CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«こだわりは捨てられない、苦しむときもあるけれども、楽しみもある | Main | 正義は勝っても負けても、人の幸せとはあまり関係ないけれど»
「こども時代の幸せな時間」を増やしたい [2021年05月29日(Sat)]

 誰もが選択肢を増やしたいと思います。
スポーツに力を入れている。音楽やダンスに力を入れている学校。たくさんの選択肢があることは、これからを生きる若者たちには、選択肢が多いことが喜びを支えている条件の一つにもなっています。どの選択肢を選んでも失敗なんてありません。
 失敗を怖がる若者は多いです。しかし、それは怖がらされているだけだと。私たちは思います。

どうして・・・・・?

これまでの教育は失敗をしないようなことを強調するために、たくさんの練習と準備をします。
果たして、多くの時間をかけて、準備を重ねることで、人は幸せになれますか?

たしかに、安心や安定。大きな失敗をしなくなるかもしれませんが、いつも満足できない。満足できない自分がいるのではないでしょうか?納得できない、つまらない。

選ばれる学びとは何か?

私たちは、いつも何を大事に学びをつくるべきか?

結論から言えば、こども時代の幸せな時間があまりにも少ないことの問題に気がつきます。

誰もが自分の才能も発揮したいのです。

準備をするよりも、機会と選択肢を増やすことがとても大事だと私たちは考えています。

自分で挑戦する力が大事だと・・。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント