CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「教育機会の確保法案」とJRと私鉄の相互乗り入れ | Main | こだわりは捨てられない、苦しむときもあるけれども、楽しみもある»
子どもを手放したら、親はどうなる [2021年05月13日(Thu)]

 子どもが、ジブンで自由に生きたいと思った時に、親とは全く別の道を歩みます。それが、たまたま学校にゆかないという道だったら、あなたはどうしますか?とても認められないか、子どもであっても、他人なので自分の思い通りにならないと思うのか?
 どこかで子どもの判断に委ねなければなりません。
子どもの人生なので、子どもに返すだけです。しかし、子どものためを思うと、そうはいかないという親も多いです。子どものためを、親が決める。これは、異様にも映ります。

親は子どもを信用していないわけではありません。
でも、自分の判断をこ子どもが受け入れてくれないというジレンマを抱えています。

さて、どうするのか?

正しい答えは、親の中には見えているのではないか?と考えています。

 
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント