CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«雨だったり、晴れだったり、楽しかったり、苦しかったり | Main | フツーの家族なんてあるんですかねえ»
不登校は「宇宙人」か? [2021年06月21日(Mon)]

不登校ってなかなか理解できないよねえ〜。
かつてよく大人たちに言われたことです。特別に何も悪いことをしているとか?
人に迷惑をおかけるわけでもないのですが、理解がされない。

要するに何を考えているかわからない人?社会に貢献しない人??と言われたりもします。

私たちは、目的や意図がわからない人を警戒します。時には「不審者と言います。

その意味で、私は不審者かもしれない。(笑)

お金をたくさん稼ぎたい。

いい車に乗りたい。

家を建てたい。

誰かと比べて、自分が優れていると満足したい。

わかりやすい欲望ですが、不登校の子どもたちは、概ねこのような欲望からは無縁です。

わかりやすい欲望や、願望がない人を理解するのが困難なのは、大人たちが欲望と煩悩にまみれているからだと思っています。大人が不登校の子どもを理解できないのは、「煩悩から解放されているから」ということもできます。

理解不明な不登校子どもたち。

しかし、ただの宇宙人ではありません。


私は、自分の生きかたを素直に見つめたい子どもを、未来への希望だと思っています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント