誰からも好かれるわけでもないが、自分の人生を淡々と生きています。

フツーじゃない人生!!と言いますが、単純に反発してみるとふつーの家族や、人生なんてあるのでしょうか?ないんじゃないですか?正確に言えば、フツーを求める人生があるだけではないか?と思うのです。フツーを求めていても、フツーなんてもともとないとしたら、一体どんな理想を求めているのだろうと思います。

認めたくない人生を見ないようにしていることが、フツーであるとすれば、フツーであるということは、自分の心の何かに蓋をするという事なんだと気がつきます。

フツーであるという幻想を受け止めてみる。

なぜか。その人の孤独と向き合うことになる。みんなフツーであることを求めて、自分を殺しているんだろうなあと。

辛いのは、フツーという現像を追い求める人南アということです。

大事なのは、「今日を生きる自分」おそらくここからしか全ては始まらないと気がつくまで、「人々はフツーに憧れ続けると思います。それが、普通というものの怖さなんだと気がつきます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント